FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
42位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
 ハワイ関連のブログでも書いた話題ですが、最近海外に行く頻度が少しずつ増えているので、そろそろいつも使っているボロボロの中型ソフトスーツケースを買い換えようかと、土日にあちこちふらふら見てきました。

 今使っているのは、真っ黒のソフト型で容量がたぶん30~35Lぐらい。ソフトなので、外側に小さなポケットがいっぱいついていて、これは便利。

 ただし鍵等は最初からついていません。海外に行くときは、セキュリティ上無理矢理こじ開けられる場合もあると言うことを聞いているので、貴重品は入れずにすべて手持ち。

 衣類と洗面用具。ガイドブックやその他パソコン等の電源ケーブルなどを入れています。実際問題開けられているのかどうかは分かりませんが、開けられたかも、という疑念を感じたことは何回かあります

 セキュリティ上の問題ならやむを得ない場合もありますが、空港職員が金目のものを探すという目的で開けることも確率的にあり得るとは思っています。

 それはそれとして、見るからにボロボロの黒いバッグで、実は内部の補強プラスチックも破損。(たぶん重ねられたため)気がついたのが家に帰ってからですから、まあ10年以上使っているんだからしょうがないだろうと思い、そのまま今年の数回のバンコク旅行で使っています。

 しかしチェックインのカウンターでこのスーツケースを職員さんに渡すのに、さすがにちょっと恥ずかしさを感じるようになりました。

 到着空港でスーツケースが出てくるのを待っているときも、私のようなボロボロのケースを使っている人は皆無。かなり目立ちます。

 というわけでそろそろ買い換えても良いのではと考えました。出かける前にあらかじめネットで調べてみると、値段はピンからキリまで。安いものはおもちゃのバッグだ、と言いきっているサイトもありました。

 しかし実際出かけていって実物を見ても、素人には外観だけではなかなか良いものと悪いものの区別がつきません。一方値段の幅は同じ大きさのもので数千円から10万円近いものまでありますから悩みます。

 安いのは耐久性がない、というのが一般的な評価ですが、物持ちの良い我が家は、前記のボロボロのケースも、ハワイに行くために持っている少し大きめのスーツケースも、いずれも1万円以下のもので、すでに10年以上使っています。

 確かに内部のプラスチックが破損したり、大きめのものは鍵が壊れたりしていますが、ものを運搬するという機能は維持していますので、使用不能というわけではありません。

 係のお兄ちゃんからは、「高いものは耐久性があるから一生使える」と言われましたが、すでに安いものを10年以上使っている我が家にはあまり説得力は感じられませんでした。

 ただネットには、使用してすぐにキャスターが破損したというような致命的な苦情、悲鳴?も書かれていましたので、これも確率の問題だなと思えます。

 高いものを選んで一生使うか、安いものを買い換えて使っていくか、どちらの選択肢もありですね。これは耐久消費材を購入するとき常につきまとう悩みです。個人的には安いものを丁寧に使い長持ちさせる、と言うのがポリシーです。
関連記事
2013/11/25 09:34 節約 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。