父子家庭で早期退職をしたおじさんのお気楽生活日記

 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。

第518回 生活保護費の受給額が多すぎる?

 生活保護費の改革案が示されましたが、その趣旨がよく分かりません。基本的には生活保護受給者数が206万人に達し、過去最多となり、その給付費用が多すぎるという問題が根幹にあります。

 確かに単純計算で206万人に毎月10万円ずつ支払えば、その総額は毎月2000億円に達します。これ以外にも医療費全額補助とかがありますので、新聞に寄ればその総額は年間3.4兆円だそうで、これが勤労者の税金で支払われているわけです。

 ちなみに平成20年度の一人あたりの受給費総額は、様々な補助を含めて14万円ぐらいです。正直なところ、これはかなり高額に感じられます。と言うのも自分自身が早期退職をして生活費を切りつめて一人だけで生活すれば10数万円でも暮らしていけるという感触を持っているからです。

 自治体としては、この総額をなんとか減らすために、不正受給の防止や査定基準の厳格化を行っているようですが、折からの不況と若い方たちの就職難により、受給者は増える一方ということなのだと思います。実際20~60歳ぐらいの、まだ充分働ける方たちの受給率が少しずつ増えているようです。

 一方新聞の折り込み広告では、毎週のように求人が出ています。町の片隅に置いてあるフリーペーパーにも多数の求人が出ています。にもかかわらず、何故受給者が増えるのか?なぜ働かないのか?

 つまるところ時給の問題が大きいのかなと思います。時給800円で8時間働いても6400円。これで25日間働いても160000円。ここから税金や保険料が引かれると、場合によっては生活保護費の方が高くなります。

 であるなら、わざわざストレスが多く、人間関係で嫌な思いをしながら働くより、市役所に出向いて公的な手続をした方が、気が楽です。

 人間誰しも楽にお金を得たいと思いますから、これは当然かなという気がします。特に自分自身の人生に嫌気がさしているような人は、生活保護費をもらって適当に暮らしていればいいや、という投げやりな気持ちになりがちだと思います。

 その意味では、酷だとは思いますが、20~60歳までの人たちへの受給額は、職業訓練の出席云々より、ともかく受給額そのものをもう少し減らしても良いのではないかと思います。そうでないと、時給800円で必死に働いて生活を維持している人が可哀想に思えます。(私の教え子にもそうゆう子がいます) 
関連記事


 

≪ 第519回 風呂給湯器が突然故障、交換費用が・・・ホーム第517回 ボーナス支給と貯蓄率 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

検索フォーム

全記事表示リンク

スポンサードリンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

私の管理する個人サイトです

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづろうと思っています。

 よろしくお願いいたします。