父子家庭で早期退職をしたおじさんのお気楽生活日記

 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。

第2432回 銀行が進める投資信託には不信感があります

  気温が低くなり寝やすかったものの、湿度は高いようで体調はいまいち。明け方トイレに起きてからは眠りの浅い状態が続き、なぜか記憶に残るような夢を見ていました。

 今はもう全く親交のない、当時親しかった同僚が突然現れてびっくり。普通はそのまま忘れてしまうはずですが、目が覚めてからもちょっとだけ記憶が残りました。

 というわけで、何だかもうろうとした状態で今日は少し寝坊。6時50分に起きて朝食。パンを食べて、おかずは昨晩作った豚肉とナスの炒め物。前回作ったときはネットのレシピを参考にして、そこに庭の1坪家庭菜園にできていた唐辛子を追加。

 想像以上においしかったのですが、今回はうろ覚えでたれを作り、庭の唐辛子も熟成しきっていなかったようで、妙に醤油の味が際立ち、辛くもなく中途半端な味でした。

 今年は猛暑の影響で、市民農園で作っていた葉物野菜は早々と全滅。続いてキューリが全滅。今残っているのは中玉トマト、長ネギ、ニンジン、ナス、ピーマンですが、ナスだけは絶好調。

 冷蔵庫の野菜室に常時10個ぐらい入っていて、このところ毎日ナスばかり食べています。しかし私自身に調理方法のバリエーションがないので、徐々に飽きてきました。

 これまでナスのみそ炒め、煮びたし、浅漬けといったものに挑戦してきたので、今日はこの後素揚げにしようかなと思い、昼過ぎに行ったスーパーでカボチャも追加。

 朝食後午前中はブログの更新。途中で先日購入したボックスシーツが到着。一時期宅配の業者さんはいかにも疲弊している感じでしたが、最近少し労働環境が変わったのか、明るく元気な応対でした。もちろん人によるのかもしれません。
 
 一通り更新作業を終えたら11時半。ちょっと休憩後、ソーメンで昼食。食後はちょっとテレビで台風の様子を確認。どうやら千葉県沖をかすめるように北東に進んでいく感じです。

 私が住んでいる埼玉県では8時ぐらいから雨が降り出しましたが、1時ごろに小やみになったので、「よしチャンスだ」と思ってショッピングバッグを持って近くのスーパーへ。

 スーパーから戻ってきたら、湿気が多いせいか、朝方の睡眠不足のせいか、妙に眠気を感じたので迷わず昼寝。起きたら3時近く。急いでネットで株価をチェック。今日は持ち株も少し上がりましたが、ここのところひたすら下がっていましたので焼け石に水の状態。

 頼りにしているひふみ投信の基準価額も下がっていますから、プロがやっても今の相場はうまくいかないんだと思って、完璧に塩漬け状態に突入です。

 ちなみに私の持ち株は中小型株が多いので、ひふみ投信と相関関係が強いような気がしています。ネットのニュースには、銀行や証券会社で言われるままに投信を購入した人の半数は、手数料その他を差し引くとマイナスになっているなんて言う記事もあって、あらためておすすめ投信を勧められるままに買うのは危険だなという思いを強くしています。

 今年の春に退職をされた方は、銀行で定期預金をすると、金利が優遇されるという退職者専用の定期預金がありましたが、最近はまとまったお金の50%を定期預金、50%で投資信託の購入をすると、定期預金の金利がより優遇されるなんて言う預金もあるようです。

 しかし銀行でこういった投資信託を購入すると、買った瞬間に購入手数料なるものが差し引かれて、いきなり損失が発生します。銀行が進める優遇金利には落とし穴があるという良い例だと思っていますが、日ごろ投資に縁のなかった人がこういう商品をつい買ってしまうんだろうなという気がしています。

 その意味では退職時に退職金で投資を始めようと思っている方は、50代のうちに少額で少しずつ投資をして、その感触をつかんでいた方が良いと思います。

 このあたりのことは、私も少しずつ息子に教えていこうと思っています。 

関連記事


 

≪ 第2433回 1銘柄を損切り、同時にJALのチケットを購入ホーム第2431回 気温が下がって快適な1日でした ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

検索フォーム

全記事表示リンク

スポンサードリンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

私の管理する個人サイトです

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
88位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづろうと思っています。

 よろしくお願いいたします。