FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  昨日書いたように、今年から息子が家計への支援金?を入れてくれるようになり、「ようやく安心できるな」と思っていたのですが、旅行中に届いた郵便物を昨日整理していて、予想外の支出を発見してびっくり。

 それは別に私が何らかの無駄遣いをして請求があったとか、家電製品を買い替えたというわけでもありません。通知があったのは市役所から、と書けば現在65歳以上の方は気が付くと思います。

 それは介護保険費用。これまで我が家は国民保険税というのを、私と息子の分、毎年支払ってきました。年間の支出の中では、私の海外旅行費用の次に大きな支出となっています。

 しかし今年から息子が就職したので、息子の分の支出は息子の給料から支払われるため、私の負担はかなり減るだろうなと予想していました。

 というわけで、新たに市役所から来ていた2通の通知を開封すると、1通は確かに国民健康保険のもので、ここから息子の分の支出がなくなっていました。

 ところがもう1通の通知を開封してびっくり。介護保険の通知でした。さらにその金額を見るとかなり高額。算出基準もきちんと書かれているので文句のつけようがありません。

 しかし予想外の高額の出費は結構ショックです。というわけで、今年は国民健康保険の息子分の支払いが必要なくなったものの、代わって介護保険の費用を負担することになり、結局こういった保険に関する費用は、それほど減らないということになりそうです。

 保険料についてネットで調べてみると、免除や減額といった内容についてまとめられているページも数多くありましたが、ごく普通に年金がもらえている場合は、減額といったこともあり得ないようです。

 またもらっている年金額が18万円以上の場合は年金から、それ未満の場合は自分で口座振替等の手続きをして振り込む必要があるみたいです。

 しかしだとすると、18万未満の場合「振り込まない」という選択肢もありそう。当然ながらその後自分に介護が必要になった場合は何ら保険金が出ないということになるのだと思いますが、「それでもいい。今は金がない」という人もいるかも。

 ただしネットの情報では滞納した場合督促が行われ、それでも支払いがない場合は財産差し押さえ等の処置もあるみたいです。また納入が遅れただけでも延滞金が発生するそうですから、かなり厳しい制度だなと感じます。

 というわけで、国はこの介護保険の制度を維持するためにがんじがらめの徴収制度を作ったんだなんという印象を持ちました。少子高齢化という社会ではやむをえないのかもしれませんが、予告通知なしにいきなり新しい負担が生じるのも厳しいなと感じました。

 ただしこれは私が介護保険制度について熟知していなかったことが原因のような気もします。





 
2018/07/19 16:30 保険 TB(0) CM(6)
 12月に再びバンコク旅行に行きます。前回は10月ですから二ヶ月しか経っていません。どうしてそうなったかと言えば、もともとは8月に行く予定でした。

 ところが御存知のとおりこの頃にバンコクでは、つい先日のパリの連続テロ事件ほどでないにせよ、一般の人が巻き込まれる爆発事件がありました。

 かなり迷ったのですが、他にもちょっと行きにくいと思える私的な条件が重なり、結局このときの旅行をキャンセルしました。ただこのときの航空券はマイレージを使った特典航空券だったので、それをそのまま12月に移行したということです。

 ただ8月に行かなかったので、何となくストレスがたまってきたことを感じたので、10月に突然思い立って行った為、結局間が二ヶ月になってしまったと言うことです。

 それはそれとして、今回の旅行はマイレージの特典航空券なので、海外旅行保険をどうするか、別のブログでまとめましたがかなり悩んでいました。

 というのも私が所持しているクレジットカードは3枚あるのですが、そのすべてが旅行保険はチケット代やツアー代をそのカードを使ったときだけ保険が適用されるという利用付帯という条件がついていたからです。

 つまり今度の12月の旅行は、何かあったときカードの付帯保険が利用できない可能性が高いと言うことです。というわけで、海外旅行保険が自動的に付帯するクレジットカードを新たに作ろうかとか、通常の保険会社の保険に入ろうかと、いろいろ悩んでいました。

 結局今の段階では、保険会社の保険に入るのが一番いいだろうと思っているのですが、ここでもやはり問題があります。それは保険会社の保険であっても、私のように高血圧と言う持病を持ち、降圧剤を処方されているような人は、保険加入を拒否されることが多いと言うことです。

 幸いにAIUという会社が、告知事項があっても、持病に関する補償規定が若干低くなることを利用者側が認めれば加入を認めてくれることが分かりました。

 実際にはまだ加入手続きを行なっていませんが、シニアの場合、年齢的な制限や、持病による制限が年々厳しくなっていくんだと言うことが、いろいろ調べて良く分かってきました。

 一方クレジットカードはどうかと言えば、これも安定した収入があることという条件がついていますから、年金という収入があるにせよ、サラリーマンに比べるとその年収はかなり少ないので、審査段階で落とされる可能性が年々大きくなることも分かってきました。

 ということは、入っておいたほうがよいかもというカードがあるなら、入会申請は在職中に行った方が審査が通りやすいと言うことです。

 なおこういった調査?の過程で、唯一男性の65歳以上、女性の60歳以上jだけが申し込みを出来るクレジットカードと言うのを見つけました。JR東日本の「大人の休日倶楽部ジパングカード」と呼ばれているものです。

 このカードは、今のところ年会費が4285円で海外旅行保険も自動付帯になっているようなので、65歳になったとき、まだ覚えていたら加入を検討しようと思います。


 
2015/11/21 20:03 保険 TB(-) CM(0)
 いやはや寒い朝です。12月の上旬だとは思えません。ちょっと前にはアメリカで大寒波なんていうニュースが出ていましたが、その寒波の向きがちょこっと変わって日本に向かっているのかなという気もします。

 一方でフィリピンには季節はずれの大型台風が直撃だそうですから、ともかく寒暖の差が激しく、気象のブレが大きいように感じます。

 そう考えると、今年の冬も関東地方に大雪なんてことも充分考えられます。すでに北陸地方では季節はずれの大雪が来ていますから、それこそ選挙どころではないという方も多いと思います。

 昨年の大雪では、我が家の屋根に降り積もった雪が、雪解けと共に隣家の車の屋根を直撃。一気に大量の雪が滑り落ちたため、屋根がへこんでしまいました。

 私は旅行中でそのことにまったく気がつかなかったのですが、帰宅してお隣さんから「こんなことがありました」と言われびっくり。その後屋根の凹みを直すためにはどうしたらよいのか、費用はいくらぐらいかかるのかということをネットの情報を調べ、さらに近隣の自動車修理工場で話しを聞いてきましたが、結局有効な手立てがないことが判明。

 屋根全体に凹凸が出来ると、通常の板金加工では直せないそうで、基本的には屋根全体を取り替えるしかないということのようです。

 しかし交換しても、見かけは元に戻るものの、いったん屋根を切り取ってはがして、新しいものを再溶接という工程になるようで、溶接後にきしみ音が出る可能性もある、ということで、要するに現状復帰は無理とのことでした。

 そういった様々な情報を仕入れるのに、あちこち駆けずり回り、さらに保険関係についても調べましたが、結局我が家の火災保険や傷害保険、車の任意保険では対応できないことも判明。

 当然隣家のご主人も、保険や整備工場に問い合わせて調べたようですが、結局見かけだけでもきれいにするために屋根交換だと50万ぐらい?現状復帰は無理だけど、できる範囲で凹みをたたいて目立たなくする修理で30万ぐらい?という事が分かってきました。

 というわけで、このお金をどうするか?という事が問題になるわけですが、日ごろからお付き合いというかコミュニケーションをとっていたおかげで、とりあえず、修理費用よりも少ない金額ですが、迷惑料としてお金を支払い、なんとか決着。

 この経験をしてから、いろいろな災害報道のニュースに接するたびに、補償はどうなっているんだろうということが気になります。

 しかし地震、火事といったごく当たり前の災害への保険ならともかく、火山やなだれ、豪雨、豪雪、突風、竜巻、巨大な雹といった自然災害になると、遭遇する確率がこれまでは低かっただけになかなか気が回りません。

 このあたり保険会社はどう考えているのだろうと思い、自然災害保険という語句で検索すると「全労災」がそういった保険を扱っていることが分かりました。

 こういった保険について、もう少し詳しく調べてみようと思います。


 
2014/12/07 11:11 保険 TB(-) CM(0)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。