FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  今回のバンコク・パタヤ旅行は、帰国して今振り返ってみると、いかにも夢の中のような旅行だったなと感じています。別にバラ色の夢でも、ひたすら悲しい夢でもないのですが、なんだか行ってきたという現実感が今回は乏しいです。

 どうしてだろう?といろいろ考えて原因については別のブログにも書きましたが、そういったことを思っている過程で、ふとしたことで高村幸太郎さんの「道程」の中の有名な一節を思い出しました。

 僕の前に道はない
 僕の後ろに道は出来る

という語句ですが、原文を調べてみるとかなり長いみたいですね。上記2行の語句だけを知っています。

 まあ解釈はいろいろあると思うのですが、「ひたすら先の見えない長い道を歩いていくのが人生だ」ということになるのでしょうか。我流の解釈ですから間違っているかもしれません。

 旅行に行っていつも思うのは、旅行も一種の人生の縮図だなという思いです。出発(誕生)から帰国(臨終)までの過程で、日常生活ではなかなか味わえない様々な体験をします。

 その際老後の人生でも感じていることですが、基本は自身の健康維持。街中をあちこち動き回るのには最低限の体力が必要。しかし体力だけでは生きていけない。

 必要なのは食べ物を買ったり宿泊したりする経済力。当然ながらあり余るお金を持って豪華なホテルに宿泊し、美味しいといわれているものをたらふく食べる旅行もあれば、日々何とか出費を減らし旅行を続ける人もいると思います。

 また滞在場所に関する知識も必要。ある程度語学ができればそれだけで豊かな体験ができそう。また滞在場所の地理的背景や暮らしている人々の生活習慣に関する知識も必要。

 これら三つの条件、健康、経済、知識が一つになって旅行が継続できるわけですが、もう一つ大事なことがあります。それは旅行の目的。

 観光、体験、ふれあい何でもいいのですが、ともかく目的が必要。その目的を達成するために三つの条件を駆使するわけです。

 とここまで考えて、なんだ要するにこれは老後の人生の過ごし方じゃないかと気が付きました。結局老後の人生も健康、家計、教養を駆使して、最後に向かって少しずつ近づいていくということなんだなということです。

 ただ通常の旅行と違って人生の終焉はどこが目的地なのか良く分からないというのが問題。明日突然交通事故でとか、大地震が来て生き埋めとか、まあ堅牢な人生を歩んできたと思っていても、足元がいつ崩れるかは不明。

 逆に予想以上に長い道が続いていて、体力や経済力が続かなかったということもあり得そう。

 だからこそ日常生活の中で様な危険を察知しようと努力するわけですが、まあ往々にして、しっかりとしたレールの上を進んでいるなと思えた人生でも番狂わせが起こります。

 というわけで最初の話に戻るわけで、僕の前に道はない、僕の後ろに道ができるという語句は実に意味深だなと感じています。

 
関連記事


 
2019/03/26 16:39 心境の変化 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/2679-dd1fdfc4
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。