FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>
 夏場の電力需給が逼迫するという予想が出ています。我が家もこれまでなるべく節約を心がけてきましたが、それ以上の節約が必要になりそうなので、改めて公共料金の見直しをしてみました。

 ネットで先ず標準家庭の一ヶ月電気使用量を調べてみました。すると一般的には300kwと書かれています。我が家の使用量を調べてみたら、ちょうど平均300kwぐらいでした。しかしこれは節約を意識して、息子と私の2人暮らしであることを考えると多すぎます。

 原因はどこにあるのか考えてみたのですが、どうも24時間風呂が怪しいようです。消費電力が大きいので保温機能は切ってあるのですが、ろ過のために24時間運転しています。

 もともとこの機械は息子が生まれたとき、いつでも風呂に入れられるようにと導入した物ですが、息子は今や高校生で耐用年数はとっくに過ぎていて、機械の方もいろいろ不調が生じています。

 そこでこれを使わずに、給湯する方式にすれば、水道代が増えますが電気代は減ります。一方ガス代は、現状では毎日追い炊きをしているので、給湯でもそれほどアップしないのかなと思えるので、電力が無いと言うことならば、我が家は先ずこれをストップしてみようと思います。

 それにしてもキラキラ輝くガラス窓がいっぱいついた高層ビルの空調はどうするんでしょうかねえ?野球のナイターがやり玉に挙がっていますが、民放各局の視聴率のほとんどない深夜テレビは時間制限するとか、他にもいろいろ工夫次第で節電できそうです。



 
関連記事
2011/03/26 09:38 節約 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/274-a25ee8cc
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。