FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>
 ふと思い立って富山市に来ています。午前中は非常勤講師の仕事。授業終了後そのまま富山県まで関越道、上信越道、北陸道を乗り継いで、約350kmをマイカーで走ってきました。

 宿泊場所は昨日一気に楽天トラベルで予約。初日の今日は富山市。明日と明後日は金沢。さらに上越市に宿泊するという4泊5日の北陸紀行です。

 明日の予定は一気に福井県の東尋坊に行くつもりです。なぜかここのところ心のざわめきがおさまらず、あの断崖絶壁を見たくなりました。

 また普段質素?な食事をしていますので、たまには居酒屋で美味しい和食を食べようという気持ちもあります。この気持ちはどうやら周期的に襲ってくるようで、1回旅行に行くと収まりますが二ヶ月後ぐらいには、また再燃。
 
 単調な日常生活から少しでも逃れたい、という希望が強くなります。飽きっぽい性格なのか、次から次へと刺激がないと生活に張りを感じなくなるような気もします。

 というわけで、12時半に埼玉を出発。途中サービスエリアで休みながら4時半には富山到着。ビジネスホテルにチェックインし、先ほどネットで調べた和食の美味しそうな店で食べて帰ってきましたが、「やはりうまい!」

 富山はもともと水が美味しい場所です。その上に各種の新鮮な海産物が手にはいる環境が整っていますから、魚が美味しいのは当たり前かもしれません。

 今日はカンパチのあら煮とオコゼの唐揚げを食べて大満足。後はもう寝るだけですが、余力でこのブログを書いています。

 ちなみに7時頃いくつかのお店を外から眺めてきましたが、富山の居酒屋は繁盛してますね。埼玉の片田舎とは比べものにならないぐらいお客さんが多いです。

 都会だから当たり前だと思えますが、やはり料理のおいしさの影響もあると思います。また人も親切です。私自身祖父祖母が石川県にいたので、夏はよく帰省し、田舎の人の人情みたいなものも理解しているつもりです。

 北陸の場合は、あまり表に出さないさりげない人情という感じがしますが、そういった気遣いが嬉しく感じられます。どうやら私の気質もそういった感覚に根ざしているような気もします。

 というわけで明日は「東尋坊」。何か感じるものがあると良いのですが・・・。 じっくり周辺を歩いてこようと思っています。

 
関連記事
2014/05/28 21:13 旅行 TB(-) CM(2)
コメント
素敵な旅になりますように!
 おはようございます。美味しいお酒と食事・・・ いいですねぇ~。お元気そうで何よりです。  金沢・新潟は出かけたことがありますが、東尋坊は、サスペンスドラマで見るだけです(笑)
かなり昔の話しですが、俳優の真田広之が映画のシーンでスタントなしで東尋坊の岩場から飛び込んだ場所だとということで、1度は行ってみたいと思っています・・・
。  退職からもうすぐ2ヶ月が終了。体力・気力等の減退からでしたので、今は本当に毎日のびのびです。
先日おっしゃっていたように、パソコン業務には同感です。パソコンで処理しても紙ベースで保管など、仕事は増える一方でした。苦手な人(私もそうですが)は、わからない時に他の先生に助けてもらう、もちろん皆さん嫌な顔はしませんが、申し訳ないやら肩身が狭いやら。生徒と接する時間ばかり減っていく・・・。
その上、何かあると事故、事故、事故防止!
 いゃあ~、せっかくの素敵な旅の途中に愚痴ばかりで失礼いたしました。どうぞ良いご旅行となりますように。また、旅のブログを楽しみにさせていただきたいと思います。
2014/05/30 08:16 zuri URL [ 編集 ]
Re: 素敵な旅になりますように!
 おはようございます。昨日帰って来ました。北陸は海産物がおいしいですね。普通の人は北海道を思い浮かべる人が多いと思いますが、北陸は魚の種類も豊富で、和食好きには穴場だと思います。

 東尋坊は上から覗くと吸い込まれそうになる崖もあって、岩の端っこに近づくだけで、体のバランスが崩れるような気になります。

 パソコンは、私の場合理系だったのが幸いしたようで、基礎的な知識はなんとかありますが、高度なマクロとかはまったく分かりません。

 毎日毎日パソコンで書類作りをしていると、いったい誰のための仕事なんだと自問自答してしまいます。

 退職後のストレスからの開放感はなかなか文章に出来ません。頭の上の重石が取れたような感じで、血圧もすぐに下がり始めました。先日の新聞にも教職員の疲労度は通常のサラリーマンの2倍とかかれていましたが納得できます。

 退職後の優雅な生活を満喫されてください。しばらくすると次のステップに踏み出したいと思うようになると思います。

2014/06/02 08:41 maitai60 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。