父子家庭で早期退職をしたおじさんのお気楽生活日記

 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。

第2546回 シルバー人材センターの仕事で感じること

 今日は6時20分起床。朝食はパンを買ってあったのに、何となく余ったご飯が目について、これに昨晩作った牛丼の肉や汁、さらに目玉焼きをのせて食べてしまいました。

 しばらくしてから今日は朝はパンにして、午後はゴルフ場の仕事があるので、昼は簡単に牛丼を食べようと昨晩考えていたことを思い出し苦笑です。

 食後はいつものように旅行ブログの更新。順調に書き進んで11時半頃一段落。ちょっと早いなと思いながら、昼にパンでは力仕事が出来ないなと思ったので、急遽パスタを茹でて、レトルトのボロネーゼをかけて食べました。

 ちょっと休憩後、ゴルフ場へ。一緒に働いている方ともだいぶ打ち解けて、いろいろと雑談をするようになっています。一方この仕事を始めてやる我々に対して指導助言をしてくれる、同じシルバー人材センターで働く高齢の方もいるのですが、この方たちは普段から動き回っているせいか実に元気。

 たぶん70歳前後だと思われますが、テキパキと仕事をこなす様子は、若い人と全く遜色がありません。その意味では、人材不足を補うために、高齢者も70歳まで働けるとする政府当局の考えは正しいような気もします。

 しかし一方で、私の母親が大腿部骨折で入院しているリハビリ病院に行くと、様々な理由で体の一部に不具合が生じ、それを何とか少しでも動かそうと懸命に努力している高齢者も多数います。

 両者の体力差はとんでもなく広いなと感じているのですが、その中間あたりに私は位置するのかなと思っています。実際今の仕事は体力を使うので、これまで割と知的な仕事が多かった私にはかなり負担が大きいなと感じます。

 また働いている若手の従業員さんは、我々が高齢であることを理解していて、割と丁寧に接してくれるのですが、逆にリーダーとなっている高齢の方から見ると、よたよたと歩き回る私のような体力無し高齢者の存在は、仕事の能率に響くと感じるようです。

 またこういった方たちは現役時代からゴルフ等のスポーツ競技や体力を使う仕事もしていたようで、いわゆる体育会系の匂いを感じます。 

 今回の仕事は、数名が声を掛け合って協力して力を入れる必要があり、そこに一人もたつく人がいれば全体の足を引っ張ります。そうならないように努力しているつもりでも、ベテランのかたからみれば我々初心者の動きはトロイと思われているようで、それが言葉の端々に感じられるようになりました。

 労働の対価として一応なにがしかの金銭を貰う予定もあるので、引き受けた仕事はきちんとやらないとと思っていますが、現実は厳しい。1000円のお金を稼ぐための労働は大変だなとつくづく感じます。

 とはいうものの私の場合、もともとが収入の額ではなく、社会との接点やコミュニケーションの必要性を感じてやってみた仕事ですから、額の大きさにはあまりこだわっていません。

 というわけで、今日もある意味必死に体を動かし、私にとっては充実した午後だったなと思っていますが、これを3月以降も続けるか?と問われたら、私には無理ですと答えるような気がしてきました。(今回の契約は2月までです)

 ネックになるのは、グループで行う仕事が多いと言うことで、マイペースでのんびりできる仕事が良いなと思うのですが、シルバー人材センターに依頼される仕事は体力仕事ばかりが目につきます。  



 

第2545回 時間が駆け足で過ぎていきます

 朝6時半に一度目が覚めましたがやけに眠い。やはり昨日のゴルフ場の仕事の疲れが残っているんだなと思い、ちょっとウトウトしていたら、7時の目覚ましで起床です。

 カーテンを開けたらオレンジ色の太陽光が飛び込んできました。ちょっと遅れたので、いつものストレッチは無し。すぐに階下のリビングに降りて暖房をオン。

 洗顔を済ませて朝食はご飯。おかずは昨晩作った豚バラと大根の炒め物。これにワカメと豆腐の味噌汁をつけて食後にリンゴを1個。「寒い」と叫びながら自転車で出勤した息子を見送り、今日は可燃物のごみの日だったので、家中のごみを集めて集積場へ。

 途中の地面は真っ白になっていて、かなり冷え込んだなと感じましたが、数年前によくみられた車のフロントガラスが霜で真っ白になっているようなことはありません。その意味では、冷え込んだと言いつつ、例年より暖かいのかもしれません。

 食後はすぐに旅行ブログの更新作業。今日は書くことがあまり思い浮かばずちょっと苦労しました。一通り終了したのが11時頃。その後向かったがの、いつも高血圧の降圧剤を処方してもらっている診療所。

 11時半ごろ診察。寒いせいか血圧も高め(160/95)でしたが、家での値(125/80ぐらい)を伝えて、いつもと同じ薬をもらってきました。

 帰りがけに手作りパン屋さんのお店によって、昼食用のパンを購入。この辺りの地元ではちょっと有名なパン屋さんです。ただその分値段も高く、1個が200円前後します。

 1食で私はだいたい3個食べるので、昼食代は600円ぐらい。いつもは300円ぐらいと計算しているので、高級ランチですね。帰宅してお湯を沸かし、ネットで購入したおいしいアールグレイを淹れて食事。

 食後向かったのが、母親が大腿部骨折で入院している病院。すでに二か月半以上経過し、自然治癒を選択したので療養が長引いたものの、骨はきちんと癒着。

 今週末に2泊3日の外泊(実家に戻ると言うことですが)が許されたので、その打ち合わせを兼ねて行ってきました。行ってみると、今日は午前中にリハビリが連続してあったようで、大分疲れた顔をしていました。

 それでもそういったリハビリの成果なのか、一時期在宅酸素療法の酸素濃度が毎分1Lになったのですが、今は当初の0.5Lに戻っています。

 というわけで、ああだこうだという愚痴だか噂話だか分からない話を1時間ほどして、帰りの途中でスーパーへ。今日は何となく牛丼が食べたくなったので、牛肉の細切れ購入。

 他に朝食用のパンや卵、さらにお昼用に紅シャケなんぞを買って、合計が1650円ぐらい。目標値をオーバーしましたが、牛肉は明日も使える量なので、「まあいいか」と納得です。

 帰宅したのが4時。朝起きてから朝食、ブログ、診療所、昼食、母親の病院、スーパーと動き回って、すでに日は傾いています。この後5時を過ぎたら、おいしい牛丼づくりに挑戦し、夕食を食べて1日が終了。

 いやはや、ちょっと前に「新しい年が明けた」と思っていたのに、すでに1月の半分は終了。時間が駆け足で過ぎていきます。
 

 

≪ BackHomeNext ≫

検索フォーム

全記事表示リンク

スポンサードリンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

私の管理する個人サイトです

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづろうと思っています。

 よろしくお願いいたします。