FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7位
アクセスランキングを見る>>
 良い天気の中、午前中は仕事。先ほど帰宅。すでに衆議院は解散。例によって「ばんざい」が行われたようですが、一体何が目出度くて万歳なのか、理解に苦しみます。

 「万歳」というのは喜びや祝いを表すようですが、衆議院が解散することがそれほどうれしいのか、それとも衆議院を解散したことへのお祝いなのか?

 議員さんたちが万歳をしているとき、巷では何とか少しでも収入を増やそうと努力している方が大勢いることを考えると、能天気に万歳なんかしている場合ではないだろうと感じる人多いのではないでしょうか。

 そもそも衆議院の定数問題は先送り、議員の不祥事はウヤムヤのままですから、こういった自分たちがやってこなかったことを誤魔化すための解散で、消費増税先送りというのは単なる後付理由であるとしか思えません。

 もし消費増税先送りで信を問うということならば、様々なメディアで指摘されているように、集団自衛権の問題こそ信を問うべき問題であり、その時解散すべきでした。

 それを今頃になって突然解散するということは、くさいものに蓋をする、そして今解散すれば、来年やるよりは議席を減らす確率が少ないという予想があるのだと思います。

 しかし突然の解散によって、それこそ数ヶ月、1年前から予定してきた様々な行事が一方的に変更されることになりました。さらに、口では予算がないと言いながら、多額の金を選挙に使うわけですから、結局自分勝手だなという印象しかもてません。

 一方、この時期になって「みんなの党」は解党だそうです。もともと渡辺よしみ議員さんが中心になっていた党ですから、他の方が代表になってもうまくいかないのだと思います。

 それはそれでやむを得ないと思いますが、解党後の議員さんの動きが情けない。当選出来そうな党に、すぐにフラフラと擦り寄って行くというのは、一体何のために党に所属していたのか、どんな政治方針を持っていたのか、はなはだ疑問です。要するに議員の椅子が欲しい、というだけのように見えます。

 民法で離婚するとしばらくの間は女性は再婚できないという規定があったと思いますが、党所属議員も、解党した場合は、少なくとも半年ぐらいは無所属になるのが当たり前のような気がします。

 なんだか万歳したり、右往左往する議員さんの姿を見ていると、やっぱりそこらへんのおじさんおばさんが日本の政治を担っている振りをしているんだなという気持ちが強くなり、「これじゃあやっぱり日本は・・・・」と暗澹たる気持ちになります。

 ただしそれでも「日本を何とかしよう」という、高潔な意思を持っている方はいると思いますので、なんとかそういう方を探し出して投票には行くつもりです。

関連記事
2014/11/21 14:51 政治 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。