FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
 多数の投資家が、それも私のような初心者から、いわゆる投資信託を運用するようなプロまでが投資を行っていると言う事実は、裏を返すと、一つの銘柄に対する見方が多種多様であると言うことを意味しています。

 それこそ単にその会社に関連した企業に勤めているから買った方がよいだろう、みたいな考えから、業績やチャート、会社の内部事情まで分かる範囲すべてを検討し、購入している人もいるということです。

 そのような多数の人たちの思惑が入り乱れて、今目の前の株価の動きを形作っているわけです。しかも同じチャートを見ていても、ある人はこの先上がると判断して買いを入れるし、ある人はこの先下がると判断して持ち株を売ることがあります。

 同じ業績の変化を見ていても、ある人はこの先も上昇基調だろうと判断し、ある人はそろそろ業績も頭打ちだろうと判断します。

 結局何か一つの指標を見ても、必ず相反する二つの見方があり、さらにその指標すら、ある人はチャート、ある人は業績、ある人はROE、ある人は会社を構成する人の数、ある人は有利子負債、ある人はバックアップしている銀行などなど様々な指標があります。

 そこまで気がついてしまうと、いったい何を基準にして投資をすればいいのかという投資の原点に戻ってまたまた迷うことになりますが、結果的には、自分だけの投資方針(指標)を研究しなければいけないということになるようです。
関連記事
2011/02/03 09:07 資金運用 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://retire-life.com/tb.php/222-26f43d75
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。