FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
 確定申告の還付金は4月11日付で振り込まれていました。これで苦労が報われました。戻ってきたのは、我が家の一ヶ月分の食費に相当しますので、大きいです。

 節約の話しが途中でしたが、現在24時間風呂の使用を停止し、通常の給湯で風呂を入れています。しかしお湯は3日ぐらいで交換しなくてはならないのが現状です。

 1回の給湯で約200(リットル)が入りますので、月10回入れると2000(リットル)すなわち2(m3)水道使用量が増える計算になります。現状では月平均10(m3)あるので、これが12(m3)あるとすると、水道は二ヶ月毎の徴収なので、20から24(m3)に増えることになります。

 これを最寄りの水道局の料金表で見てみると、二ヶ月で上水道が400円、下水道もやはり400円ぐらい増える事になります。

 一方電気代は300KWでしたが、150wの24時間風呂を停止しましたので、150×24×30=108000(w)=108(kw)ですので、使用量は計算上100(kw)ぐらい減る計算になります。

 現状では300(kw)の使用量で7000円ぐらいです。これがもし200(kw)に減ったとすると、5000円弱になります。これなら水道使用量が増えても大丈夫。むしろ得になるという計算です。

 残りは風呂のガス料金ですが、これまでは追い炊きのみでしたが、今は1回給湯2回追い炊きというパターンで使用量の変化がよく分かりません。ガス料金表が来たら、また報告したいと思います。いずれにしても以上の節電計画が計算通り行われれば、電力の節電率は300から200の33%減になり、東電の原発は我が家では必要ないことになります。
関連記事
2011/04/12 10:49 節約 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/291-cce535b6
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。