父子家庭で早期退職をしたおじさんのお気楽生活日記

 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。

第2264回 旅行は旅行者のステータスが反映されます

 14日からバンコクに来ています。こちらは例年に比べて気温も数℃低いように感じられ、昼間は暑いものの、夜は過ごしやすいです。

 最初に宿泊したのが、バンコクでは中高級ホテルに分類されている「ランドマークホテル」という老舗ホテルです。1泊が1.5万弱で私としては破格の高さのホテルです。

 というのもバンコクでは日本のビジネスクラスのホテルが1泊4000円ぐらいから宿泊できるからです。しかし22階の部屋から下界を見下ろしているとそれだけで気分がいいものの、1.5万近い価格に比べると、その他の点でコストパフォーマンスは悪いなと感じています。

 今は2つ目のホテルに移動しています。こちらは1泊が7500円程度のホテルですが、ホテル全体の雰囲気としてこちらの方が居心地が良いです。

 結局相性ということなのかもしれませんが、食事場所や男女関係等、あらゆる場面で成立していますね。お金の有無というか大小は、その自由度を広げるような気もします。

 旅行中に毎回感じるのは、横軸に資産の大きさ、縦軸に自由度を考えると、そこに描かれるグラフは、単純に比例関係の直線ではなく、S字型になりますね。

 つまり資産があまりに少ないと、多少その資産が増えて自由度はほとんど増えませんが、ある境を越すと、旅行や生活はどんどん楽になるということです。

 ところがそういった資産がある点に達すると、その自由度が得られるカーブは徐々に緩やかになり、多少資産が増えても旅行や生活の自由度はほとんど変わらないということになります。

 だとすればそういった転換点は年収や貯蓄がいくらぐらいで訪れるのかということになるわけですが、私の感覚では、65歳以降は年収(年金)120万ぐらい、貯蓄が500万以下が、下流老人に転落するかどうかの転換点かなという気がします。

 一方、年収(年金)が360万ぐらい、貯蓄が2000万ぐらいあればまずまずの老後をおくれ、その先は年収が500万、貯蓄が数千万あっても意識はそれほど変わらないかもしれませんね。

 ただし、65歳を越しても、年収が1000万以上、貯蓄も1億以上ある人もいると思われ、そういった人たちの経済感覚は庶民とは異なっているだろうなという気もします。

 というわけで、老後の年収が120~360万、貯蓄が500~2000万ぐらいの人が、収入と生活の自由度が比例関係になり、お金がもっとあれば楽しい生活が送れるかもと思いつつ、逆に人生そのものを楽しめるのかもしれません。

 旅行はそういった自分自身のステータスを確認できる良い機会ですね。選んだ交通機関、宿泊する場所、訪れる観光地、食べ物すべてがその人の生活実態やブレード、ステータスを表しているような気がします。

関連記事


 

≪ 第2265回 年収がいくらあれば幸せな老後が送れるかホーム第2263回 大学のサークルの同窓会に行ってきました ≫

Comment

こちらは初めてかな

バンコクのブログから、こちらに回り、初めて投稿します。

現役世代ですと、年収800万以上からは、幸福度が上がらないという説が、アメリカでの研究から唱えられていますが、リタイア世代における説は初めて目にしました。

株式投資を盛んにされていることに、ビックリしました。もっと手堅い運用をされていると想像していました。
タイ株にわたくしも興味があり、多少ですが、個別株を保有しています。BTSの運営会社は、購入を検討したのですが、成長性は十分見込めますが、配当が低いので、止めました。あと、病院チェーンなどもいいなと思っていますが、やはり異国であり、細やかな変化は見落とす可能性が高く、今後は、タイ市場全体のインデックスファンドかETFにしようかなと、正直、思い始めています。

Re: こちらは初めてかな

 株式投資はバブルの頃に怖いもの知らずというか恐る恐る初めて、当然ながら各種経済雑誌の
内容に踊らされて、バブル崩壊とともにかなり損切りを余儀なくされました。

 その後しばらくは仕事が忙しくなり、損切りで懲りたこともあって遠ざかっていましたが
リタイヤを契機に再チャレンジしています。

 まあちょうどアベノミクスと重なり、下手な投資でもそこそこ利益が出ていますので
天狗にならないように気を付けて慎重にやろうと思っています。

 BTSは今後も売り上げは伸びる可能性は大きいですね。ただそれが効率よく利益に還元されるか
という部分に不安を感じます。

 やはりタイの経済新聞を読む程度の力をつけないと、やけどをするだろうなと思っています。
その意味ではやはりアセアン諸国の投資信託が無難でしょうか。一応セゾンの投資信託を毎月
積み立てています。

 いずれにしても、良く分からないものには手を出さないというのが投資の鉄則ですから
なまけものさんの考え方に賛成です。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

検索フォーム

全記事表示リンク

スポンサードリンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

私の管理する個人サイトです

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづろうと思っています。

 よろしくお願いいたします。