fc2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
 今日の午前中は確定申告の書類づくり。昨日昨年ため込んだ領収証を昨年度分と今年度分に分類。さらにそれらを収入関連と支出の領収書関連に分類。

 しかし1年もたまっていますので、書類があちこちに散らばり、それを探し出すのが大変です。一応確定申告用の箱を作って、そこに適宜入れていますが、片っ端から放り込んでいるので何が何だかわからない状態になっています。

 とりあえず分類した書類を元に、先ずは収入関係。昨年3月までは非常勤講師の収入がありまいた。これに通常の年金が加わり、さらに老齢年金の繰り上げ受給を選択したので、その関係の書類もあります。

 また個人的な年金もあり、早い話があちらから数万、こちらから数万というように五月雨式に何らかの収入があります。さらにネットの収入。息子のアルバイト収入もあり、なんだかややこしいです。

 一方支出ですが、基礎控除、扶養控除や寡夫控除、寄付金控除といったものは分かりやすいです。しかし問題なのは医療費控除。

 昨年は2月に鼠蹊部ヘルニアで手術と短期入院、8月にくも膜下出血で手術、その後数か月のリハビリ療養生活があり、これ以外にも普段から血圧の関係で医者に通っていましたので、ともかく領収証の枚数が多いです。

 今日はその集計に一番時間がとられました。とりあえず見つけた領収証はすべて集計しましたが、漏れがあるような気もします。でもしょうがないです。

 明日はそういった資料を基に申請書類を作成し、その後もう1回すべての書類を照合し、郵送で提出しようと思っています。毎年やっていることとはいえ、昨年いろいろなことがあったため今年の申請は面倒です。

 というわけで午前中は書類整理で終了。そそくさと昼食を食べ、午後にでかけたのがリハビリ病院。ここで1回2時間程度、週2回のストレッチと筋トレ?をやっています。

 もともと筋肉はほとんどないので、要するに運動不足を補うために通っているわけですが、スタッフとも顔見知りになり、適当に話ができるので、日頃のコミュニケーション不足を補う良い機会になっています。

 通っているのは脳梗塞等の病気で体の一部が動きにくくなっている人や、ダイエット?を目標にしているお母さん、まだまだ元気で動き回りたいと考えている高齢者が多いので、運動音痴の私がその中にいても違和感はあまりありません。

 面白いなあと思うのは、それぞれ参加している目的や体の動き具合が異なるので、他人と競争したりすることはほとんど意味がなと思えることです。

 つまりここでの目標は他人との比較や競争ではなく、自分自身で自分に課した目標に向かって黙々と自助努力をするということです。だからこそ皆さんまじめかつ真剣に取り組んでいるんだなと思います。

 ちなみに料金ですが、私がやっている2時間程度のプログラムだけを行うと2080円です。トレーナーをつけてアドバイスをもらいながら月に4~8回程度のレッスン?を行うと11200円弱。

 トレーナー無しで、自分で好きなようにマシンを使って行う場合、なんと一か月内での制限はなく、価格は9000円ぐらい。私は今この方法でやっています。

 このやり方だと毎日行ってもいいのですが、どうやら週に2~3回というのが体に対しても有効な回数になるようです。つまりなんでもかんでもやたら回数を増やして重い重りを持ち上げればいいということではなさそうです。

 さらに重りを持ち上げたりするのも、一気に気合をこめて持ち上げるのではなく、数秒かけて持ち上げ数秒かけて下すというのがいいみたいですね。いろいろ勉強になります。
2017/03/01 20:32 確定申告 TB(0) CM(0)
  スマホで閲覧している方は気が付いたかもしれませんが、内容はともかく、回数だけはなんとか重ねてきたので、ブログを有料版に移行し、画面をすっきりさせました。

 実は私はいまだに昔の携帯電話を使っているので、このブログのスマホ版もテンプレートを使って移動したものの、実際にスマホではどのように見えるかを確かめるすべがほとんどありませんでした。

 時たま息子が持っているスマホで、画面を出してもらって確認していた程度ですが、正直なところ小さな画面は実に見にくいですね。

 そんな中、息子が新しいスマホに買い替え、古くなったスマホの本体をもらいました。電話機能は使えないわけですが、wifiに接続すればネットは使えますので、それ以来少しずつ暇な時間にいじっていました。

 しかし前にも書きましたが、本体だけ持って自宅のネットに接続しているだけなら、このスマホに関する基本料金は無料です。まだ使っていませんが、LINEとかも使えるような気がします。

 不便だなと思うのは、このスマホを自宅外に持ち出したときネットが使えないこと。しかしこれも無料のwifiスポットがあれば使えますし、ポケットwifiを使えば問題ありません。

 というわけでこのスマホを使って、このブログのスマホ版を見ると、何やら得体のしれない、私が意図していない広告やら関連記事が表示されていて、非常に見にくいことが分かり、それならと思い有料版にしました。

 ついでに独自ドメインも取得しましたので、アドレスがちょっと格好良くなりました。パソコンで見てもスマホで見ても自動で転送されていますので、利用に違和感はないと思いますが、お気に入りに入れてくれている方がいましたら、アドレスの変更をお願いできれば幸いです。

 話変わって、先日確定申告の還付金通知が来ました。私が申請した通りの額だったと記憶していますが、今回例年と違って、収入の中に諸経費を入れたので、もしかするとそれが引っ掛かるかもと思っていました。

 諸経費は収入から引くことができるので、私はこういったブログを書くために新たに購入した、ノートパソコン、ICレコーダー、インクジェット等のお金を合算し引き算したのですが、領収証の添付が必要ないことにびっくりしました。

 一応すべての領収書を保管してあるので、何か問題があったらそれを提出しようと思っていたのですが、すんなり通過。まあ収入が少ないので、様々な控除をすると、そもそもそんな諸経費を計上しなくてもほとんどの税金が返ってくるという計算結果だったのかもしれません。

 しかし領収証の添付が必要ないというのはちょっと不思議です。

2016/04/06 13:46 確定申告 TB(0) CM(0)
 暖かくて風もない良い天気だなと思って、先ほど久しぶりにちょっと散歩をしようと数百m歩いたら息苦しくなってきました。

 当初は手術の影響で運動不足になっているせいかとも思いましたが、いくら何でも数百mで苦しいのはおかしいぞと思い、改めて考えてみるとどうやら花粉の影響のようです。

 花粉が多いか少ないかは、私の場合喉の違和感や、気管支の息苦しさ、車のフロントガラスに付着しているほこりのように見える花粉の量、さらに朝起きたときに感じる目ヤニ等でだいたい分かります。

 というわけで、今日はかなり多いなと思ったので、すぐに家に戻ってきて、今日はこれから確定申告の書類の印刷です。昨日までに、1年間ため込んだ領収書や請求書を元に、例年通り国税庁のHPで申告書類を作成していました。

 私の収入は、一部の年金、非常勤講師の収入、自前の年金、ネットの収入の4種類。あえて言うとこれに若干の株式投資の利益が加算されます。

 ここから社会保険料控除、生命保険料控除、寄付金控除、寡夫控除、扶養控除、基礎控除といった額を引き算すると、なんと課税所得はほぼゼロ

 というわけで、これまで収めた所得税や株式投資による源泉徴収分のほとんどが還付されるという計算になりました。還付金を喜んでいいのか、収入が少なすぎるのを悲しむべきか、気持ちはちょっと複雑です。

 ただこれで国内旅行分1回分ぐらいのお金が戻ってきますから、ともかく真剣に書類の作成をせざるを得ません。

 早期退職をした翌年は、このあたりの書類作りのノウハウが全然分からなかったので、あちこち行って聞いてきたりしましたが、今は領収証さえきちんと保管してあれば、1時間程度の作業で何とかなるなと思っています。

 一方、今日は散歩の後、社会保険庁の事務局に行って、老齢年金の繰り上げ受給手続きをしてこようかなと思っていたのですが、冒頭の理由により、外出は控えることにしました。

 繰り上げ受給をすべきかどうかというのは60歳前から悩んでいて、すでに3年が経過しています。しかし最近の国の動きは、高齢者から少しでもお金を取ろうという方向に動いているようです。

 だとすれば、高齢者(年金受給者)側もそれに対抗して、少しでも早い時期からもらえるお金はもらった方が良いのではと思うようになってきました。

 もちろん繰り上げ受給をした場合の受給額の減額とか、障害年金をもらえなくなるといったペナルティは甘んじるつもりですが、通常通り65歳からもらった場合に比べると、損益分岐は70代後半のようですから、まあそこまでは生きていないだろうという気もします。

 ただもう1年ぐらい我慢して、64歳からもらうという選択肢はあるかもしれないなとは思っていますが、気になっているのはマイナス金利が今後老後の生活にどのように影響するかということです。

2016/03/03 13:59 確定申告 TB(-) CM(0)
 ふと気がついたら確定申告の受付がすでに始まっていました。3月中旬からハワイに行くことが決まっているので、間際になると忙しい思いをすると考え、昨晩1年間貯めこんだ領収書の類を整理。

 いろいろ雑多な領収書が、ともかく家に来た順に箱に放り込んであるだけですから、これを取り出し、先ずその中から収入関係を整理しようと源泉徴収表を探し出します。

 昨年は1月から3月までと、4月以降の勤務校が異なるので2枚あります。これを揃えてクリップで留め、大きな袋に入れます。次に共済組合から送られて来た年金関係の書類を探し出し開封。実は封も切らずにそのまま箱に入れてありました。

 必要な書類を取り出し、これも封筒へ。次は株式関係。私が取引をお願いしている証券会社のサイトに行き、年間報告書の項目を探し出し、これを印刷。

 昨年から再び株式投資を試みていますが、余裕資金の範囲でと考え、資金は約100万円。この資金で年間25回ぐらい売買を繰り返し、約20万の利益が出ました。

 もし余裕資金が1000万あったら200万儲かっていたのか、という気もしますが、これはまあしょうがない。2割近い運用益が出ただけでも良しとしないといけません。

 さらにネット関係の収入が昨年も20万以上ありましたので、これの明細を該当サイトで印刷。これが雑収入となり、これですべての収入が出揃いました。

 次に領収証の中から病院関係の費用を探し出し集計。本来は10万円ぐらいの収入で控除額が決まるようですが、低所得のためもう少し低くても、少し考慮されるようです。

 20枚近くあった領収書をすべて合計すると約7万ぐらいでした。

 さらに国民健康保険料の書類を探し出し、支払額をチェック。

 まだあります。私はユニセフにほんの少しだけ月々募金をしているので、その領収書で所得控除が出来ます。

 だいたいこれですべてですが、実はこれ以外に控除できそうな費用として、ネット接続料や独自ドメイン使用料も考慮できるのではないかと思っていますので、今日はこれを該当サイトで印刷しようかと思っています。

 実際の書類作成は国税庁の「確定申告書作成コーナー」というページでやっています。このページの良いところは、入力金額を手k聖な場所に入れることが出来れば、面倒な還付金の計算を自動でやってくれること。

 もう一つが、昨年作成した申告書類のデータの一部を使えること。これは助かります。だいたい1年も経つと忘れています。

 さらに作業途中で、入力したデータを自分のコンピューターに保管でき、そこから後日再び作業をはじめられるので、少しずつ確認しながら作業が出来ます。

 ただし初めての人は、専門用語が多いので戸惑うことも多いです。ただ慣れてくると作業は早くなるので、ともかく最初の1年目が肝心。ちなみにこのページで作業を行う場合は、ガイドブックの類は一切必要ありません。わざわざ買うのはもったいないです。


2015/02/25 10:33 確定申告 TB(-) CM(0)
 バンコク旅行に行っていた頃市役所から葉書が届いていました。内容は確定申告の時期が近づいたということのお知らせです。

 当然今年も私は確定申告を行わなくてはいけないと思っています。収めた税金はわずかですが、これまでほぼ申告どおり還付金が出ています。この金額も節約生活の中では結構大きな金額です。

 この時期になると、様々な確定申告関係の資料が揃ってきます。代表的なものは、収入関係で、職場からの源泉徴収表。私は昨年1~3月前と4月以降の勤務校が異なるため、これが2枚。

 さらに年金関係の書類。そしてこれは自主的に申告していますがネット関係の収入。この収入に関しては、該当サイトで明細ページを開き、これを印刷して申告書に同封しています。

 それ以外の資料として、保険関係、寄付金関係(今年は通常の毎月の寄付以外にエボラ出血熱関係で、わずかな額ですが寄付をしました)、投資信託や株式関係(まだ来ていないように思っていますが)があります。

 また自分で用意するものとして、病院関係の領収証。ただし今年は定期的な通院のみだったので、控除額の規定には届いていません。

 またネット関係の収入を得るために消費せざるを得なかった、ネット接続料金や独自ドメイン手数料等も、該当サイトで必要な書類を捜し、自分で印刷し添付しています。

 こういった書類がすべて揃った段階でネットを使って作成に入りますが、実際に5年間こういったことを繰り返して学習したことは、1年間に渡ってこういった書類が散乱しないように一ヶ所に集めておくという習慣を作る必要があるということです。

 私はポストに入っている郵便物はその日の内にチェックし、確定申告関係の書類があったら、自分で決めた保管場所にすぐに入れるようにしています。

 当たり前といえば当たり前の日常的な作業ですが、フルタイムの時は仕事が忙しく、そういった書類も結構散逸して、後で必至になって探すということがありました。

 確定申告そのものは、ネットで行うと、こういった書類が正しく揃っていれば意外なほど簡単に済みます。唯一面倒なのが株式関係。言葉が難しくて、毎年悩みます。

 最後は「まあいいか、こんなもんだろう」というように自分で納得してしまいますが、細かく見ると間違っている場合もあるかもしれません。

 しかしこれまでの経験で、収入も少なく、還付金もわずかな額の場合、税務署側も書類さえ整っていれば、それほど詳細にチェックする時間もないのではと思っています。

 だから適当で大丈夫ということを言いたいのではなく、日頃からきちんと書類を揃えて自分なりに納得した書類が作成できれば、先ず間違いなく相応の還付金が得られると確信しているということです。

 なおこの時期になると確定申告のガイドブックなるものが本屋さんに多数並んでいますが、ネットが使えるならほとんど必要ないです。どうしても必要だと感じるなら、図書館で借りると節約になります。
2015/02/07 10:42 確定申告 TB(-) CM(0)
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。