父子家庭で早期退職をしたおじさんのお気楽生活日記

 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。

第2010回 転院7日目。風呂に入ってすっきり

 今日は1週間に2日しかない入浴日。朝は6時前に起きて健康関連ブログの更新。腰のまわりの違和感や痛みを除くと割と元気です。ちょうど転院してから1週間が経過。

 リハビリ専門病院なので、前の大学病院と違ってすべてのテンポがゆっくりしています。てきぱきやる必要がないということでしょうか。

 精神衛生上追いまくられるということがないのがありがたいのですが、なんかのんびりしているなという印象も受けます。血圧も自分で計ります。自宅から愛用の血圧計を息子に持ってきてもらいました。

 123/84で脈拍が74.一時期脈拍は80を超えることが多かったのですが、この病院に来てから80弱となっています。全体のゆるい雰囲気が脈拍にまで影響しているようです。

 測定後再度30分ほど朝寝。8時になったので朝食。服薬といつもの儀式が続きます。9時、最初のリハビリ開始。言語聴覚のリハビリだそうです。

 特定の語句で時々口が回らなくなり、ゆっくりと言い直したりしています。しかし大白いことに同じ文字で引っかかります。頭では読み方が分かっているのに、それを口に出そうとすると引っかかります。

 もしかしたらと思って「こういう特定の文字を発音するのが苦手」という子供さんいませんかと聞いてみると「いる」とのことです。

 よく教室で教科書を音読させる先生がいますが、「特定の単語でひっかかる子供さんがいたら、今の私のような障害が発生している可能性があるのでは?」と聞いてみると、可能性があります。とのことでした。

 ということはそれを持って、馬鹿にしたリ何回も読ませなおして間違いを指摘するのは、本人にとっては屈辱的な扱いになっているんだということです。

 ましてや「こんな字も読めないのか」と教員が声を荒げたりすれば、ますます委縮してしまうということです。現役時代を思い返いしてそんなことがなかったのか記憶を探ってみました。(たぶんいなかったと思います)

 言語のリハビリを無事終えて、部屋に戻るとちょうど入浴の時間。私がパンツだけを持って部屋を出ようとすると、付き添いの看護士さんが「他に着替えは?」と聞いてきて、「これだけです」と答えるとちょっと不満そう。

 風呂にはいったら、今着ている衣類は全部取り換えるというのが鉄則のようです。私は「朝変えましたので」と適当な言い訳をしてごまかしましたが、結構面倒です。

 しかもこの方付き添いなので風呂場までついてきて、私がパンツを脱ぐまでそばで見守っています。ちょっと恥ずかしい思いをしました。

 しかし近くで同じように風呂の準備をしている人は、見ていようがいまいがお構いなしにどんどん脱いでいます。また手伝いの看護士さんたちも、手が止まるとすぐに手伝って脱がせてくれます。

 すごい世界に来たもんだと思いつつ、無事バスタブに入ってさっぱりしました。結局「慣れ」ですね。
関連記事


 

≪ 第2011回 高齢者が増えて選挙の投票率はますます下がるホーム第2009回 テレビの魔性、長時間視聴者は注意が必要 ≫

Comment

もしかしたら・・・・

音読で途中つまってしまう生徒は自分も何人か経験がありますが,その時はただ漢字の読みがわからないのかな?程度にしか考えませんでしたが,もしかしたら一種の障害だったのかもしれません。子供に寄り添ってとか子供の目線に立って,などと口では簡単に言いますが,実際には見逃していることは多々あったと思います。教職というのはほんとに難しく奥が深いと再認識しました。まあ,もうそこに復帰することはありませんが。
ところでパンツを脱ぐまで見守る看護師は女性ですか?ちょっと恥ずかしいですね。

Re: もしかしたら・・・・

遠州ヒマ助さん、いつもコメントありがとうございます。

 もしかしたらこの子には障害があるのかという視点は大事だなと思います。ただ日本の教員養成の現場では、効率的な指導法に注意がいき、軽度の障害は本人の努力不足という言葉で片付けられてしまう傾向があるように思えます。子供たちは、なぜ自分がそこで読みが引っかかるのか理解できず、ただひたすら教員の叱責に耐えるという事態があるように思います。

 教員の方も、善意で怒っているわけで、原因側が分からなければ「ちっとも努力しない」という結論になり、お互いに不幸です。

 パンツを脱ぐまで見守っているのは女性です。こちらは動作がとろいので、すべてを見られてしまうわけです。善意に解釈すれば、パンツを脱ぐときよろけたりする人もいますので、事故防止のあためにやむを得ないのかなと思っていますが、明らかに支障がないと思われる人の挙動までじっと見られると、さすがにちょっとなあという気もします。ただ見てる方もそれなりに義務感もあり、申し訳ないなと思っているのではと感じます。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

検索フォーム

全記事表示リンク

スポンサードリンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

私の管理する個人サイトです

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
95位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづろうと思っています。

 よろしくお願いいたします。