父子家庭で早期退職をしたおじさんのお気楽生活日記

 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。

第2513回 シニアの旅行は、健康維持にも繋がるかも

  バンコク旅行三日目です。現地時間の7時に起きました。今日は二つ目のホテルへの移動日なので、朝食後スーツケースの整理をして、バンコク関連ブログを更新したところです。

 だいたい旅行開始三日目あたりに疲れがピークに達します。その後は旅行という特別な日々に少しずつ体が慣れていく感じ。逆に言えば、三日目に無理をすると、以後の旅行が不愉快なものになるなと感じています。

 今回はこの三日目がちょうどホテルの移動日と重なり、午前中は部屋でのんびりスーツケースの詰め込みをして、ブログの更新作業。

 ちなみにバンコクはそれほど大きな街ではないので、無理にホテルを移動する必要はないのですが、いろいろなホテルを体験したいなという気持ちがあります。

 今回のホテルはまだできたばかりで、どこもかしこも真新しいのですが、ホテル運営としてはまだスタッフが慣れていないようでした。
 
 とはいえ、1泊9000円前後で、広さ50m2ぐらいの1ベッドルームの部屋に宿泊できるのはバンコクならではです。単純に物価は日本の半分ぐらいという印象です。
 
 とはいえ、この10数年でバンコクの物価はかなり上昇。経済的な発展もあり、初めてバンコクに来たときは、物価は日本の5分の1だなと感じました。
 
 当時は海外で年金暮らしというようなキャッチフレーズで、マレーシアやタイに移住する人が多数いました。私もそういったプランを考えたりしましたが、結局その間に妻の病死や私の早期退職、息子との父子家庭生活が始まり、実現できず。

 しかし今となっては、こうやって日本に拠点を置きながら、数か月ごとに海外に行くのを楽しめる環境となり、まあ成るようにしかならないけど、それでもまあなんとかなったかなという感覚を持っています。

 ちなみに何回も書いていますが、旅行に行くと普段とは違う環境に身を置きますから、様々なことで刺激を受けます。つまり意図しなくても脳細胞に様々な刺激が与えられます。

 また基本的には旅を楽しむために動き回ることも多いので、運動にもなります。さらに現地の人とのちょっとした英語のやり取り、私の場合は中学生英語程度ですが、もともとが無口なので、意外とこれが刺激になります。

 ホテルのチェックインやチェックアウト、タクシー運転手さんやレストランの店員さんとのやり取り、最初の頃はおっかなびっくりでしたが、今は何とかなることが多い(ならない場合ももちろんあります)と感じています。

 というわけで、「行けるときに行かないと後悔する」といういつものキャッチフレーズを心の中で唱えながら、今日は最近オープンしたバンコク1の高さ(300mぐらい)の展望台があるマハナコンというビルのオープンエアの屋上からの景観を楽しんできました。 

関連記事


 

≪ 第2514回 下流老人に転落する可能性が年々上昇?ホーム第2512回 バンコク二日目、これから市街地観光に出かけます ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

検索フォーム

全記事表示リンク

スポンサードリンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

私の管理する個人サイトです

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
82位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづろうと思っています。

 よろしくお願いいたします。