父子家庭で早期退職をしたおじさんのお気楽生活日記

 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。

第2495回 米中間選挙で感じること

 今日は7時の目覚ましで起床。サボり癖がついてストレッチは無し。カーテンを開けると曇り空でがっくり。着替えを持って階下に下り洗顔、そして朝食準備。

 合間に雨模様ではあるものの、洗濯物がたまっていたので、室内で陰干しをすることにして洗濯。朝食はパンですが、昨晩はスーパーの弁当だったのでおかずがない!

 というわけで急遽ゆで卵を2個作り、食後にミカン。先日の特定検診結果の面談で、このところ少しアトピー性皮膚炎が出ていますと女医さんに伝えたら、「果糖の影響が大きいです」とのことだったので、リンゴばかり食べていても良くないなと反省です。

 食事をしながらテレビを見ていましたがアメリカの中間選挙の話題が多い。私も関心を持ってみていますが、移民問題は実に面倒だなと感じます。

 日本でもちょうど移民政策ではないかと疑念がもたれている外国人労働者の受け入れについての法案が審議されています。「まあ誰とでも仲良くしたらいいじゃないか」と私も思うのですが、周辺地域に外国人が多数住むようになったらどう感じるだろうか、なんてことを考えると気持ちは複雑。

 それ以前に、最近は住まい環境を守るために、保育園は嫌だ、ごみ処理場も嫌だ、葬儀場も勘弁、さらに児童養護施設だったでしょうか、こういった施設も認めたくないという雰囲気が広まっているようで、そういった気持ちを私も若干理解できるだけに、本当に難しいなと感じます。

 沖縄の基地問題も、米軍基地を減らすべき、出来れば国外へという思いもありますが、それが無かったら国土の防衛は?とか、さらに基地が自分の住んでいる地域に来たら、と考えるとやはり気持ちは複雑。

 そんなことは一切知らん、勝手にやればいい、なんて思っていると、いつの間にか思っても見ないことが身の回りで起きるということはよくあることです。

 というようなことをテレビを見なが考え、さらに新聞を熟読。途中で息子の出勤を見送りましたが、しばらくして電話。急に激しい雨が降ってきたということでユーターン。結局車で私が送迎。

 一段落したところでブログの更新作業。途中で株価を見たら今日は上昇。昨日積み立てているセゾン投信の一部の解約を申し込みましたが、約定日が確か明日の7日と書いてあったと思うので、ここ数日で価額が上がると良いなあと思っていました。

 11時半頃作業が終了したので、昼食と今日のおかずを購入するためにスーパーへ。今日は鍋にして、冷蔵庫内の野菜類を一掃の予定。しかし野菜だけでは味気ないので、鶏肉、ツミレ、ホタテなんぞも追加で購入。

 昼食は総菜コーナーの野菜のかき揚げと茹でうどんを使って、総額200円程度の天ぷらうどんということにしました。

 いったん帰宅して昼食を食べ、午後は雨が降っていたので車で近くのショッピングモールへ。雨にぬれずに館内ウォーキングです。当然ながら購入したものはなし。

 3時半頃帰宅して、今日は病院の見舞いは無しなので(月水金と土日いずれかというように妹に伝えてあります。妹は火木と土日いずれかの予定)ネットに接続し、国内旅行のホームページ「国内旅行あれこれ」の編集作業を少し。

 一段落したのでこのブログの更新という流れで、外を見ればもう暗くなっていて、ほぼ1日が終了。飛ぶように毎日が過ぎていきます。

 そういえば先日シルバー人材センターから登録証が送付され、12/5に出席しないといけない勉強会があるという連絡の手紙が昨日きました。結構面倒な手続き(儀式?)が必要なようです。

関連記事


 

≪ 第2496回 米中間選挙終了、それよりも我が家の母親の今後が心配ホーム第2494回 風邪は咳払い程度になり、日常生活に復帰 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

検索フォーム

全記事表示リンク

スポンサードリンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

私の管理する個人サイトです

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづろうと思っています。

 よろしくお願いいたします。