FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>
 強烈な地震で再び原発方面で停電が起き、自家発電に切り替えたのに、その発電機が故障、というニュースが出ています。それも福島原発以外の原発です。福島が大変なことは分かりますが、他の発電所はこの一ヶ月間大きな余震が起きることを前提に対策を講じていたのでしょうか?ますます原発への不信感が募りました。

 一方余りにも災害が大きかったため日本全体に自粛ムードが広がり、観光業は大打撃とあります。追い打ちをかけるように、観光に訪れた外国人がどんどん帰国しているようです。新聞では西日本ですら観光業は壊滅状態と書かれています。

 ACだかなんだかの広告が毎日のように「協力が大事だ」とか「節電しよう」「助け合いの精神で」等々、基本的には正しいと思われることを呼びかけていますが、逆に言うと「浪費は悪だ」「レジャーなんてとんでもない」「この時期に浮かれ騒ぐ奴は恥知らずだ」ということを、四六時中宣伝しているような物で、素直な大多数の日本人は「そうか、それじゃ静かに被災地の様子を見守りながら、今後も節約して暮らしていこう」と考えているのだと思います。

 そんな心境になっている国民に、いまさら「過度の自粛は避けるべきだ」といっても通用しないと思います。問題は、それじゃあどうすればよいのかということですが、現状で一番問題なのは見通しが全く見えない事だと思っています。

 今の原発の状況から推定して、最悪いつ頃まで避難生活が続くのか、補償はいつ頃いくらぐらい出るのか、今後の事故の見通しはどうなのか、というような長期的な見通しがまったく示されない以上、避難をしている人たちも、私自身も今後どうなるんだろう?という不安がぬぐえず、いきなり「過度の自粛は避けるべきだ」と言っても、あまり共感出来ません。
関連記事
2011/04/09 10:05 政治 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/288-5acd5674
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。