父子家庭で早期退職をしたおじさんのお気楽生活日記

 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。

第2008回 病気療養後の生きる目的

 若い時は、将来何をしようといろいろと考えていました。ささやかな夢と言っても良いと思います。人生のミッションと言っても良いかも。

 先ずは就職。そして結婚。子供を育て家を建てる。円満な家庭を築き、資産形成。ある程度資産のめどがついたら、あちこち旅行。同時に子供の未来をはぐくむ。

 資産の基本と子育てのめどがついたら、ちょっと余りそうな資金で投資活動。少し立派な車を買い、衣料品を整え、楽器の練習をして、あわよくば発表会までこぎつける。

 旅行に慣れたら、世界中を回り、ブログ等で旅行記を書く。これによってコミュニケーションの輪が広がり、自分自身の人生観も変わっていくだろう。

 みたいなことを考えていました。しかし改めて今やりたかったことをこうやって列挙してみると、7割方目標を達成しているような気もします。

 つまり子育ても無事終了しつつあり、資産は何とか確保、ブログも順調に回数を伸ばし、楽器の練習も楽しんでいます。これ以上何を望むのか?

 あちこち旅行してなるべく長く生きるというのが最終目標かなと言う気もしますが、別に何が何でもと言うほどの希望ではなさそうです。

 まあ子供が成人し、結婚するという時までは生きていたい、そしていろいろ人生経験をアドバイスしたい、という勝手な希望はありますが、子供にとっては迷惑かなという気もします。そんなことも考えて、私の考えはこのブログにとどめておこうと思っています。

 というわけで、「まだまだ生き抜いてやるぞ」という気持ちはあるのですが、「では生き抜いて何をやるんだ」という部分で、いささか悩んでいます。

 ブログの更新や旅行というのはありきたり。今回の病気で改めて「これはいいかも」と思ったのが、やはり医療関係の仕事で理学療法。これは知識として知っておいたほうが良いなと思っています。

 実際我が家の母親も腰痛で悩んでいますので、きちんと勉強して正しい知識を得て、母親や自分のために生かせないかなと思うようになっています。

 というわけで、状況は日々変わり、できることと出来ないことがはっきりと分かってきました。ということは出来ることの中で、次から次へとやりたいことを見つけていく、ということがこれから生きていく目的になるのではと思うようになっています。

 理学療法士というのはどんな資格なのか。退院したら少し真剣に調べてみようと思っています。


 
関連記事


 

≪ 第2009回 テレビの魔性、長時間視聴者は注意が必要ホーム第2007回 九死に一生を得て人生観が変化 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

検索フォーム

全記事表示リンク

スポンサードリンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

私の管理する個人サイトです

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
95位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづろうと思っています。

 よろしくお願いいたします。