父子家庭で早期退職をしたおじさんのお気楽生活日記

 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。

第2120回 てるみくらぶ倒産はシニアの夢を打ち砕きました

 今週はこのままずるずると落ちていくのかなと思われた株価ですが、なんとか踏みとどまっています。私の持ち株もほとんどが買値を下回っていましたが、今日は少し持ち直しています。

 ここ数日ネットの煽り情報?と株価の動きを見ているのですが、上がり始めると途端に強気になって、まだまだ上がるというようなニュースが出てきます。

 一方下がり始めるとその原因を様々分析して、まだまだこの状態は続くので今後も下がるという悲観的な見方が出てきます。結局上がった時はまだまだ上がるぞ、と強気になる一方で、「いやこの上昇は一時的なものでまた下がる」という人があらわれ、下がってくると、こりゃいかん、この先は暴落だと叫ぶ人と、どこかで反転するはずだと静観する人がいます。

 早い話が誰にも、たとえプロであっても先のことは分からないわけで、だからこそちょっと日経が動くたびに、この先の見通しはなんていう企画が株の雑誌を賑わせます。しかしその見通しを見ると各人各様で、プロであっても見方はこんなに異なるんだとびっくりします。

 私はハワイ旅行が好きなので、ハワイ関連のニュースや話題はブログネタとしてチェックしてます。ここ数日にわかにクローズアップされたのが「てるみくらぶ」という旅行代理店の倒産騒ぎ。

 この会社でツアーの予約をしてお金を振り込んでしまった人、とりあえず行きの飛行機には乗れて、現地でホテルの予約が入っていないことが分かった人等々、これから具体的な被害は明らかになると思いますが、不運だったなという気もします。

 ただすでにテレビ等では話題になっているようですが、運転資金が乏しくなっている旅行代理店は、ツアーを申し込んだ人からなるべく早く現金を得たいと考えているので、現金払いなら直前ディスカウントというようなキャンペーンをやることがあります。

 また予約を電話ですると、すぐに現金を振り込んで欲しいというような依頼が会社側からあったりするので、これは資金繰りが厳しいんだなと推定することもできます。

 てるみくらぶはここ1~2年格安ツアーを次々と発表し、新聞広告も大々的に行っていました。社長さんの話によれば、こういった広告費も足かせになったようですが、それ以前に運転資金が綱渡り状態だったと思われます。

 こういう推測は、株価の見通しとは違い、慣れた人なら勘が働くのだと思います。しかし聞くところによれば、この会社の利用者は、海外旅行初心者やシニアが利用する例も多かったようなので、なかなかそこまで気が付かないだろうなという気もします。

 しかし中には、ようやくためたお金でバラ色のハワイ滞在を期待していた人もいるでしょうから、その意味では悲惨な結果になったなと思います。

 「シニアの夢」というのをネットで検索したら、第一位は旅行でした。第二位がおいしいものを食べること。第三位きれいな景色を見る。旅行というのはこの三つの夢を同時にかなえられる機会だと思います。

 その夢が無残に打ち砕かれた人も多いわけで、今さらながら「先の見通しとネットでよく名前を聞くから安全だ」というのは間違いだということが再認識できます。

 だからこそ大きな金額が絡むようなレジャーや買い物は、情報を慎重に調べて、多少割高でも信頼のおける会社を選ばないといけないなという気がします。

 私は最近新しい電気製品を買うときは必ず価格com等でレビューがあるかを確認しています。旅行に行くときも、宿泊先ホテルの使い勝手を利用者のレビューで確認しています。

 最近はツアー会社の使い勝手も、ネットで検索すると出てきますので、旅行に行くときやツアーを選ぶ時は、やはり多数の人の感想を参考にしたほうが良いですね。 

 しかしそういったことも面倒と考えるなら、JTB等大手の割高に感じられるツアーを選ぶしかないような気もします。高い分が保険代わりになっていると言えそうです。

 
関連記事


 

≪ 第2121回 車のリコール、庭木の剪定、リハビリ病院、FP3級の勉強ホーム 第2119回 眼鏡を新調しました ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

検索フォーム

全記事表示リンク

スポンサードリンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

私の管理する個人サイトです

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづろうと思っています。

 よろしくお願いいたします。