FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
 先日このブログでまとめた内容をもとに、新たに早期退職者を希望している方に向けて、私の体験談を交えたホームページを作っているとお知らせしましたが、そこで早期退職後25年間で、生活するお金以外にいったいいくらぐらい必要かということを、ようやくまとめ終えました。

 「早期退職者の生活設計」というサイトですが、その結果を見て、私自身もちょっと不安になりました。結論から言えば、早期退職後25年間生活を続けたとして、いわゆる日常の消費支出以外の税金や保険、さらに車の買い換えや維持費教育費、今後予想される医療費、そして遊興費と考えてすべて加算していくと、ほとんど何もしない状態でも1000万、様々なことを経験すると最大で7000万ぐらい必要であると言うことが分かりました。

 実際にはこれに年間の消費支出(単に生活するだけ)が150~200万かかりますから、25年なら3750万から5000万。ということは、退職後25年で生涯を閉じると考えた場合、最低でも4750万、すべてに満足できるような豊かな生活の場合1億2000万必要であるという結果です。

 もちろん、この最高額は車を買い換え、介護施設も利用し、遊興費も十分確保するという、ちょっと矛盾した過程に基づいていますから、実際の平均必要額は7000~8000万程度かなと思われます。

 そこで次にこれだけの収入が退職後得られるかどうかということが問題になります。退職時に8000万の貯金があれば、それをすべて消費して生涯を閉じることが出来、その場合年金という収入は資産になりそうですが、普通はそんな貯金額を持っている人はほとんどいないように思えます。

 では年金は総額でいくらぐらいになるのか?55歳で早期退職しても年金をもらえるのは65歳から、と言うのがこれからの若い世代の方の制度です。

 55歳で早期退職をして、25年間生活すると仮定しても、この間年金を受給できるのは65歳からの15年間です。この間に厚生年金と老齢年金をあわせて、仮に月20万もらえたとすると、年金の総受給額は20×12×15=3600万です。

 次に55歳で早期退職後、何とか再就職できたとして、その年収が300万だったとします。これが65歳まで続くかどうかは分かりませんが、仮に続いたとすると300×10=3000万。

 上記の年金と併せて6600万。なんとか生活は維持できる水準です。もし早期退職時に退職金をもらうことが出来、住宅ローンの残債を差し引いても預貯金が1000万程度残っていれば、総額は7600万となりまずまずの生活が維持できそうです。

 ただしこの計算で一番大きな問題は55歳以降再就職出来るかということと、その後10年間での総収入が3000万に達するかどうかと言うことだと思います。特に60歳以降の収入が厳しくなることが予想されます。(退職時に3000万程度の預貯金があれば、かなり楽な生活を維持できるという計算にもなります)

 だからどうすればいい、というプランは私は持ち合わせていないのですが、先ずはこういった現状把握のシミュレーションを自分で繰り返し行って、それで何とか行けそうだと思えば、早期退職をしてもそれほど苦労せずに人生を全うすることが出来ると思っています。

 早期退職の理由は人それぞれで、そんなシミュレーションをしている精神状態ではないという人もいるかもしれませんが、退職後の人生について展望を持っていないと、最後の決断にはなかなか踏み切れないような気がします。
 
関連記事
2013/07/23 09:12 将来設計 TB(-) CM(4)
コメント
年収300万円。
「早期退職者の将来設計」のサイト、ありがたいです。

55歳で早期退職後の生活を考えると
年金受給年齢までの10年は長いですね。
しかも、68歳・・70歳になると、もっと厳しいです。

maitai60様のように、前職を活かす事ができると良いのですが
私などは、それが出来ない「営業職」でして
運転免許が唯一の資格ですので、再就職は難しいですね。

しかも、自宅は地方ですので、仕事が少ないですし時給も安いです。
その分、物価は安いのですけどね・・・
ネットで求人情報を見ても、55歳以上では選べるほどありませんね。
プライドを捨てて「なんでもやります!」と張り切ってみても
働く先が無ければ、どうしようもないです。
年収300万円なんて夢です(T_T)
パートのような仕事をして、月に10万円も頂けるかどうか・・?

でも、1度決心してしまうと、60歳まで残る気は無いです。

あっ、すいません。ついつい愚痴を・・・
2013/07/23 12:03 ひこぼし URL [ 編集 ]
簡単にブログ主様の真似は出来ないでしょう。
 これから先は、年金受給が65歳からになりますので、定年60歳まで勤めても、受給開始までの5年間をどうするかが大問題です。 ですので基本は、定年まで勤務した後も、その職場に再就職で残り5年間を過ごすことを目標にしないと、他の選択肢は困難に直面することでしょう。 
 就職していると、健康保険も国税申告(年末調整)も一定の規模以上の企業では、人事部等で対応して呉れますが、無職になれば、健康保険料の企業負担分も自分で払う義務が生じますし、収入があれば確定申告等の義務も生じます。 年金受給が可能になっても、それまでの間は、自分の年金保険料を払っていないのですから、年金裁定請求を行い裁定を経た結果に失望することになります。 年金金額は、勤務をした期間に応じたものになりますから、働いて年金を納めた期間に応じて給付額が決まります。 幾ら公的年金では、満足な生活が出来ない、と云っても、その金額が多いほど良いのは間違いがありません。 早期退職をした後でも自主的に国民年金を納めれば別で、「老齢基礎年金」は満額を得ることが可能になりますが。 
 今日では、一定の資格を得ても就職が容易ではありません。 例えば、司法試験に合格し二年間の研修を終えた弁護士でも、弁護士事務所に就職出来ず、止むなく、自宅を事務所にして開業している人も居るほどです。 でも、そんな俄事務所に仕事を依頼する人は居る訳がありません。 まして、50歳代や60歳代で特段の資格が無ければ、想像に難くありません。 ブログ主様は、定年まで勤める人以上の努力を払われて準備され、尚も、再就職をされているのですから、他人が簡単には真似が出来ないでしょう。
2013/07/23 13:01 とら猫イーチ URL [ 編集 ]
Re: 年収300万円。
ひこぼし様

 おはようございます。応援ありがとうございます。年金開始まで10年間は確かに長いですね。
私は3年間で子供が一人だったから持ちこたえましたが、二人だったらとてもお気楽にブログを
書いているわけにはいかなかったと今でも思っています。

 退職後の仕事も、私なりに一時期考えていました、おっしゃるとおり50代の就職は本当に
大変です。私も運転免許を生かす仕事はないかと一時期考えていて、二種免許を取得して
個人タクシー、福祉タクシー、学校等のバスによる送迎運転手、宅配、等を職業候補と考えて
いました。

 福祉タクシーについてはかなり真剣に考え、車の改造や購入費用まで考えたことがありますが
軌道に乗るまでの時間を考えて断念しました。地方の場合は、車での移動販売やスーパーの宅配の
請負とかもあるのではないでしょうか?ネットでの求人情報は私もずいぶん見ましたが、確かに
厳しいです。

 一時期は廃品回収業や清掃業と言った仕事も考えていたこともありますが、これをフルタイムで
やったら、前職の方がずっとマシだと思うだろうと想像し、これも断念。ただこういったことを
いろいろ考えたことで今の生活が成り立っているような気もしますので、ひこぼし様も様々な
可能性を考えてみたらいかがでしょうか?

 通常の発送では確かに時給800円で8時間働いて6400円。これで25日頑張っても16万。
税金その他を差し引かれたら10数万。生活は厳しいです。社会的に弱者に厳しいなあと私も感じて
いますが、一人だからこそ自由に工夫できる余地もあるはずです。本屋さんにもいろいろヒントが隠されて
いると思いますので図書館等に行ってみたらいかがでしょうか?
2013/07/24 09:24 maitai60 URL [ 編集 ]
Re: 簡単にブログ主様の真似は出来ないでしょう。
 5年間の無収入は厳しいですね。私の場合は3年間でしたが、非常勤講師とネットの副収入、各種補助金を全部足しても到底支出額には追いつかず、資産は100万単位で減りました。

 シミュレーションで分かっていたことなので特に大きな動揺はありませんでしたが、やはり先々どうなるんだろうという不安は感じていました。今の若い方はもっと深刻だと思います。

 国は「まだ働ける体力がある」と勝手に決めつけていますが、病院にいけば50代の人も多数来ています。健康状況は50代からの格差が激しくなっています。要するに受給年齢を変更するための方便だと私は思っています。

 司法試験合格者や行政書士の方が仕事がないという話はよく聞きます。事実なんだと思います。活路をどこに見いだすか?これは人それぞれですが、40代ぐらいの内から機会あるごとに考えておかなければいけない社会になったのだと思います。

 さらに言うと、時代はグローバル?国内だけでなく、世界を視野に入れた老後戦略が必要かなと思っていますが、私にもまだイメージは湧いてきません。ただ息子には、海外で就職する方法もあるぞ、といつも言っています。
 
2013/07/24 09:35 maitai60 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。