FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
 原発問題は予想通り長期化の様相を呈してきました。それによって農家や漁業従事者さらには周辺の企業に勤めていたサラリーマンの方達はこれから数ヶ月、場合によっては数年間、被害を受け続けることになります。

 一方原発近県以外の我が家も、突然スーパーから物がなくなったり、ガソリン供給が途絶えたり、放射性物質が水に紛れ込んだため、ミネラルウオーターを購入し、今更ながら災害グッズを買いそろえたりと、それぞれ大なり小なり影響を受けています。

 それらのストレスがたまってくるとやり場のない怒りにとらえられ、場合によっては体調をくずし、さらに医療費がかさむという悪循環になっています。

 結局その怒りの矛先は政府や原子力保安院、東電への批判となるわけですが、批判するのは簡単でも、じゃあ現場に行って作業をしなさいと言われれば尻込みしてしまいます。逆の意味では、今必死にやっている作業を信じ、冷静に見守り、うまくいくことを祈るしかない、という心境になりつつあります。

 そもそも原発を作ることを推進したのは30年以上前の自民党政権で、その国会議員を選んだのは我々国民です。そして原発は安全だと信じて、いくらでも使える電力を湯水のように使ってきたのも我々です。その意味では、今は被害者かもしれませんが、長い目で見れば加害者であったという側面を感じます。

 (ただし原発推進に関わった当事者達が、原発は安全だ言い続け、事が起きると想定外だ、と言い訳するのは情けない話しだと思います)

 

 
関連記事
2011/04/04 08:58 政治 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/283-da39a3eb
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。