父子家庭で早期退職をしたおじさんのお気楽生活日記

 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。

第2198回 スタバで休憩しながらブログを書いて株式チェック

 雨模様ですが気温が低くなり過ごしやすくなりました。7時半に起きて、昨日の残り物(野菜炒め)で朝食。野菜炒めは作るたびにいろいろ調味料を工夫しているのですが、ラーメン屋さんや中華街で食べるような野菜炒めの味には到底かないません。

 最近の定番の作り方は、材料はともかく、これに塩コショウとオイスターソース、顆粒状の鶏がらスープを使っています。出来上がりは食べられないほどまずい、というわけでもありませんが、「こりゃうまいや」と思えるものでもなく、「またダメか」と思いつつ完食。

 食後は涼しかったので、本当に久しぶりに河川敷ウォーキングへ。久しぶりに歩いたのですぐに疲れてしまうかなと思ったのですが、週2回リハビリ病院で筋トレを続けているせいか、それほどの疲労感はありませんでした。

 帰ってきて早速株式チェック。昨日急落したUTグループはどうなったかなと思ったら、今日もまた100円ほど下落。昨日涙を飲んで売却してよかったなと思いましたが、なんでこんなに下がるのか?

 ヤフーファイナンスの株式掲示板を見ると、自己株式消却がきっかけになって、上がり続けていた限界に達したというようなコメントが多いようでしたが、まあ確かにここの所ず~っと上がり続けていましたから、この銘柄だけちょっとしたミニバブルになっていたのだと思われます。

 持ち株の一通りの値動きを確認すると、この銘柄以外は割と順調に思えたので、いつものように旅行ブログを更新。このブログもそうですが、これらの旅行ブログは早期退職を契機に書き始めましたのがすでに8年ぐらい書いている計算になります。

 一説には書けば書くほどページ数が増え、検索結果に反映される確率も高くなるので読者はどんどん増加する、みたいなことがブログを書こうと思っている初心者向けに解説されていますが、まあこれは期待をもたせるための宣伝文句といってよいかもしれません。

 書いても書いても読者は増えず、ましてやブログを書いてちょっとした副収入を得ようなんて言うのは、実に大変です。真面目に更新しても、よほど文才と話題性がないと読者は増えません。

 したがって副収入も最初はもの珍しさにクリックする読者がいたとしても、同じような話題を長く続ければ読者は離散。当然ながらクリック率も減少ということになります。

 ただブログを続けてきてメリットもあったなと思えるのは、もちろんほんのわずかな副収入も発生していますが、それ以外に時折読者の方からいただけるコメントが大きいですね。

 私は息子との二人暮らしですが、日常生活の中では息子との会話、リハビリ病院でのトレーなーとの会話、日々のごみ出しに偶然お会いする近所の人との挨拶以外、声を出して会話を交わすということがほとんどありません。

 そのためかどうかは不明ですが、息子が出かけて私が一人で家にいるとき、全く無意識のうちに「さて、そろそろ買い物に行くか」とか「今日は何を食べようか」と声に出して自問自答していることがあります。

 それだけ声を出す機会が失われているということですが、その意味で読者の方からいただくコメントは、大きな示唆に富んでいるなと思います。

 さて、お昼は残りご飯でチャーハンを作って食べ買い物へ出発。まず本屋さんに行って雑誌をぱらぱらと立ち読み。さらに本当に久しぶりに今は本屋さん(TUTAYAです)に併設されているスタバへ。

 スタバはメニューの名前がどうも好きになれないし、コーヒーの味そのものも私好みではなく、その上値段も高いのでいつもは敬遠するのですが、ここの所ちょっとカフェで休憩しブログの更新という作業が気に入っています。

 休憩しながら持参したパソコンでこのブログを書き、合間に株式をチェックしているのですが、午前中と大きな変化はないものの、一部の銘柄が上昇し、売却基準に達したので、先ほど指値で売却を指定。この後売れたかどうかを確認します。


関連記事


 

≪ 第2199回 些末な問題より、少子高齢化対策が必須ホーム第2197回 所持銘柄の一つが急落で、ちょっとショックを受けました ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

検索フォーム

全記事表示リンク

スポンサードリンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

私の管理する個人サイトです

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづろうと思っています。

 よろしくお願いいたします。