fc2ブログ
 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。
検索フォーム
全記事表示リンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>
 投票には行かれたでしょうか?結果はマスコミ等の事前の予想通りでした。ということで、今後も「この道しかない」という掛け声のもとに政治が行われるのだと思いますので、その方針に則って私もお気楽な生活を目指したいと思っています。

 先ほどハワイ関連の別のブログを書き終えたのですが、ハワイ関連のニュースを見ていたら、年末年始のJAL、ANAの海外旅行チケットの予約状況は前年比二桁増だそうで、休みの並びもよいせいか、円安の影響はあまりないのかも、と認識を新たにしました。

 要するに、海外に行ける人たちの家計というのは、表向き「値上げや増税で苦しい」と言いながらも、実はそこそこの収入も確保できている。だからこそ自民党が勝利するという構図なのかなと思えます。

 そのことをさらに突き詰めると、海外旅行はもちろん、国内旅行にもなかなか行けない方たちがいるはずで、その方達の家計に大きなしわ寄せが行っているというようにも思えます。

 そのしわ寄せがいつまで続くのか、現段階ではまったく不明で、いつかは良くなると信じるしかないわけですが、私のような年齢だと、良くなる前にこの世から存在が消えている可能性があります。

 幸いにも、私の場合早期退職時に予想した将来のシミュレーションと、現在の家計収支はほとんどずれがない生活を送ることができていますので、危機感はそれほどありません。

 今更ながら5年前の早期退職数ヶ月前の状況を振り返って見ると、現在の生活が維持できている理由は

1. 住宅ローンを返済しながらも繰上げ返済を行い、そこそこの貯金があったこと

2. 自分が予想していた金額とほぼ同額の退職金が支給されたこと

3. その退職金の一部で、住宅ローンの残債を完済できたこと

4. 早期退職後も非常勤講師の仕事やネットでの副収入が確保できたこと

5. 県や市から父子家庭に対して、予想以上の補助金が出たこと

6. 息子の教育資金や私のレジャー資金(海外旅行)を含めて、シミュレーションが出来ていたこと

7. 在職時に行っていた年金財形が家計を補助してくれたこと

8. 60歳から一部の年金を受給できる最後の世代だったこと

 
等々の条件がうまくかみ合って、割とスムースに早期退職に移行できたと思っています。しかも退職後はそれまでの体調不良がウソのように消えたことも大きいです。

 
 来年3月退職予定の方も多いと思います。この年末年始はその後の生き方についていろいろ考える時期かと思われます。仕事を離れて何をするか、旅行にでも出かけていろいろ考えてみるのも良いと思います。

2014/12/15 09:20 早期退職の理由 TB(-) CM(0)
  自分がまったく予想していなかった時期に家族が倒れてやむなく早期退職とか、仕事先そのものが倒産して退職せざるを得ないと言うような、まったく意図しない退職は辛いだろうなと思っています。

 我が家も、まさか「自分の妻が自分より先に、しかも私が在職中に命を失う」なんて事はまったく予想していませんでした。「私が75歳を過ぎて足腰が厳しくなった頃は、手助けしてね」と冗談交じりに話しをしていたことを思い出します。

 しかし幸か不幸か私自身の健康状態が子供時代から常に病気がちだったため、60歳まで勤めるのは無理だろうという自嘲をこめた予想をしていました。そのため、事態が切迫してきたときも、精神的に辛かったものの、ある程度の気持ちの準備が出来ていたというメリットはあったようです。

 その準備とは、度重なる繰上返済によって、当初75歳で完済となる住宅ローンの完済年を、60歳定年時ぐらいまでに短縮できていたこと。

 同時に、退職後は旅行好きの妻と共に世界一周旅行等を楽しみたいなと思っていたので、そこそこの貯蓄があったこと。

 さらに公務員という立場でしたから、ある程度の退職金が確保され、たまたま私の年齢が60歳から一部の年金支給を受ける最後の年代だったこと。

 これまた良いことか悪いことか分かりませんが、子供が息子一人だけで教育費が少なくて済んだこと。等々の条件が重なり、最後は何回も書いていますが、それでも家計が破綻するようなら今住んでいる持ち家の売却も視野に入れて早期退職を決断しました。

 当然ながら、57歳で早期退職後、昨日の記事にも書いたように、3年間全くの無収入と言うこともあり得るなと思い、もしそうなったら3年間で生活費として年間300万×3年=900万の資産が失われるなとも思っていました。

 さらに息子の大学進学費用もあり、それらをすべて勘案して将来をシミュレーションしたとき、資産がマイナスにならないかどうか、というのが経済的な面での決断の分かれ目だったと思います。

 幸いなことに、これまでのスキルを活かせる非常勤講師という仕事をすでに4年間続けることが出来ました。在職中にお世話になった方から、講師の仕事があるよ、と勧誘を受けたこともあり、人間関係は大事だなと改めて思っています。

 というわけで、まったく予想も出来ない突発的な退職の場合は厳しいと思いますが、私の感触では2年以上の余裕があれば、その間にかなり周到な準備をすることが出来るように思います。

 ただその際情報をネットで得るだけでなく、実際に自分で市町村役場の制度を聞きに行ったり、税務署で確定申告の方法を聞いたり、場合によっては友人知人の知恵を拝借したり、職業安定所に出向いたり、といった、自分のカラダを使っていろいろと活動することが必要だろうと思っています。

 誰かが何とかしてくれるだろう、自分じゃあどうにも出来ない、という姿勢だけだと、現状の日本では生活は苦しいだろうなと思います。
 
2014/02/25 09:58 早期退職の理由 TB(-) CM(0)
  早期退職関連のこのブログを書き始めて3年半ぐらいでしょうか?時々、すでに退職された方、これから早期退職予定の方からコメントや励ましの言葉を頂き感謝しています。

 私の場合は、早期退職直前の数年間、かなり精神的に追いつめられ、それが身体症状にまで表れるようになっていましたが、3月から4月になった瞬間、それらの不快な身体症状や精神症状が霧のように消えていき、自分でもそれまで抱えていたストレスの大きさにびっくりしました。

 そんな中、上にも書いたように、マスコミではあまり取り上げられませんが、かなりの数の方が早期退職を希望、予定、またはすでに実行されているんだなと言う感触を持っています。

 幸いにも、私のブログにコメントを寄せていただいている実行済みの方のほとんどは、早期退職がうまくいっている方が多いように思います。 

 すでに海外移住も行っている方からのコメントも頂いていますので、「なるほどなあ。先をきちんと予想して行動している人も多いんだな」と実感しています。

 とはいうものの、早期退職をしたいけど出来そうもないとか、実行したけど後悔しているという方もいるだろうなとも思っています。

 そこでちょっと視点を変えて、早期退職で失敗する場合の要因を、ネットで探ってみることにしました。以下順不同で、今回は再就職に関して箇条書きにしてみました。

・ 退職後の再就職企業が見つからない、若しくは自分で見つけられない

・ 退職後に立ち上げた起業で失敗

・ 事務職や営業職だけを経験してきたために、応用が効かない

・ 就職に有利と思われる特別な資格を取得していない

・ 採用する予定がないのに、求人広告を出す企業もある

・ 職務の内容が不明確で、就職後にまったく違った業務をさせられる

・ 早期退職後の仕事について、具体性を欠いたまま早期退職してしまった(させられた)

・ ネットの時代になり、昔の営業職のスキルが通用しなくなった

・ 早期退職後年収が激減した

・ 多額な退職一時金で無駄遣いしてしまった

 調べてみるといろいろ出てきます失敗例は参考になることが多いです。今後早期退職を予定している方は、成功例でなく失敗例もあらかじめよく勉強しておくことが必要であるような気がします。

 最悪、まったく無収入でもぎりぎり何とかなる、と言う確信が持てないと、なかなか最後のステップには踏み出せないと思われます。
2014/02/24 10:16 早期退職の理由 TB(-) CM(0)
  数回の誤差はあると思いますが、第1回から書き続けて1200回まで来ました。今過去ログを確認したら、第1回は2010年の6月でした。およそ3年半(43ヶ月)書き続けていることになります。

 1200回を43で割り算すると、約28回という答えが出てきました。だいたい毎日1記事を書いて、2記事以上を書いたことはよほどの事がない限り無かったと思うので、まあコツコツと続けてきたなという印象です。

 私のここまでの経歴を改めてちょっとまとめ直すと

1978年4月:新卒教員としてデビュー、途中いくつかの学校を経験して、いつの間にか30年近くが経過

2007年6月:妻が想像もしなかった、名前も聞いたことのない悪性の病気で入院

2009年2月:約2年間の闘病後、40代の若さで他界。この間私も神経をすり減らしました

2009年8月:退職セミナー等に参加し、早期退職の可能性を探っていました

2010年3月:闘病支援と家事、職場の激務、上司の無理解が重なり、1年間頑張りましたが体調不良を感じ57歳で早期退職

2010年4月:すべての役職から解放された開放感を存分に味わいました。それまでの体調不良がウソのように消えていきました。

 同時に精神的に負担にならない範囲で仕事をした方がよいと判断。運良く3月に非常勤講師の職が見つかりましたので、週3日間勤務という「お気楽」な生活が始まりました。

 ただし精神的に「お気楽」なだけで、家計はどうなるのかという不安がありましたので2009年の夏以降に家計簿もどきを付け始め、将来のシミュレーションを始めました。

 と同時に非常勤講師だけでなく、負担にならない範囲でネットで収入を得る方法を勉強。まあなんとか数万の単位で収入が続いています。

2013年4月:それより数か月前に60歳になっていました。幸いにも一部の年金を受給できる最後の年代で、早期退職後3年間は赤字の垂れ流し状態でしたが、昨年から少し収支が改善。

 しつこく書いている家計費とどうしても必要な税金、年金、さらに私の趣味である旅行費用の総額と、年金+非常勤講師+ネットの副収入の総額がほぼ均衡を保つようになり、資産の減少が少し食い止められました。

 しかし徐々にではありますが、諸物価値上がりの影響をじわじわ受けつつあるようにも感じ始めています。

2014年1月:これが今現在。年金生活1年目がなんとか無事に終わろうとしています。この後2月には確定申告をする予定です。

 通常なら必要ない作業ですが、ネットの副収入が年間20万を越していますので、やった方がよいだろうという判断です。また昨年は5年ぐらい前から積み立てていた投資信託がプラスになったので、いったんすべて売却。多少利益を得ましたので、その関係もあります。

 さて今年はどうなるか?4月以降の仕事の有無によって家計は大きく左右されます。大学時代の友人からも年賀状をもらっていますが、60歳を越して、ほとんどの人が働こうという意志を持っているみたいです。

2014/01/08 11:02 早期退職の理由 TB(-) CM(2)
 早期退職の場合は、体調不良で退職した場合を除いて、まだ働こうという意欲や体力のある方も多いと思います。当然ながら早期退職をする前から、退職後の経済状況を考えて、仕事についても調べておかないといけないと思います。

 私の場合はきっかけは妻の他界による精神的ショックですが、その後仕事の忙しさと家事との両立が困難になる中で、徐々に精神的に追いつめられ、自律神経失調症のような症状を呈したため、早期退職に踏み切りました。

 幸か不幸か、昔から自分は体が弱いという自覚があったため、こういったことが起きる前から早期退職について関心を持って将来の経済状況について考えていたこともあり、退職前後の動きは割とスムースに進んだように感じています。

 ただやはりやめるに当たって、仕事はどうするのか?将来の生活設計はどうするのか?ということが一番気がかりでした。

 フルタイムの仕事で体調を崩して早期退職をするわけですから、新たな職場がまたしてもフルタイムで、さらに忙しいなんて言うようなことがあったら、生活はますます悲惨になりますので、当然仕事選びは慎重になります。

 かといって何もしないでフラフラしているのでは、経済的な困窮度が高まるのは明白で、なおかつ家に籠もってしまっては社会との接点も失われ、場合によっては認知症にもなりかねないなと思え、兼ね合いが難しいなと感じていました。

 しかし、まったく仕事がない、という可能性も考えておかないと、生活が破綻する可能性もあります。その意味で、最初に作った将来設計シミュレーションでは、まったく収入がない場合等に、将来がどうなるかという生活シミュレーションも作りました。

 つまり手持ちの貯金+退職金+年金から住宅ローンの残債や、今回行った家のリフォーム代、息子の教育費、車の買い換え費用等というものを、必要になる年度ごとに引き算し、それで手持ちの資産がプラスを維持できるかどうかと言う計算です。

 一方同時に家計簿をつけるようになり月々の支出を把握。さらに年度ごとに請求が税金や保険の領収証を保管し、シミュレーションに加えていきました。

 今も2009年の早期退職直前に作ったシミュレーションがエクセルのファイルで残っていますが、この時の生涯の資産の動きを見て、マイナスになることがなさそうだ、と分かったことにより早期退職の決意が固まりました。

 つまり精神衛生上はよくないものの、何も仕事をしなくても節約生活をすれば、ギリギリなんとか生きていけるという目処がついたと言うことです。

 またそれでも万一不測の事態が起き、とてつもない出費が必要になったときどうするか?という不安はありましたが、確率的には少ないものの、もしそうなったら自宅を売却して何とかしよう、というところまで考えていました。

 それから3年以上が過ぎ、当時をたまに振り返っていますが、基本的に現在の自分の体調をみても、現在の家計の経済状況を見ても、この時の判断は正しかったなと思っています。

 今はお気楽な生活を楽しんでいますが、それ相応の下準備をしてきたということです。ちょっと自慢に聞こえるかもしれませんね。
2013/05/27 10:23 早期退職の理由 TB(-) CM(0)
プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづっています。

 よろしくお願いいたします。