父子家庭で早期退職をしたおじさんのお気楽生活日記

 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。

第2117回 1日の時間の流れが早すぎる?

  昨日はリハビリ、筋トレの日で、結局このブログの更新ができませんでした。このトレーニングは水曜日と土日のいずれかで週2回行っているのですが、往復の移動も含めては1日の内3時間ぐらいが必要です。

 だいたい起きている時間が15時間ぐらいあるわけですから、仕事をしていなければいくらでも余裕がありそうです。しかし3食を食べる時間が正味1.5時間ぐらい。

 その準備や調理に要する時間は3食で2.5時間ぐらい。まあ手際が悪いのかもしれませんが、少なくとも2時間は必要だと思われます。

 さらに食べた後の食器片付けや食器洗い。これが3食で1時間。食洗器を使えばもう少し短い時間で済むのかもしれませんが(我が家は手洗いです)、食洗器に入れたりだしたりという手間も必要です。(以前は使っていました)

 そう考えると、日々3食をきちんと食べようと思っただけで、その時間は1日5時間ぐらいかかっているような気がします。さらに食材をスーパーまで買いに行く必要があるわけで、往復移動だけで0.5時間。

 スーパー内をうろついている時間を0.5時間と少なく見積もると、これだけで1時間。私の場合は出かけたついでに本屋さんや図書館、その他の些末な用事をこなすことが多いので、これが0.5~1.5時間。要するに最低2時間ぐらいが買い物に必要です。

 これを上記の食事の時間にプラスすると7時間。残りの8時間が自由時間?フルタイム勤務の時から比べると、実に自由時間が多いなと思えますが、家で生活しているとこれに掃除、洗濯、片付け等の雑用がプラスされます。

 という事は、これらの雑用を1時間として残りが7時間。ここからようやく私独自の時間消費となるわけですが、大きいのは今やっているこういうブログ書き。一つの記事を書くのに1時間ぐらい?

 まあ好きでやっていることで、ほんのわずかですが副収入につながっていますので、ある意味楽しみになっています。このブログですが、メインに書いているのは、このブログと、ハワイとバンコクの旅行関連、そして自身の健康関連の4本。

 他に暇があったり話題があったりすると書いているのが料理関連や買い物関連。これらを全部書いていると4~5時間ぐらいが消費されます。

 この時間を7時間から引き算すると、残りは2~3時間。という事はリハビリや筋トレで3時間費やすと時間が足りないという事になります。同様にウォーキングや家庭菜園の世話をしていると、やはり時間が窮屈になります。

 1日をどのように過ごすかというのは、老後の大きな問題ですが、その昔若い時に想像していた、縁側に座ってお茶を飲みながら庭の草木を眺めて1日を過ごすという生活とは大きな違いがあるような気がします。




 

第2101回 株式投資、夕食のおかず

 今日も午前中は旅行ブログの更新。ついでにちょっと株式投資。このところ方向感のない相場が続いていますが、逆にこういう相場の方が安心できますね。

 折角これは良い銘柄だと思って買った株なのに、周りの環境につられてジェットコースターのように株価が上下したのでは、ジェットコースター以上に心臓によくないようです。

 ある一定の範囲で上下動を繰り返しながら、業績が良ければ少しずつ株価が上がっていくというのが理想的です。ただ上下動が少ないと、売買のタイミングもまた難しい。

 チャートを見て下に突っ込んだとか、上に突き抜けたといろいろな評価をすることによって、そこから未来の株価を推定する努力が行われているようですが、これはやっぱり無理だろうなというのが最近の感覚です。

 ただ好きな銘柄というのは売買を繰り返していると出てきますね。たまたま買って利益が出た銘柄で、そういった経験が数回積み重なると「この銘柄とは相性がいいかも」なんて言う思い込みができます。

 しかしうまくしたもんで、そういった思い込みで売買を始めると手ひどいしっぺ返しをくらい、「やっぱりだめじゃん」という事になります。

 というわけで、上がっても下がっても冷静に熱くならず対処しようと心がけていますが、上下動が少ない時は気持ちも穏やかになるような気がします。

 午前中のブログ更新と株式投資の作業を終え、午後は買い物。最近もっと工夫しておいしいものが食べたいと思うようになり、図書館からレシピ本を借りてきて熟読。

 まあおいしそうなものが並んでいますが、中には特殊というかあまり名前を聞かない食材や滅多に使わない調味料が使ってあったりして、折角「これはうまそうだぞ」と思っても、作る段になるとなんか面倒だなと思えるものが多いです。

 しかもこれでもかと言わんばかりの種類で、結局どれがおいしいのか目移りして、最後はいつもの定番メニューに戻ってしまうという事を繰り返しています。

 ところがリハビリ病院の食堂の片隅に置いてあったオレンジページという雑誌が意外に面白いという事に気が付き、退院直前にパラパラとみていました。

 ただ食堂ですから不特定多数の人が出入りして、60代のおっさんが一心不乱にレシピを眺めている姿もちょっと情けないなと思い、雑誌の名前だけ憶えて退院しました。

 というわけで、退院後これを読みたいなと思って近所の図書館に行ったのですが、人気があるのか古い本もすべて貸し出されていました。

 よしそれじゃあと考えて、アマゾンで検索。アマゾンには古い本も売られていて、最安値は1円となっています。特集の内容をよく吟味し、先日試しに1冊買ってみました。

 それが昨日届きました。昨年の夏に発行されたもので、売れ残りだと思いますがほぼ新品同様。値段はちょっと高価で2円でした。これに250円ぐらいの送料が必要になります。

 3日後ぐらいに送られてきた雑誌はページの折り目もなく、誰かが一読したという形跡もありません。本来なら定価600円ぐらいの雑誌のようですが、半年で2円になってしまうのでは出版業界も大変だなと思います。

 というわけで、今日は折角購入した雑誌ですから、その中から簡単に作れそうなナスと豚肉のレシピを選び、先ほど材料を買ってきました。

 きょうのおかずは昨晩のカレーの残りとナスと豚肉の炒め物、キューリとワカメの酢の物という事になりそうで、味噌汁だけまだ中身が決まっていません。

 クモ膜下出血以来、食事の内容にかなり神経を使うようになり、コレステロールが増えそうなものは極力減らしていますので、なんとなく質素なイメージですが、結局食べて腹が膨れれば何を食べても同じですね。


 

≪ BackHomeNext ≫

検索フォーム

全記事表示リンク

スポンサードリンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

私の管理する個人サイトです

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづろうと思っています。

 よろしくお願いいたします。