FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>
 今日の新聞朝刊では、東電の賠償額に上限を設けないという決定がなされたと書かれています。つまりすべての賠償が終わるまで、払い続けると言うことです。それはそれで当たり前ですが、じゃあその払い続けるお金はどこから生み出されるの?と考えると、これは電気料金以外にありません。

 要するに東電の不始末を、我々東電の電気の供給を受けている人間が払わなくてはいけないというシステムです。もちろん税金にしろ電気料金にしろ、いずれは国民の誰かが払わなくてはいけないものですが、どこかで見も知らない人が交通事故を起こし、その事故の賠償金を当事者は支払い能力がないので、少しずつ分け合って立て替えてください、と言われたような気がします。

 かといって、値上げは認めないということになれば、東電は倒産、国有化?と言うことになるのかなと思いますが、そうなっても電気は必要で、結局国がその賠償を肩代わりしても、それは税金という形になるだけです。

 その意味では値上げもやむを得ないのかなと思いますが、その際の東電側の資産売却やリストラ、年収削減という措置がどのくらい行われるのか、きちんと情報開示されないと納得できません。

 先日役員の報酬一律50%減という案が出ましたが、まだ足りないという意見を持っている人も多いようです。私自身は東電はもとより、原子力安全委員会や保安院さん達の年収にも踏み込むべきだと思っています。

 ちなみにヤフーの最新ニュースを見ると、標準世帯での値上げは月数百円になる可能性があるということです。
関連記事
2011/05/04 10:36 政治 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/313-efd39270
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。