FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7位
アクセスランキングを見る>>
  昨日からの続きです。もし将来が10年ぐらいしか確定できないなら、私の場合、その間の次の節目は65歳だと思っています。つまり老齢年金の受給が始まる時期です。

 ただし、息子が来年大学3年に進級すると、キャンパスが現在より若干遠くなるので、場合によってはアパート暮らしと言い出すかも知れません。

 そうなると、現在の我が家の収入では仕送りが充分に行えないと思うので、場合によっては損を覚悟で、老齢年金の繰上げ受給も視野に入れています。

 それはそれとして、では65歳時点で資産がどのくらい残っていればお気楽な生活が継続できるのか?何回も何回も考えていることですが、徐々にその時期が近づいてきて、現在の生活実態からその先の予想も徐々に確定度が高くなってきたように思います。

 私のこれまでの経験では、これも何回か書いていますが生活費だけなら一ヶ月10万弱。年間で100万強。これに保険や税金、車の維持費等を加算して130万。ただし旅行好きの私は、足腰が弱っていない限り、健康寿命の70歳ぐらいまでは海外旅行に行こうと思うので、その費用が年間100万。

 合計230万。余裕を見て一ヶ月20万として年間240万です。もしこの数字が厳しいようなら、必然的に旅行を削ることになります。

 夫婦の場合はどうなのか?レジャー費や交際費等を除いた生活費だけなら節約して15万ぐらいでしょうか。年間で180万。これに上記と同じ税金等を50万として加えると、230万。さらに趣味やレジャー費、交際費を50万とすると280万。

 実際過去の高齢者の生活費の統計を見てみると、単身世帯の生活費は一ヶ月15~16万。夫婦の場合は25万となっています。

 そうすると問題は、この支出に見合う収入が確保できるかどうかと言うことです。私の場合、65歳時点での年金の収入は200万弱と予想していますので、40万の赤字です。

 もしこれが65歳から75歳まで続けば400万の赤字。逆に言えば65歳時点で、病気等の問題を一切考慮しなければ、500万程度資産が残っていれば、まあなんとかお気楽に生活できると言うことになります。

 また何らかの副収入が月5万程度あれば、赤字は解消。それこそ悠々自適の生活が送れることになりますので、その方法があるかどうかを考えておかないといけません。

 現状ではネットからの副収入が、その程度確保できていますが、これがいつまでも続くとは思えませんので、ちょっと悩んでいます。

 一方ご夫婦の場合の年金収入は、20万前後かなと思われますので、これもまた単純計算で年間40万程度の赤字になりそうです。つまり状況は一人暮らしの場合とよく似ています。

 ただご夫婦の場合は、互いに助け合うことが出来るので、ある意味病気等のリスクが減るような気もします。とはいうものの、やはり一ヶ月5万程度の副収入を確保するか、65歳時点で500万以上の資産が残っていないと、生活に不安を感じるだろうなと思われます。

関連記事
2014/04/29 10:05 老後 TB(-) CM(4)
コメント
こころはハワイ
こんにちは。

hokuさんのブログはぶっちゃけた金額が出ているので大変参考になります。
わたしは54歳、いまのところ60歳までは正社員で働くつもりでいますが、
それ以降はバイトなどで65歳の年金受給を待つつもりです。
体力はともかく気力が続かないと思うので、60歳以降の正社員は難しいと考えています。
なので、60-65歳の支出に大変興味をもっています。

いまはお盆時期にしか行けないハワイも、正社員をやめれば格安の時期に長期滞在ができるかな、と目論んでいます。

hokuさんのハワイ長期滞在の情報をいつも参考にさせてもらっています。
2014/04/29 11:08 TARO URL [ 編集 ]
年金が今後どうなるかがポイントですね。
私は計算値より1割減は覚悟しています。
現在53歳。

3割減ると生活の見直しが必要です。
2014/04/29 12:39 なすび URL [ 編集 ]
Re: こころはハワイ
TAROさん、おはようございます。コメントありがとうございます。

 54歳はいろいろと先のことを考えなくてはいけない時期だと思います。体調も年々変化していきます。
気力が続かないと言う感覚は良く分かります。しかし年金財政が苦しいとはいえ、まったく収入がなくなる
時期があると言うのは厳しい。その厳しさを政治家は自分では実感することなく、法律を決めているなと言う
感覚を持っています。

 お盆時期のハワイは大変ですね。我が家が比較的長期のハワイを実現できたのは、やはり7月ぐらいから
行けたという時期的な強みがあったと思います。しかし、私もハワイ一ヶ月滞在を目標としていますが、
なかなか実現できません。

 65歳になればとは思っていますが、体力は落ちていると思うので、今の感覚と同じようにハワイを
楽しむことが出来るかどうか不安なところもあります。その意味では行ける時があったら、スパッと
決断して行かなくてはいけないなと思っています。
2014/04/30 08:51 maitai60 URL [ 編集 ]
Re: タイトルなし
なすびさん、おはようございます。コメントありがとうございます。

 年金は、良心的に極端に減額されないだろうとは思っていますが、原資が乏しいと言うのは分かって
いますから、今後もことあるたびに受給年齢の繰り下げや額の引き下げが検討されるのかなと思って
います。

 確かに3割減ったら、私は国内旅行しかいけなくなりそうです。しかしそうなると、生活そのものが破綻する
過程も激増して、いくらなんでもそこまで減らされることは無いだろうとは思っています。

 しかしよく考えると、毎年1%ずつ減らされたら10年で99%の十乗になり、今より1割以上減ることに
なって、若ければ若いほど損をする?という感覚になりそうです。

 自分の息子のことが私は心配です。
2014/04/30 08:56 maitai60 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。