FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
 おはようございます。成田のラウンジからです。昨日は成田の東武ホテルに宿泊。お金はかかりますが、自宅を早朝5時半に出発するより体力的にかなり楽です。

 ホテルには航空会社のクルーが多数宿泊していました。空港に近いという条件が大きいのだと思います。一方宿泊客は日本人4割ぐらい、アジア系5割ぐらい、欧米系1割ぐらいでしょうか。

 相変わらず中国系と思われる方達の大声での会話や、チェックアウトでの列の割り込みが目立ち、ホテルの従業員さんもかなり気を使っているようでした。

 今はチャイナエアラインのラウンジで朝日新聞の朝刊を読みながらこれを書いているのですが、第一面に医療、介護についての2025年問題の記事が出ていて、これを読むと楽しい旅行気分が萎えます。

 今から11年後ですから、私は生きていれば72歳。健康寿命の限界になっているわけで、当然介護の事を考慮せざるを得ません。

 新聞の内容を詳しく読んでいないので内容の詳細は不明ですが、負担が増える割には、実際の保障面が削られると言うことだけは想像が付きます。

 具体的には年金の年収が280万以上あるとか、預貯金が1000万以上あると何らかの負担増になると言うことのようですが、年金はともかく、預貯金が1000万以上ある人はかなりいるのではないかと思えます。

 また今後の方針として、老人が増えるのにベッド数が足りないので、病院での治療ではなく、家庭での治療に移行するみたいなことも書かれていましたが、今でも一人で生活している老人が増えているのに、なんだか矛盾しているなとは感じました。

 逆に言うとそれだけ国の方はせっぱ詰まっているのかなという気もします。

 しかしこういった雰囲気が徐々に強まってくると、「どうせ国は何もしてくれないんだ、もういいや」と、生きることに投げやりになる老人が増えそうな気がします。

 さてどうするか?金と健康面の両方を各自が責任を持って考えないといけない時代になったという事だと思いますが、大多数の人は、「今更そんなこと言われたってなあ」と悩むだけのような気もします。
 
関連記事
2014/06/19 08:34 老後 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。