FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
 4月から晴れて定年退職者の方達と同じ年齢となり、早期退職者とはちょっと違う感覚に浸っています。早期の時は、やむを得ない理由だったとはいえ、ほんの少しですがフルタイムで働いている方に対して引け目みたいなものを感じていました。

 今は大手を振って「正規退職者の仲間入りじゃあ」と宣言しているわけですが、6月も終わり、そういった生活が三ヶ月経過したことになります。

 そこで昨日改めて、早期退職ではなく年金生活者として今後の家計をシミュレーションした方が良さそうだと思い、4月を基準にした将来計画を作り直してみることにしました。

 で最初にやったことが、昨晩ですが先ずは不動産を除いた資産の把握です。最近はネットバンキング等、ネットを使って預貯金の現在高を知ることが出来るので、思い立ったときにすぐ把握できます。

 余計なことですが、便利なもんだなあと思いつつ、ある日ある時コンピューターの誤作動で0が一つ消えたらどうなるんだろうか、なんてことを心配したりもしています。(逆に増えれば黙っているかも?いやそれは犯罪ですね)その意味では東日本大震災での預貯金の扱いがどうなったのか、あまり報道されませんが気になってはいます。

 話を戻して、そうゆうわけで、ゆうちょ銀行や都市銀行の口座をみて、流動性のある普通預金、あまり流動性のない定額や定期預金を先ず確認。

 次に証券会社にあるお金の確認ですが、これが面倒です。たいした金額ではないのですが、企業の決算と同様、投資額で考えるのか、時価で考えるのかが問題です。

 結局今回は投資額で換算。実際にはミニ株の塩漬け銘柄とかもあるので、時価は投資額を下回っています。さらに投資信託を専門とする会社に残っているお金。これも投資額で換算。と言ってもアベノミクス?の上昇でかなり売却しましたので、現在残っているのは「さわかみ投信」だけです。

 まだあります。(個々のお金の額は少ないのに口座数だけが多いというのは問題だなと思っています)フルタイム時に積み立てた年金財形。すでにここから少しずつ引きだしていますので、数か月ごとに数字は減っています。

 そして早期退職時の生活を何とかしようと思って退職金の一部を使った個人年金。これも数か月ごとに減少しています。 
 
 最後が外貨。ハワイ旅行が好きで、20年近く夏はハワイに通っていますが、面倒なのでハワイの銀行に口座を作ってそこにドルをストックしています。これは為替の額によって日本円が変動するのですが、預金額は分かっているので円に換算した額を資産として計算。

 以上のものをすべて合計したものが現在の手持ちの資産です。これに今後もらえる年金を加算しながら、生活費や税金保険を差し引いていくと、将来計画のシミュレーションを作ることが出来ます。

 なお早期退職時に大きな額の支出として考えていたリフォームや車の買い換えが終わったので、後は息子の学費が大きな出費になるだけです。これでシミュレーションもずいぶんすっきりしてきました。問題はそれで赤字転落するかどうかですが、たぶん大丈夫、と言うのが現段階の予想です。
関連記事
2013/07/05 08:48 将来設計 TB(-) CM(2)
コメント
苦しいです。
 御初にコメントいたします。 
私も、公務員で、定年まで勤め、尚、再任用で今年3月まで働いておりました。 4月から、年金生活に移行したものの、65歳になった途端に、介護保険料は大幅に上がるは、健康保険料は任意継続にしたものの倍以上になるは、地方税は昨年の収入に対して課税されるので現役なみのまま、等々でまいっています。
 年金制度も、団塊の世代を狙い撃ちした改悪で給付額が少ないので、壱世代前の「悠々自適」の年金生活は、望むべくもありません。 私は、自宅を現役時代に改築しましたので、退職金で住宅ローンの返済をしました。 ですので、退職金の半分が飛んで行きました。 事前に予測もしていましたので、各種の投資でやり繰りすべく努めましたが、元本が少ないので、どうしょうもありませんでした。 
 そもそも、年金収入の3分の1強が公租公課と各種保険料で飛んで行くのは、割りきれません。 これでは、食べて行くだけで精一杯の生活です。 世間的には、公務員は恵まれていると攻撃の対象ですが、実態は、こんなものです。 節約すべく、新聞雑誌は購読を断り、車は退職前に廃車しました。それでも、愛猫の健康管理には金銭を惜しむことは出来ませんし、中元・歳暮もしない訳には参りません。 
 これから先も、苦しくなることはあっても楽にはならないのでしょうね。 私と違い、お子様が居られる生活は張り合いが御有りなのでしょう。 お元気でこれからも頑張っていかれることを祈念いたします。 
2013/07/07 00:03 とら猫イーチ URL [ 編集 ]
Re: 苦しいです。
とら猫イーチ 様

 おはようございます。コメントありがとうございます。3月まで働いていたと言うことで、本当にご苦労さまでした。しかし65歳からの介護保険料アップ等の記事は、私も余り考慮していないので、これから少し調べてみようと思います。

 我が家の年間の出費で一番大きいのが健康保険税で、非常勤講師の収入が100万前後しかないのに、息子と二人で生活していると、自己年金等も収入とされてしまうのか、その請求額が20万近く。何だかよく理解できない制度だなと思っています。

 今年の国民健康保険税の請求はまだ来ていませんが、固定資産税と市県民税で10数万かかっているので、結局絶対に払わなければならないお金が年間で30万ぐらい。これに車関係の維持費や任意の医療保険を加えていくと結局50万というのが年間の消費以外の出費です。

 これに対してもらえる年金が150万ぐらい。これに非常勤講師の仕事をして、さらにネットでの副収入をプラスして、ようやくなんとかプラスマイナス0(資産が減少しないレベル)を維持していますが、当然息子の学費が今後500万ぐらい必要で、これは退職金の取り崩しとなります。

 子供がいるのは確かに面倒でもあり、楽しみでもあります。いなくなったときは寂しいだろうなと思うことが結構あります。一番困るのはやはり健康不安ですね。いずれ体の動きが鈍くなるのは間違いないと思うので、それに備えて何が出来るかと言うことをいろいろ考えています。

 ちなみに我が家にも、お隣で飼っている猫がよく遊びに来て、庭先で遊んでいます。たまにペット用の煮干しをあげたりしていますが、確かに癒されます。

 今後ともよろしくお願いいたします。

maitai60 
2013/07/07 09:06 maitai60 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。