FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>
 円安進行中で113円台。今は持ち株が株が上がって喜んでいる人も多いと思います。数字の上では金曜と今日で5%ぐらい上昇した雰囲気でしょうか。

 私も所有していたわずかばかりの株が上昇しました。しかしあくまで余裕資金の範囲内と決めていますから、その増加分はわずかなものです。

 それでも減るよりは増えたほうが良いに決まっていますから、一応喜んではいますが、株というのはいつまでも一方的に上がることはないです。つまりどこかで限界が来る。

 そのときが分かれば言うことないですが、予想することは不可能。その意味では利益が出たと言っても、あくまで数字上のことです。

 一方、株価上昇で浮かれているうちに、日銀が目指しているような物価上昇がじわじわと押し寄せ、さらに消費増税も決まってしまうように思われます。

 ということは日々の生活を少しでも豊かにして、ゆとりある生活に変えるためには、基本的にさらに収入を増やすか不用品の支出を減らす(なくす)ことしか出来ません。

 しかし増やす方はそう簡単にいきません。仕事以外には副収入や投資ということが考えられますが、副収入は努力の割りには報われず、投資は失敗すると被害がさらに大きくなります。

 従って次に出来ることは節約しかありません。そこでちょっと思いついたので、ネットで「日々の無駄な出費の具体例」というのを調べてみました。結果は以下の通り。順番は適当で、元の文章を私なりに解釈して変更しました。

・ 思いつきや衝動、さらには惰性で買ってしまうもの
・ コンビニ等のATMを利用して引かれる手数料
・ テレビや雑誌で紹介された外食
・ ちょっとした買い物に使ってしまう車
・ 本来は必要のない酒、タバコ等の嗜好品(耳が痛いです)
・ 激安、今しか、残りわずか、という言葉に釣られて購入するもの
・ 無料の言葉に釣られて、その周辺グッズを購入
・ ほとんど真剣に考えたことのない車や生命保険料
・ 水を飲めば済むのに買ってしまうペットボトルや缶飲料
・ 図書館で読めば事足りる書籍、雑誌の購入
・ パソコンを買って、活用せず飾っておくだけ
・ 勉強と称して本を買い、飾っておく
・ きっと次は儲かるだろうと思っておこなうギャンブル
・ 医者に行けば同等のものが手にはいるのに、健康食品を購入

というわけで数え上げればキリがなく、私自身も耳が痛い内容もありますが、結局無駄を省くということは、お金を出すときは、どんなに小額であっても、常に毎回その理由をきちんと考える癖をつけないといけない、ということのようです。

 
 
 
関連記事
2014/11/04 14:37 節約 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。