FC2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
 世間は三連休。前半二日間は割と良い天気で暑いぐらい。今日は朝方雨でちょっと涼しかったのですが、雨が上がってからは気温も上昇。

 今はたぶん30℃前後。土日はのんびりして、今日から私はいつものルーテインワーク。と言ってもワークというほどのものでもなく、単に同じような生活の繰り返しです。

 6時半に起きて朝食は昨晩作ったチャーハンの残り。ふと思いついて味付けにオイスターソースも加えてみたのですが、これは失敗でした。なんだかよく分からない味になってしまいました。

 朝食後は洗濯。そしていつも通り旅行ブログの更新。先月24日にタイから帰国してほぼ3週間が経過。このところまたどこか行きたいと強く願うようになってきました。

 ただ行った先で何をするかが問題。一番安上がりなのが釣り。秋口は落ちギスの時期で、シロギスが浅場にやってきます。つまり投げ釣りで、遠投しなくても良いということで、運動がてら竿を振りたいなと考えています。

 場所は平塚か大磯なら日帰り。伊豆半島の伊東以南や、日本海側の上越、柏崎あたりなら1泊というのが定番。もちろん2泊でも3泊でもいいわけですが、国内旅行にあまりお金をかけすぎると海外に行く予算が減ります。

 釣りの他にはグルメ?秋は食べ物がおいしい?山梨あたりに行って果物を食べるのも良さそう。またこのところ神社仏閣の見学に目覚めてきたので、思い切って京都や山陰、紀伊半島あたりに行って、散歩をしながら参拝というのも良さそう。
 
 当然ながら美しい海の景色が好きなので、そこだけを目指すなら岩手の三陸海岸も面白そう。さらにこの地方ではグルメへの欲求も満足できる?

 てなことをいろいろ考えているのが面白い。たまたまJALのマイレージのページを見たら、国内旅行だったら無料で往復できるぐらいのポイントがたまっていました。

 じゃあ久しぶりに北海道に行くか?いっそのこと沖縄?それとも定番の北陸?まあいろいろ妄想が膨らみます。

 さらにどうせなら国内ではなく台湾あたり?と考えると、もう際限がない。結局いつものようにタイに落ち着くかもしれませんが、前回の旅行でチェンマイの過ごしやすさが確認できたので、もしタイならチェンマイを拠点にして、もう少しその周辺を観光したい。

 まあどこまで行っても満足はしませんね。てなことを考えていたらいつの間にか昼食時間。今日はレトルトカレーです。昼食後はいつもなら昼寝をするはずですが、今日はそれほど眠くなかったので市民農園へ。

 小松菜や青梗菜の種を撒いてきました。続いてその足でスーパーへ。市民農園でネギが手に入ったので、これを活用してすき焼きにしようかと思っています。

 ついでにスーパーの近くにある靴屋さんでスニーカーを物色。何足か試し履きをしてみましたが「これは良い!」と感じたものはなし。しかしとにかく選択肢が多すぎる!

 これまた楽しみながらじっくり選ぼうと思っています。帰宅して今度はネットに接続。ここの所ちょっと寝ている間に、皮膚の柔らかい部分に虫刺されのような赤い斑点が出きて痒い。

 アトピーではなさそうなので、これは時節柄ダニの仕業ではないかと思ったので、楽天でダニ除去シートなるものを購入。果たして効果があるかどうか、ちょっと楽しみ。

 というわけで、時計を見たら4時過ぎ。このブログの更新作業を開始。これが終わったらおいしいすき焼きの準備です。
 

 
2019/09/16 16:45 旅行 TB(0) CM(0)
 様々な体験をして24日の土曜日に無事バンコクから帰ってきました。飛行機はチケット代が安いチャイナエアラインで、往復ともに台北の桃園国際空港で乗り換える必要があります。

 初めてこの航空会社を使って台北空港で乗り換えたときは、「いったいどこへ行けばいいんだろう?」と思いながら、「transit」という英単語の標識だけを頼りに移動。

 それでも最後に不安になって、係員さんと思われる女性に「このゲートはどこに行けばいいんでしょう?」と聞いたら、「あすこの案内所で聞いてくれ」と指さして教えてくれました 

 案内所に行って、これまた妙齢の美しい女性にチケットを見せて、「このゲートに行きたい」と告げると、何のことはない、案内所から30mぐらい離れた場所が目的のゲートでした。
 
 「なるほど、焦らずに探せば意外に簡単に見つかるんだ」と納得。以後乗り換えで不安になったことは一度もありません。要するに経験を重ねれば、難しいと思われたことも、その後は意外に簡単になるということで、まさにシミュレーションゲームかロールプレイングゲームの世界だなと感じます。

 今回の旅行では、先ず出発時に台風10号が日本を通過。空港の離発着情報は結構大事なんだなと認識。幸いなことに飛行への影響は軽微というかほとんどなかったように思います。

 バンコクに到着してからホテルにチェックイン。しかし翌朝テレビでニュースを見ようとしたら「信号が受信できない」という表示。

 朝食に向かうついでにフロントで修理を依頼しましたが、こういったやり取りはすべて中学生英語での対応となり、一人旅はこの辺りが実に大変。
 
 ただそういったやり取りそのものを楽しむ気持ちがないといけないなという気がします。さらに今回は国内線航空機でチェンマイへの移動も経験。

 国内線を使う空港内の動きは初めてだったので、やはり間違えないようにかなり緊張。チェンマイ空港に到着後もホテルまでの移動手段でタクシーを依頼しましたが、このやり取りもすべて中学生英語。

 ホテルに到着後は、案内された部屋でしばし休憩。その後早速街歩きに出ましたが、地理的な感覚が全くないので、どこへ行くにも最初は徒歩でホテル近辺を徘徊。
 
 まあバンコク市街の街歩きで免疫ができているとはいえ、見たこともない通りを歩くというのは新鮮な体験ですね。これだから旅行は面白いということになります。

 翌日からチェンマイの有名寺院と言われる観光地を、タクシーを駆使して移動しまくりましたが、タイの人たちはあたりが優しいので、小心者の私でも一人旅を楽しめます。

 というわけで、その後再び慣れ親しんだバンコクに戻り、24日の土曜日に帰国。帰りは台湾近辺でまたしても台風の影響を受けるという状況でしたが、それほど大きな揺れもなく無事成田に到着。

 タイ旅行のロールプレイングゲームを楽しんできたなという余韻に今は浸っています。これでまた少し経験値が増えたので、さらに新しい場所に向かう気持ちも出てきました。
 


 
2019/08/26 16:34 旅行 TB(0) CM(0)
  今まで訪れたことがない場所への旅行というのは、毎日が新鮮な体験の連続で、脳細胞に活を与えますね。しかし慣れない土地で動き回っていると、やはり体力的にも精神的にも疲れます。

 タイにはすでに20回以上来ていますが、今回チェンマイまで来たのは初めてです。バンコクのスワンナプーム空港から国内線で移動となりましたが、ともかく初めての国内移動なので、間違えないように神経を使います。

 スワンナプーム空港は出発ロビーが国際線も国内線も同じフロアにあって、たったこれだけのことでも神経を使います。さらにチェンマイ空港到着後も、出口に向かって歩いていると、「本当にこっちでいいのか」と心配になります。

 日本国内の旅行なら多少間違えても、それを修正するにはたやすいというか、ともかくどこでも日本語が通じるのであまり悩みません。

 しかしタイでは英語を駆使しないと思うような旅行ができません。というわけでスーツケースを受け取って、ホテルまでの移動手段をどうするかで困惑。

 事前にネットで調べてありましたが、やはり知識だけでは不十分。現地で「なるほどこうなのか」と納得することも多いです。というわけで何とかタクシーを手配。

 ホテルに到着し、チェックイン手続きも、バンコクのホテルとはまた違った印象です。今回宿泊したのは現地でブティックホテルと呼ばれているところで、全客室数が20部屋に満たない小規模ホテルです。

 しかし結論から言えばこれは大正解。従業員さんとの距離も通常のホテルよりは近く感じられ、直ぐに顔を覚えてもらい、何かと便宜を図ってもらえました。

 というわけで、あらかじめ行きたいところをリストアップしてあったので、そういった場所を片っ端から巡り歩きましたが、当然歩く距離が増え疲労困憊。

 さらにあちこちの寺院巡りを楽しんでいたら、夢の中にも仏像やナーガという蛇の神様が現れ、かなり脳細胞が刺激を受けたようです。

 ちなみにあちこちの観光地で見かけるのは中国系の団体観光客と欧米系のカップルで、日本人一人旅はほとんど見かけず。驚いたことに、いつの間にか「次の場所は」なんてことを英語で考えていたりして我ながらびっくり。

 またバンコクに比べると、田舎に来たためか、人々のあたりがみな柔らかい。チェンマイで第二の人生を送る人が多いという噂も本当かもしれないなと感じました。

 てなわけでチェンマイ滞在の4泊5日の旅行を楽しんで、今はチェンマイ国際空港でバンコク行きの飛行機を待っています。



 
2019/08/21 11:09 旅行 TB(0) CM(0)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。