FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
 埼玉の朝はちょっと冷えたせいか、逆にベッド内が暖かく寝やすかったようで、目が覚めたのは6時45分ぐらい。いつもより遅れたので、今日はラジオ体操はナシ。

 朝食はご飯に昨晩作った唐揚げの余り。大根葉の味噌汁を飲んで、いつもの1日の始まり。外を見ると曇り空で外気温も低いみたい。息子の出勤を見送って、各種ブログの更新作業。

 合間に日経平均を見ると下落。赤字幅は拡大。新年度に入って赤字幅が拡大している現状を見ると、そろそろ損切りの時期かもしれないなと感じるようになってきました。

 11時ごろ更新作業は一段落。30分程休憩して、11時半ごろ昼食。朝と似たようなおかずを食べて、12時には終了。早すぎる昼食時間ですが、今日は3時からフルートのレッスンを予約してあります。

 というわけで早めに昼を食べて、12時過ぎから2時近くまで基礎練習と課題となっている曲の練習。2時半に車で自宅を出発。高価な楽器を持参しているので、「運転は安全に」と言い聞かせながら運転。

 定刻に到着しレッスン開始。いつも通り的確なアドバイスを受けて、瞬く間に時間が経過。今日は課題となっているエチュードをようやく一つクリア。

 さらに、このところ積極的に練習しているショスタコービッチさんのワルツ第2番という曲を聞いてもらいました。総評は、譜読みは出来ているし、指も動いている。

 つまり曲としてはほぼ完成といううれしい評価。ただし・・・という後付けもあって、ビブラートやダイナミクス(音の強弱)を工夫すればもっと良くなるとのことでした。

 ちなみに、先日たまたまテレビを見ていたら、この曲がピアノ買取会社のコマーシャルのBGMの背景で流れていました。てなわけで今日はちょっと気分良くレッスンを終えて、帰りがけにスーパーによって食材購入。

 先ほど夕食を食べながらニュースを見ていたのですが、大阪の新規感染者増に抑えが効かなくなってきたみたい。医療の逼迫、バッドの不足も指摘されるようになってきましたのでかなり心配。

 さらに東京もいずれ急増するのではと予測している専門家もいるようで、今後の展開がかなり心配になってきました。


2021/04/06 20:01 老後 TB(0) CM(0)
 今日も6時半に起床。リビングでラジオ体操とストレッチを行い、朝食はご飯。おかずは先日楽天市場で買ったカレイの干物がメイン。味噌汁を飲んで、食後にバナナを1本。

 息子の出勤を見送って、いつものように各種ブログの更新作業。11時ごろ一段落したので実家へ。押し買いの顛末ですが、金曜日に母親がフリーダイヤルからの電話をうっかり取り上げてしまい、その際の話で仕舞いこんであった和服を売るという約束をしたみたい。

 母親は気軽な気持ちで、玄関先で数分話をして、その場で何がしかのお金をもらえれば十分と考えたみたいですが、その時の話の内容では、ブランドバッグや貴金属類の買取も行っていると、先方から言ってきたみたい。

 それを聞いて、すぐにそれは「押し買い」という、不用品買い取りという口実で、実際には高齢者が保有している貴金属やブランド品を格安で買い取って転売して設ける業者であるとすぐに分かりましたので、その方法について詳細に説明。

 実際にその業者さんが来たら、様々な会話で、ともかく「何らかの貴金属等を買い取ってもらわないと帰らないよ」と教えて、ようやく実情が分かったみたい。

 実際どんな人が担当者として現れるのかは分かりませんが、90歳にもなる高齢者に対して、いろいろ玄関先でごねて居座り続けられたら、最後は面倒になってつい貴金属を渡してしまう高齢者も多いはず。
 
 ネットでの体験談を見ると、買い取る物品の査定に時間をかけるとか、しつこく貴金属類を求めるということが行われているみたいです。

 今回はたまたま私がその話を聞いてストップをかけましたが、現実の世の中では根負けして様々なものを買いたたかれて買われてしまったけど、高齢者故泣き寝入りするしかないと考える人も多いように思います。

 というわけで、先ず連絡先だと教えてきた携帯の電話に電話をしましたが、誰も出ません。というわけで、母親にキャンセルのメッセージを入れてもらうようにしました。
 
 翌日の土曜日、私はネットで「押し買いの手口」が丁寧に解説されているページを印刷し、実家へ持参。その日の午後、先方の業者さんから連絡が入ったようで、「すでにキャンセルのメッセージを入れましたよ」と母親が応対。

 業者側は、それでも最初はなんとか言い訳を言って誤魔化そうとしたようですが、ともかく最後まで「約束はしません。和服は売りません」と強く主張したようで、何とか一件落着。

 それでも最初に約束した日時は今日の午前中だったので、場合によっては「キャンセルの連絡は受けていない」としらばっくれて突然業者側が現れるのではと心配だったので、とりあえず窓や玄関の施錠をしっかり行い、室内で待機してもらうことに。

 幸いに業者側は現れなかったようで、一件落着。もし誰かが現れたら、車で駆け付けて私が説得しないといけないなと思っていましたが、そこまで悪徳の業者ではなかったみたい。

 しかし、こういったことが縁になって、母親の自宅の電話番号が他の業者にも漏れてしまったら、今後他の業者からターゲットになる可能性もありそうです。

 何とも早や世知辛い世の中になったもんです。防衛するためには、やはり普段利用しない電話番号からの着信は出てはいけないということを徹底するしかないと思っています。
 
2021/04/05 20:20 老後 TB(0) CM(0)
  6時半に起きて、今日はラジオ体操とストレッチを実行。朝食はご飯。おかずは昨日の余り。息子の出勤を見送っていつもの1日の始まり。

 天気はちょっと曇りがちで、気温も昨日より低め。一連の更新作業が11時ごろ終了したので、いつものように実家へ。

 母親の体調は悪くなさそうに見えたので、じゃあすぐ市民農園に行くかと思って帰ろうとした瞬間、母親が「着物を売ることになった」と言い出してびっくり。

 「それは押し買い業者の常とう手段だ」と言うと、びっくりしたようですが、「でもわざわざここまで買いに来てくれるんだし、会社名も名乗っていたよ」とすっかり信用してしまったみたい。

 そこで、一般的な押し買い業者の手口について説明。基本的にはフリーダイヤルで電話をかけてきて、アポイントを取る係は女性みたい。

 その後どんな人物が現れるのかは不明ですが、着物を買うというのは直接会うための口実であって、実際にやり取りが始まると、着物はさておき、ブランド品のバッグや貴金属類を格安で買い取ることになると説明。

 そもそも母親は体調も悪いのに、玄関先で話だけでなく、家の中にも上がり込んで、様々な金目のものを物色されることになるはずと説明。

 実際会社名もメモしていないし、聞いても覚えていないと言います。担当者の名前と電話番号、会社の電話番号は教えてくれていたようですが、実際にその担当者の番号にかけてみたら誰も出ない。

 私のスマホで、会社らしき電話番号を検索したら、ネット上で迷惑業者と名指しされている業者さんでした。
 
 連絡が付かない事が分かって、母親もようやく事の重大性に気が付いたようで、約束した日時は私も実際にその場に出向こうと思っています。
 
 今回のきっかけは、たまたまフリーダイヤルだったのに、うっかり受話器を取ってしまったということのようです。以前も一度警察官を名乗る不審人物からの電話を受けたことがあり、それ以来フリーダイヤルや知らない番号には出るなと伝えてあるのですが、たまたま魔が差したということなのかも。

 しかし、我が家の電話にも買い取り業者から頻々と電話が入ります。私は実際に電話口には出ず、フリーダイヤルの場合は、その番号をネットで調べ、素性を確かめ、次々と着信拒否設定をしています。

 高齢者の場合はそういった情報に疎いことが多く、それを良いことに悪徳業者がのさばっているのではという気もします。

 ネットで「押しがいの手口」という検索語句で調べると、分かりやすく説明されているページがありましたので、この後分かりやすそうなページを印刷して、明日実家に持っていこうかなと思っています。

2021/04/02 20:17 老後 TB(0) CM(3)
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。