FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
 朝6時に起きたら外はまだ真っ暗。昼の時間が最も短い12月になりました。寒いなあと思いつつ、ゴソゴソ起きだして、リビングのファンヒーターを点火。設定温度は17度。省エネ節約モードです。ただし同時にエアコンを20分ほど使用。これで風を送り、ファンヒーターの熱を部屋全体に拡げています。

 朝食の用意をしながら、テレビをつけて、新聞を取ってきます。玄関のドアを開けてその日の気温を確認。今日は寒かったです。サラリーマンの方は大変だろうなと思いつつ、すぐに顔を引っ込めて朝食。

 先日勤めている学校の修学旅行の関係で授業変更があり、久しぶりに1時間目に授業を行うことになり、7時45分に自宅を出発。寒いので走り始めは車の機嫌も悪いです。

 それでも駅まで歩く必要がなく、勤務先まで約40分のドライブで座って行けるというのはありがたい事です。道は田舎道なので、信号もほとんどなし。日中走るとほとんど渋滞無し。

 しかしさすがに8時前後は車が多く、交差点ごとに停車。以前はこんな通勤渋滞を経験しながら通っていたんだなと、ちょっとノスタルジックな思いにかられました。

 というわけで12月が無事始まり、後数か月で61歳になるところまで来ました。昨日は恒例?の家計簿の11月決算。今月も食費の節約はうまくいき、私の昼食代(外食を含む)やアルコール代を含めて4.8万。

 衣料品は、息子の冬用のコート代が8000円。これが大きかったのですが、さらに11月末に海外旅行用の中型のスーツケースを3.2万で購入。これが出費としては大きいです。

 その他の金額は大きな変動もなく、もしコートやスーツケースの購入がなければ、一ヶ月の生活費の出費は9.5万ぐらいでした。早期退職後の家計費では、一番少なかったと思います。

 理由ですが、意識的に外食を減らしている事が大きいかもしれません。年当初に較べると半額以下の0.4万程度になっています。

 交通費は新しい車になり、燃費が2割ほど向上。以前はガソリン代が月1.5万円ほどかかっていましたが、それが1.2万程度に減少。11月は前半が暖かかったので光熱費も0.3万ほど減少。

 というわけで、あちらを少し、こちらをちょっと、といった具合に全体の家計を少しずつ見直すことによって、本当にわずかずつですが、節約できているように思います。

 節約というと、一般的には先ず食費、次が公共料金という発想になると思いますが、実は日用品の節約も大きいです。トイレットペーパーを大事に使うとか、クッキングペーパーを半分ずつ使うとか、ゴミ袋はなるべくたくさん詰め込むとか、文房具の類は家の中に散らばっているものを集め、なくなるまで使うとか、まあ考えれば細々としたことはいくらでも出てきます。

 これからは本格的な冬が来るので、暖房費の節約が大きな課題になりますが、昨年から冬場だけは、窓の一部に梱包用のプチプチを貼ったりして、保温効果を高めるようにしています。

 もし恒常的に月1万円を節約できれば、年間で12万。60歳から80歳まで20年間これを続けることが出来れば、80歳時点で240万資産が増えていることになります。

 もちろんその分海外旅行に行っても良いし、息子に残しても良いわけで、長い目で見ることの重要性を今頃になって噛みしめています。

関連記事
2013/12/02 09:09 節約 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。