父子家庭で早期退職をしたおじさんのお気楽生活日記

 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。

第2420回 猛暑、極暑、激暑、烈暑?

 私が住んでいる場所から車で1時間弱のところに熊谷市があるのですが、今日は国内最高気温を更新して41.1度まで上昇したとのことです。

 先ほど昼食後の昼寝を経て近くのスーパーまで車で買い物に行ってきましたが、エアコンの効いたリビングから玄関を出てびっくり。もはや「暑い!」という語句ではないです。

 あえて書くと「熱い」でしょうか。焚火をしていて放射熱を感じることがありますが、それが全身に浴びせられる感じ。つまり360度すべてで火が燃えている感じですね。

 庭先に植えたトマトも葉っぱが垂れさがり、もはや花を咲かせる元気もない様子です。車を開けようとしてドアノブを触ると、これまたやたら熱くてのんびり触っていられません。

 当然ながらドアを開けた瞬間、中から熱気が流れ出すので、ドアを開けたまましばらく放置。その時間を利用して庭先の1坪家庭菜園に潅水。しかし土は濡れるもののすぐに蒸発する感じです。

 潅水を終えて車に乗り込みエンジン始動。すぐにエアコンを入れると送風口からは熱風が噴き出てきます。しかしエアコンが効くのを待っている時間も暑いので、かまわず出発。

 結局ようやくエアコンが効いてきたなと思われる頃スーパーに到着。スーパー内はさすがに涼しいですね、併設されたスタバを見ると、店内で多数の人が休憩中。

 私も休みたいなと感じましたが、飲み物1杯で400円を払うなら、家でエアコンをかけて、パソコンで作業をしているほうが電気代は安上がりだぞと自分に言い聞かせ、おかずの食材のみを購入。今日は暑いので「冷しゃぶ」にしようかと思っています。

 ちなみに東日本大震災が起きた後、東京電力は電気が足りないと言って、計画停電みたいなことも行われ、その後夏場の猛暑で電気が足りないから原発が必要だという理屈も述べていたような気がするのですが、今年の猛暑ではそういった話をあまり聞きません。

 それだけ東京電力が頑張って火力発電を行っているということだと思いますが、だったらこれ以上の原発の再稼働は必要ないということにもなりそうです。

 結局電気が足りなくなる恐れがあると庶民を脅して?再稼働にこぎつけようとしたのかなという疑いを持ってしまいます。

 しかしそれにしてもこの暑さは以上ですね。もはや気象災害の一つだと思っていますが、これまでになかった豪雨に見舞われ、想定外だったと被害を受けた人が良く言いますが、この熱波もまさに想定外の異常気象です。

 従って、今回は日本全国ほとんどの地点で想定外の異常気象現象が起きているということだと思います。ではどうするのか?「命の危険がある」と気象庁が叫んでいる以上、現行の勤務時間も思い切って変える等、世の中の仕組みをそのものを変更する必要があるような気もします。

 とりあえず学校が休みになったので、子供たちが教室で熱中症になる可能性は減ったなと思っています。


関連記事


 

≪ 第2421回 暑い1日で手抜き料理ホーム第2419回 暑い中、今日は支出がゼロ円でした ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

検索フォーム

全記事表示リンク

スポンサードリンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

私の管理する個人サイトです

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづろうと思っています。

 よろしくお願いいたします。