父子家庭で早期退職をしたおじさんのお気楽生活日記

 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。

第2407回 梅雨が明けて本格的猛暑に突入

 昨晩夜のNHKの天気予報を見ていたら、梅雨前線が日本海に移動し、この週末は若干南下するものの関東への影響はなさそうだなと思っていました。

 そして寝苦しい一晩を過ごし、朝は6時半前に起きてカーテンを開けたら、青空の中に真夏の白い雲が浮かび、「まさに夏空だ。かなり早いけど梅雨明けだろう」と思いつつストレッチ。

 朝食はパン。このところご飯とパンを交互に食べている感じです。おかずは昨晩作ったナスのみぞれ炒め。最初はテレビを眺めていましたがサッカーばかりでスイッチオフ。新聞を読みながらアールグレイを飲んで、食後にリンゴを1個。

 この間に気温はどんどん上昇する気配だったので、食後は先ず洗濯機に洗濯物を放り込んで、洗濯開始。終了までに40分ほどかかるので、暑くならないうちにと思い市民農園へ。

 しかし外に出ると、もう夏の暑さを感じ、「こりゃあ大変な暑さになりそうだ」と思いつつ、いつもは使わない車のエアコンも利用。市民農園に辿り着くと、すでに夏の暑さを感じ、ともかく急いでサニーレタス、キューリ、トマトを収穫。

 帰りがけに実家に寄って母親にトマトを渡しつつ健康状態を聞きましたが、暑くなったものの、ストレッチは出来る範囲で実行しているので、上の血圧は140ぐらいで安定していると言います。

 というわけで、それなら私も安心して旅行に出かけられるなと思いつつ帰宅。洗濯機内の洗い終わった洗濯物を干し、パソコン前に陣取るとすでに室温は29℃。

 コンピューターを立ち上げて最初にやるのがメールのチェックとニュースの確認。すると「関東地方が梅雨明け」という文字が目に飛び込んできて「やっぱり」と思いましたが、6月の梅雨明けはかなり早いみたいですね。

 その意味では今後台風等で天気が急変する可能性もあるだろうなと思っていますが、自分自身の梅雨明け予想がほぼ的中したのでちょっと嬉しかったです。

 旅行ブログの更新が終わったのが11時半。昼は昨日作ったほうれん草のおひたしや、朝と同じようなおかず。ちょっと量が足りないなと感じましたが、このぐらいが腹八分目だろうと判断。

 昼を食べ終わって外を見ると、8月の猛暑を思わせるような日差しとともに、強い風が吹いていました。慌てて庭先に置いてある飛んでいきそうなものを移動。

 一息ついてショッピングバッグを持って、買物へ。およそ1週間胃腸炎症状で苦しんだ息子が、昨日から何とか出勤するようになり、おかずも徐々に通常通りのものにしないといけないなと感じつつ、それでも脂分の多い料理は避けないと思いながらスーパー内をウロウロ。

 たまたまセールの日だったので、牛肉や刺身なんぞも買ってちょっと満足。ついでに衣料品の特売をやっていたので、息子の半袖ワイシャツを購入。

 今日は激安セールとのことで、店内に買い物客が多数。私は買う必要があると判断した半袖ワイシャツしか買いませんが、レジに並ぶと嬉しそうに大量の購入品を持った人が列を作っていました。

 確かに値段をみると「こりゃ安い」と思えるものが多く、私もTシャツやポロシャツ、ドレスシャツ、さらには運動用のトレーナー等、買ってもいいかなと心が動きましたが、「使えるものがあるんだから」と、自分の心に言い聞かせました。

 スーパーから帰ってきたのが3時半。家の中は蒸し風呂状態で、パソコン部屋の室温は33℃。エアコンがないので扇風機で我慢していますが、この後の夕食準備はエアコンを掛けないとやる気が起きません。

 まだ6月だというのに、本格的猛暑に突入です。

関連記事


 

≪ 第2408回 実家のエアコン故障、設置工事が大混雑ホーム第2406回 我が家の節約方針と、生活シミュレーションの必要性 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

検索フォーム

全記事表示リンク

スポンサードリンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

私の管理する個人サイトです

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづろうと思っています。

 よろしくお願いいたします。