FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7位
アクセスランキングを見る>>
  今日は10月1日。新聞でもテレビでも朝から値上げの話題が出ています。年金は1%減額。3年後には2.5%だそうですから、20万円ほどもらっている人は3年後には今より5000円減ると言うことでしょうか。

 一方最低賃金は若干引き上げ。全国平均で764円になるそうですが、引き上げ幅は15円。しかし率にすると2%。大きな上昇とも言えそうですが、これで毎日8時間。25日働いて152800円。年間で183万ぐらい。生活は苦しいだろうなと思います。

 一方すでに書いていますが、値上がりは牛乳、酒、輸入小麦、自動車の任意保険料、紙類だそうで、いずれも上昇率は数%。そして来年春に消費増税。

 先日の新聞では2012年の民間企業の平均給与は4676000円で1万円減だそうです。一方非正規雇用の平均給与は168万と書かれていますから、派遣という職種がいかに収入の面で不利かと言うことが良く分かります。(上記の最低賃金より少ないことに違和感がありますが、パートも含まれている影響かと思います)

 というわけで、だからどうだという結論はないのですが、現実に収入は減り負担は増えると言うことが見えているわけですから、それをなんとかしないといけないことは明白です。

 ちょうど10月に切り替わったので、9月の家計簿の集計を午前中に終え、それを少し参考にしながら、何を削るべきかを考えてみたいと思います。

 先ず外食や酒類も含めた食費(抜けているのは息子の昼食代ぐらい)が49700円。内訳ですが外食が9000円で今月は多いです。詳細を見たら、居酒屋さんに1回行って3000円散財しています。これが原因。しかし一ヶ月に1回だけだしなあという内なる声も聞こえます。

 酒類は5000円。焼酎1.8Lを2本で2600円ぐらい。あとはサッポロの麦とホップ350×6を4回購入して2400円という状況。居酒屋に行かない分、これもしょうがないよなあ、とまたしても内なる声。

 衣料品が11300円。私は何も買っていません。息子が塾のアルバイトをしたいと言い出し、職場ではスーツが必要とのことで、出世払いで購入。まあこれもしょうがない。しかし本来は必要ない金額です。

 雑貨類というか雑費が6700円。内訳は床屋さん(安いところでカットのみ1400円)、秋の家庭菜園向けの苗の購入2000円、映画を1回(シニア割引きで1000円)その他という感じです。

 あえて言えば節約対象は映画ぐらいでしょうか。それ以外は必要な物で、特に苗は成長すれば野菜購入費の節約につながりますので絶対必要です。

 交通費が15600円。主としてガソリン代。通勤以外に大磯まで1回だけ釣りに行っています。往復200kmで燃費が15km/L。従ってガソリン代が2000円。高速代が3000円ぐらい。これが大きかったように思います。もし行かなければ5000円ぐらい節約です。

 今月は光熱費が激減。電気ガス水道トータルで9600円。年間の月別平均額は15000円ぐらいです。通信費が18000円。大きいですね。しかし減らしようがないです。固定電話なんかいらないのではと思うこともありますが、まだ決断できません。医療費4000円。これも減らせません。

 合計約115000円。節約対象になった項目をすべて削れば10万円を切るかもしれませんが、それだと単に生活しているだけで、楽しみは全くない、と言うことになりそうです。

 しかし削れる部分が10000円前後あるということですから、年金減額2.5%には、節約でまだ何とか耐えられるということになります。ただしこの計算には諸物価高騰の影響が含まれていません。今後はこれが問題になりそうです。

関連記事
2013/10/01 10:20 将来設計 TB(-) CM(2)
コメント
見習っていこうと思っています
最近、このサイトに行き当たりました。
以来毎日拝見しています。
私も年金生活について書き始めました。
そこにはマイタイ様も登場しております。
そして立派な家計運営に感心してマイタイ様を見習って
私も9月決算を公開しました。
夫はこの位バチは当たらないが口癖で、
私の節約を「どこかで大きくどうせ使うくせに」と笑っております。
当たってはおりますが。
夫にマイタイ様の爪の垢を飲ませたいところです。
今後も我が家の見本にさせて頂きたいと思います。
2013/10/02 14:11 igrek URL [ 編集 ]
とんでもないです
 igrekさん、初めまして。コメントありがとうございます。

 ブログの方も拝見させていただきました。科目履修素晴らしいです。私も母校でもう一度勉強をと
考えたこともありますが、今の所挫折。「そのお金があったら旅行に行くんだ!」と自分に宣言しています。
せめて社会人講座はどうだろうかと時々近隣の大学の公開授業情報を探したりしていますが、なかなか
内容と日程が合いません。

 家計簿はつければつけるほど実体がよく分かり、修正する部分が少しずつ見えてきます。私の場合は
生活費と旅行費(レジャー費)を別立てで計算していますので、見かけ上一ヶ月の消費額は少ないですが
旅費も含めると結構な支出になってしまいます。

 しかしお金の使い方にはメリハリが必要だと思っていて、好きなこと、やりたいことはある程度自由に
その分日常の暮らしを質素に、というように考えています。結局チビチビ貯めてどかんと使うと言うことに
なるのですが、体が元気なときにやりたいことをやるのが一番だと今は思っています。

 今後ともよろしくお願いいたします。

2013/10/03 08:35 maitai60 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。