fc2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>
 未明に一度小用で目が覚めたのですが、トイレに行ってすっきりしたらそのまま寝込んで起きたのが7時近く。「良く寝たな」という充実感をちょっと感じました。

 このところ母親逝去後の諸手続きでちょっと精神的に忙しい思いをしていたため、脳みそもだいぶ疲れていたようです。起きて今日はストレッチを省略。

 暖房を入れて部屋が暖かくなるのを待って着替えて階下のリビングヘ。朝食は、今日は食パン。6枚切りのものを2枚。バターやマーガリンは付けずに、ブルーベリージャムをつけて食べています。

 おかずはスクランブルエッグ。食後に夏みかんを1個。洗濯をして旅行関連ブログの更新。11時ごろ一段落したので市民農園へ。若干北風が吹いていたものの、何とか我慢できる感じ。

 というか毎日少しずつ日差しの暖かを感じるようになってきました。畑の草取りを行い、はっと気が付いたら12時半を過ぎていてびっくり。

 とりあえず作業を中断してスーパーへ。ちょうど米がなくなってきました。あきたこまち10kgと夕食用の肉なんかを買って、ついでに今日の昼食用に弁当を購入。
 
 スーパーからガソリンスタンドによって給油。1Lが164円でした。ともかく高い!国はいろいろと手を打っているような感じですが、スタンドの実売価格にはそれほど影響していないように見えます。

 というか、影響していてなんとか164円になっているのか?実態が良く分かりません。帰宅したのが1時過ぎて昼食をたべて、今度は狭い庭に出て夏みかんの樹の枝の処分。

 なんだかんだとやっていたらすでに3時過ぎ。すでに日も傾き始め、3時を過ぎると急に空気が冷えてくる感じ。部屋に戻ってネットに接続。

 ヤフーニュースを見ると、私が老後の家計について関心を持っていることがクッキー等の情報から分かってしまうのか、高齢者の家計に関するニュースが多く表示されます。

 今日の記事は「月21万円」の年金で100歳まで生きる「恐ろしいほどの残酷」という表題が付いた記事ですが、私に言わせれば夫婦で月21万円あれば十分暮らしていけるのではと思ってしまいます。

 この手のニュースの根拠は、常に総務省の家計調査を参考にしているみたいですが、そこに書かれている家計支出の項目にいつも違和感を覚えます。

 夫婦二人で食費が65789円と書かれていますが、いったいどれだけ贅沢な食材を買っているんだと気になります。また家具家事用品が月10434円となっていますが、そんなに毎月家具ばかり買う必要はないし、日用消耗品だけなら、せいぜい3000円ぐらいで済みそう。

 さらに不思議なのが教養娯楽費が19239円。この中身を知りたいです。まあ奥さんがフィットネスジムに通えば、そんなもんかなという気はします。

 さらに分からないのがその他の消費支出が46542円とのことで、年間56万円ぐらいが使途不明?いったいその他の消費支出とは何だ?ということがいつも気になります。

 その他ですからその気になればこの消費はいくらでも削れるということになりそうで、そうなると、だから月々18525円が不足しているからどうたらこうたらと書かれていますが、そもそも80歳を過ぎたら消費支出が減っていくことも考慮されず、ず~っと同じ金額を一生消費するという前提で書かれているので、滅茶苦茶な論理だなと感じます。
 
 この手の記事をそのまま鵜呑みにして、よく分からないままに、だから投資だ!と先走ってしまうことの方がよほど問題だろうなという気がします。

2022/02/23 15:58 将来設計 TB(0) CM(0)
 だいぶ遅れましたが明けましておめでとうございます。とはいえコロナの感染拡大が本格化しているようで、あまりおめでたい年明けではなさそうな気もします。

 埼玉は連日快晴の日が続いていて、絶好の散歩日和だなと思うのですが、今日は朝から北風が強く吹いていて、出かける気力が湧いてきません。

 明日は関東地方南岸を低気圧が通過し、そのため関東地方に降雪が予報されているみたい。今でも寒いのに、これで雪が降り積もったらたまらんなあと感じますが、すでに日本海側では大雪になっている地方もあるみたい。

 一方世界を見渡すと、アメリカの東海岸は大雪だそうで、そこに1日で100万人を越える新型コロナの新規感染者数だそうで、とんでもない数です。

 またあちこちで火山が噴火したり大きな地震が起きたり、竜巻や大火災が発生したりと、何だか終末を思わせるような事件が増えています。

 これらのほとんどは地球全体の温暖化がもたらしているのだと解釈していますが、ではどうするか?と問われると、途端に考え込んでしまいます。

 二酸化炭素を少しでも減らすためには個人個人の努力が大事だなとは感じますが、そうはいっても日常生活に車が必要とか、旅行に行くなら飛行機でとか、寒い冬を乗り切るために暖房器具を追加と考えると、個人レベルでの努力もたかが知れているような気もします。

 とはいえ、何もしなければ今後も温暖化はどんどん進み、異常気象が頻発し、やがて異常が当たり前の世界がやってきそうな気もします。

 そうなったとき、あの時あれをしていればとか、あの時あれをやらなければと考えてみてももう遅い。まあ大変な時代になったものです。

 てなわけで、年末から年始にかけて、私は生活費や資産の変化を予測して、今後15年程度の新しいシミュレーションを作っていました。
 
 シミュレーションというとなんだか面倒そうですが、要は1年ごとの収入と支出を予想して、その差によって今後の資産の変化がどうなるかを予想した簡単な表です。

 収入は基本的に私の場合年金しかありません。支出の方はいつも書いているように生活費が11万前後。税金や保険料、車の維持費用が45万ぐらい。

 あとは臨時費用として、年間の旅行費用とか家電買い替え費用とかを考慮したものです。ただ今回久しぶりに作成して分かったことは、もはや車を買い替える費用はほとんどないということ。

 最後にもう1回新車を買って、なんて虫の良いことを考えていましたが、買い替え費用を200万、年間の維持費が車検代、保険代、その他の整備費用やガソリン代を考えると20万ぐらい。実に無駄な出費だなと感じました。

 てなわけで、今乗っている車が壊れるまで乗りつくし、壊れたらそこで終了。あとはレンタカーやタクシー利用。その他の日常生活は自転車かなと思っています。
 
 そうすれば二酸化炭素排出量も減りますね。あとは息子が家を出た後の私の生活費、主に食材費がどうなるかが目下の関心。現状4.5~5万の食材費が3万程度になるのかなとは思っています。

2022/01/05 14:09 将来設計 TB(0) CM(0)
  今日も寒い1日です。6時半に起きましたが室温は4℃ぐらい。すぐに煖房を入れて、しばらく待ってベッド上でストレッチ。リビングに降りてこちらも暖房。室温は3℃ぐらい。外気温はたぶん―3℃ぐらいではないかと思われます。

 朝食はパン。おかずは昨晩作ったカレー。市販のルーを使っていますが、肉は黒豚で、ルーにソースやケチャップ、砂糖、マッサマンカレーの粉なんかを入れたら、妙においしいカレーになりました。

 息子は昨日が仕事納めで今日から休み。まだ寝ています。食後は旅行関連ブログの更新作業。10時半ごろ一段落したので実家へ。

 母親の体調は良いみたいだったので、そこから大型スーパーへ。今年の正月は休みになるスーパーが増えているみたいで、その間どうやって過ごそうかと考えていたら、米がなくなりつつあることに気が付いて急遽購入です。

 まあ米さえあれば、冷蔵庫内の余り物で何とかなるなとは思ったのですが、一応正月用品として切り餅も購入。帰宅して昼食を食べ、ちょっと近所を散歩しようと思ったのですが、外気温がともかく低い。7℃ぐらい?

 てなわけで、メルカリに販売予定のCDを出品。その作業をしていたらいつの間にか2時半を過ぎていました。出品作業をしながらヤフーのニュースを見ていると、私の好みが偏っているのかシニアの貯金額とか団塊の世代の生活費にまつわるニュースがやたら多い。

 しかしその内容は、相変わらず老後に2000万円が必要とか、シニアの貯金額は〇千万とか、シニアの一か月の生活費は20万ぐらいという記述が多い。

 そんなこといくら情報提供しても、もとになっている数値が総務省の家計調査になっている以上、結論はほとんどかわらないようなきもします。

 しかもこの家計調査は、全体の平均額を無理やり算出しているうえ、個々の家計の家計状況が千差万別ですから、統計数値を自分の家計状況と比較しても意味がないなと感じます。

 結局将来を予測するためには、最初に現状を把握するしかないです。そのために一か月の支出額を調べるしかない。要するに家計簿ですね。また現在の資産(預貯金や有価証券の実額)を調べます。

 一方支出は年間で一方的にふんだくられる?税金や保険といった額の把握も必要。それらが分かってくれば、(預貯金額+年金額)を計算して、次に(家計費+税金保険料+家電の買い替えやリフォーム)といった支出項目を設定。

 そういった数値を表計算ソフトに入力して、全体の資産の増減を年ごとに把握すれば、将来計画のシミュレーションが出来上がります。

 それをやらずして、老後の2000万円問題を自分の問題として把握することは出来ません。なお、この計画で家庭の構成人数の変動は大きいなと思っています。

 我が家の場合は、来年2月か3月に息子が家を出ることが決まっていますので、そこから先は私はシニアの一人暮らしとなり、家計支出の変化が大きくなりそうで、この年末年始はそういったことを考慮した新しいシミュレーションが必要かもしれないなと思っています。 
2021/12/29 15:15 将来設計 TB(0) CM(0)
 今日の埼玉は、気温は低め。北風が結構吹いていました。花粉の飛散を感じるので、新型コロナ対策に加えて、マスクの必要性を感じるようになってきました。

 6時半に起きて、朝食はご飯。おかずは最後の鍋。ようやく完食です。小松菜の味噌汁を飲んで、食後にリンゴを1個。息子の出勤を見送って、今日は可燃物のゴミ出し。

 帰宅して各種ブログの更新作業。11時頃一段落。すぐに市民農園へ。農園周りを一周してスーパーへ。適当に食材を見繕って、最後にパンを購入。これが昼食。

 帰宅して急いでパンを食べて、12時半ごろからフルートの基礎練習開始。急ぐ理由ですが、今日は午後3時から先生宅でレッスンを受ける予定でした。

 というわけで、レッスンを受ける前に自宅で音出しを兼ねて練習。2時過ぎに練習を終え、先生宅へ。3時からレッスン開始。冒頭音出しを兼ねてロングトーンを行いましたが、我が家と先生宅ではフルートの音の響きが違うので、なんかいつも最初は戸惑います。

 先生宅の方が反響が多く感じられます。我が家の練習場所であるリビングには、いろいろなものが雑然と置いてあるので、そのせいで音の吸収率が高いのではと思っています。

 ロングトーンの過程で、姿勢についてアドバイスがあって、その通りにやってみたら音が劇的に改善。かなりびっくりしました。これまでは息の入れ方、息の量等に神経を使っていましたが、体の態勢そのものも音に影響を与えることが良く分かりました。

 1時間弱のレッスンを終え、先ほど帰宅。夕食準備までまだ時間があるのでこのブログを書き始めました。

 書きながらニュースを見ると、今日の日本の新型コロナ新規感染者数は809名となっていて、これまでは多くても700名台だったのに遂に800名を突破。
 
 累計感染者数(陽性者数)も10万名近くとなり、明日は10万名を越すはず。欧米では感染の再拡大が始まっているようで、新た規制を行う国が続出。

 そんな中、日本は陽性確認者数も重症者の数も欧米に比べて少ないみたい。しかし増えていることは間違いないし、これからの時期は、様々なキャンペーンの影響で出歩く人も増えるはずなので、今後も感染者増となることは間違いないと思っています。

 一方感染拡大に伴ってJALやANAも大きな打撃を受け、その他の会社でも経営不振で早期退職を促す企業が増えてきた感じ。数年前から早期退職に向けて準備をしていた人を除いて、今年になって突如早期退職の対象となった人も多いはず。

 そういった人は今後どうすべきなのか?すでに人生相談みたいなことが賑わっているようにも感じられますが、「どうにかなるさ」と安易に考えていると痛い目に遭うかも。
 
 もし早期退職の可能性があるなら、来年の3月までの五か月間で、現在の家計支出を把握しておいた方が良いと思います。私の場合は前年の8月ぐらいから準備を始めました。
 
 やるべきことは家計簿の作成、現在の資産の把握、予想される退職金の額、予想される年金額が必須。次にやるのが、早期退職後の仕事。

 やるのかやらないのか。正規か非正規か、フルタイムかパートか。会社勤めか独立か。自分が所持している資格は何か。実際の求人情報はどんな業種が多いのか?そのために新聞広告は現状把握の参考になります。

 またネットで求人情報を調べることも必要。調べてみると分かりますが、自分が思い描くような職業の求人は、今の情勢ではほとんどないと思った方が良いです。

 ましてや大企業の管理職クラスの人が、横滑りして中小企業の管理職になるなんてのはほぼ不可能のはず。他にも、退職後の保険料の値上がりとか、国民年金の支払い額とか、知るべきことは多数。
 
 その準備期間が五か月と考えた方が良いと思います。

2020/10/30 17:41 将来設計 TB(0) CM(0)
 今日は6時半起床。徐々にいつもの冬季の起床時間に近づいてきた感じ。朝食はパン。おかずは昨晩作った鍋の余り。鶏肉、大根、ニンジン、シメジ、白菜、長ネギ、豆腐等を入れました。

 つゆは、市販のもの。気温が下がってきてスーパーにも鍋つゆのパックが並ぶようになっています。ただその多くはミツカンやモランボン、ダイショーと言ったメーカーが多い。

 そんな中私が最も気に入っているのがヤマキから発売されている「軍鶏系地鶏だし塩鍋つゆ」という製品。スーパーによっては販売されていないこともあります。息子も、「この鍋はうまい」と言います。

 朝食を終えて息子の出勤を見送り、いつものように各種ブログの更新作業。合間に株価を見ると、アメリカは大きく上がったみたいですが、日本への影響は少ないみたい。

 持ち株の値動きは一進一退というかそもそも値動きが少ない。まあそんなもんだろうと思って、10時半ぐらいに更新作業が終わったので、実家に行って母親の体調を確認後市民農園へ。

 最初に農園周辺をウォーキング。自分の畑に戻って、かつて肥料を少し撒いておいた場所をスコップで掘り返して整地。この後ほうれん草の種を撒くか、玉ねぎの苗を植える予定。

 12時ごろ作業が終了したのでスーパーへ。昼食用のそばと夕食用の食材を購入。今日の夕食のメインのおかずは、畑でピーマンが大量に採れたので、これの消費を目指して牛肉とピーマンのオイスターソース炒め。というわけでちょっと高価な牛肉を購入。

 帰宅してそばで昼食。食後は昼寝。起きたら2時半。寝ているうちに雨が降ってきたみたい。「涼しくなったな」と思いながら起きて、ちょっと株価等を確認。

 3時すぎからフルートの練習。基礎練習を1時間。課題となっているエチュードを30分。残りの30分で、適当な楽譜を選んで自由に演奏。

 5時半ごろ練習が終了。その後は夕食準備。というわけでこのブログの更新作業。

 ちなみに昨日書いた今後15年間ぐらいで臨時に支出するお金の総額を計算。医療費が200万。介護費用が60万。葬儀50万。車200万。旅行費用650万。リフォーム100万。電気製品買い換え150万。

 全部合計すると・・・なんと1410万。これが生活費や税金等を除いた、私自身が今後15年間、豊かな生活を維持できる費用ということになりそう。

 ということは(今現在の年金収入+資産総額)-(通常の生活で支出する金額+1410万)の計算をすれば、今現在必要な貯蓄額ということになります。

 実際に計算してみると、節約生活を今後も続ければ、少し余裕がある感じ。残っていることでリスクがあるなと思うのは、家族への支援金の必要性が生じた場合と、今後のインフレリスクでしょうか。
 
 特に毎年毎年国の借金が増えている日本は、場合によってはハイパーインフレなんていうことが起こりかねず、その場合は上記の計算がすべてご破算。

 そういったことを予測すると、一定程度の外貨預金や、積み立て投資信託も残しておく必要があるなと思っています。

2020/10/07 20:13 将来設計 TB(0) CM(2)
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。