FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>
 ちょっと副収入の話題から逸れます。

 東京電力福島第一原発の汚染水問題は、いよいよにっちもさっちもいかない状態になってきたみたいです。事故から2年半近く経った今頃になって、地下水が流入している、事故当時の汚染水が構内に残っている、汚染水が海に流れ出している等々、なんだか初めから分かっていそうなことが、あらためて分かったという形で報道されています。

 しかし東電さんのこれまでの事故に関する報告内容を聞いていると、分かっていたけど確証がなかったので発表しなかったとか、つい後手に回ってしまったとか、本来なら発表すべきだった、みたいな報告が多く、今回の汚染水問題も「今に始まったことではないだろう」と思わざるを得ません。

 その意味では、参議院選挙後にこういった新たな事実(かどうか分かりませんが)が発表されたことに強い違和感を覚えます。この間の動きを見ていると、こういった汚染水問題が明らかになる前に、柏崎原発の再稼働を申請してしまおうという意図も透けて見えます。

 もちろん現場で働く方々は、日々必死の思いで汚染水問題や事故処理に取り組んでいるのだと思いますが、政府や企業トップの方に、再稼働を急がねばという気持ちがあり、事故処理が後手後手に回っているのではないかとも思えます。

 この事態に、ようやく東電に任していても駄目だということを国側が認め、国の主導で今後は対策が練られるようですが、果たして何が出来るのか?そしてその対策費用は国費を使うんだ、と今日の朝刊に出ています。

 「電気料金ではなくて、国費ならいいか」と考える人もいるかもしれませんが、国費と言ってももとは税金です。要するに東京電力利用者が電気料金として負担するのではなく、日本国民全体で事故処理費用を負担すると言うことだと思います。

 しかもそれだけのお金を使って流出が止まるのか、と考えると、素人が考えても、これは難しそうだと思わざるを得ません。

 そもそも水ガラスで流出をとめるという発想自体が不思議です。(それしか方法がなかったということのなのかもしれませんが)放射性物質が混じっている汚染水の巨大なプールに、山からどんどん地下水が流れ込んでくるわけですから、プールの出口に水ガラスの壁を作っても、やがてはプールのヘリから汚染水が流れ出るのは、小学生でも分かりそうなことです。

 つまり水の流入を止めずに、流出だけを止めたわけですから、やがてあふれ出るのは時間の問題だという事です。

 というわけで、政府の方針は凍土遮水壁を作って、地下水の流入そのものをなくそう、ということのようです。これなら流入そのものが、なくなるか減ると思いますので、同時にたまっている汚染水を汲み上げれば、海への流出は減ることになります。

 しかしこれもうまく行けばと言う仮定であり、そうでない場合は1日300トンずつ海に汚染水が流れ出続けるということですから、そのままなら近辺の漁業は壊滅、と言うことになりかねず、さらにその範囲は拡大を続けるはずです。

 そうなると漁業だけでなく、海水浴や観光業、宿泊関係が衰退していき、この地域全体の経済活動が衰退していくということになります。場合によっては近隣諸国からの苦情もあり得ます。

 そんな事態を避けるためにも、なんとか地下水の流れを止めるか向きを変えるしかありません。凍土遮水壁がなんとかうまくいくことを願って、しばらくこの動きを注視しようと思っています。
関連記事
2013/08/08 09:10 政治 TB(-) CM(2)
コメント
大本営発表です。
 原発事故に関しては、前政権と現政権とも真実を国民に知らすことはありません。 我々国民は、外国のメディアを通してしか知る由も無いのが現実です。 政府の発表は、「大本営発表」で信頼が出来無いのです。
 そもそも、事故当初から、諸外国の対応と日本政府の対応が違い過ぎました。 日本政府は、出来るだけ事故を過小評価しようとしていました。 同盟国である筈の米国へも事実を知らさず、仕方無く、米国は無人機での現地偵察をする程でした。 米軍の核専門部隊派遣についても、当初は、拒否していた程です。 勿論、援助は断っていました。 現実は、政府の発表より深刻なのは当然です。
 更に深刻なのは、政府は、原発事故被害の全国拡散を企図しているとの観察もあり、日本と日本国の存立が危ぶまれるのです。 原子力村と政治の一体化は容易ならない事態を招きそうです。
http://www.youtube.com/watch?v=y7nKQGtNYf4
ドイツIPPNW医師が警告「首都圏は放射能汚染している」 You-Tube
http://www.youtube.com/watch?v=iwQoXQm_HA4
「犠牲になるのは未来の世代」国際医師団が勧告 You-Tube
http://www.youtube.com/watch?v=4boD0Lcv_Hs
福島原発を密閉しないと、東日本は放射能で使い物にならなくなる  You-Tube
http://www.youtube.com/watch?v=R0Ry7kok1bg
「震災がれき広域処理は西日本の発ガン率を上げるため」 You-Tube
2013/08/08 23:20 とら猫イーチ URL [ 編集 ]
Re: 大本営発表です。
 確かに東日本大震災発生直後からの日本政府の対応は、常にというかわざと後手後手に回って
いるように思えます。

 何故そんな危険な代物を、地震大国の日本に多数建設したのか?問題はそこから始まっていると
思いますが、まあともかく立地に伴って税金を良いように使われ、それで大きな利益を上げた
政財界の方々がいたのだろうなと思います。

 それらの方々にとっては、自分の会社や地盤が問題なのであって、原発がなくなることは絶対に
避けなくてはいけないことなんだろうなと想像できます。だからこそこれだけの事故が起きていても
まったく知らんぷりで再稼働申請をするという、庶民には到底信じられない行為を平気で行うのだと
思います。

 しかしそういった政治家を選び、そう言った企業に就職している人もいるわけですから、問題は
複雑ですね。

 それにしても放射能汚染は拡散する一方です。いったいどれほどの放射性物質がいまなお福島原発の
奥深くで眠っているのか?それらがすべて拡散するまで影響は残ると考えると、福島だけでなく東日本や
日本全体に影響が出るのは間違いないような気がします。
 
2013/08/09 07:41 maitai60 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。