父子家庭で早期退職をしたおじさんのお気楽生活日記

 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。

第1939回 自動車税を納めて、様々な不満と不安を感じました

 今日はお昼頃郵便局に行って自動車税を振り込んできました。私の車の排気量は1800ccなので39500円。大きな金額です。

 振込用紙にネットでも振りこめますと書かれていて以前もネットから振り込んだ記憶があったので、昨晩早速該当ページに行って手続きを開始したところ、なぜか納付番号を受け付けません。振込用紙に書かれた納付番号とパソコン画面の番号を何回も比較しましたが間違っていません。実に不思議です。

 そもそもネットで納付できるのは便利ですが、これまた不思議なことに納付手続きに354円の手数料がかかるとも書かれています。この手数料とはいったい何なのか?

 納付側、納付される側双方の利便性を考えてネット納付を採用したのだと思いますが、なぜ納付者側が手数料を払わなくてはいけないのか?本来なら、ネットで納付ご苦労様、納付手数料は無料にしますとか、税額を若干割引しますぐらいの優遇措置があってしかるべきだろう、なんてことを画面に向かってぶつぶつつぶやいていました。

 ところが、冒頭の通り、まあネットならカードで納付できるからその分マイレージのショッピングポイントがたまるから、手数料も今回は多めに見るかと思いつつ手続きを進めたのに、実際には納付番号が違うというメッセージしか出ず、そこから先に進めません。

 なんだか融通の利かないお役所仕事がそのままネットの画面になったようで、15分ほどいろいろ試してみましたが、結局私のせいではないと判断して断念。

 昼頃のいつもの買い物のついでに郵便局に行き、こちらは手数料無料で待ち時間もなく、あっという間に納付終了。なんかネットで振り込みというのは単なる宣伝文句で利便性は全くないなと感じました。

 こんな使えないシステムに多額の税金を使っているんだろうなあと考えると、手数料までふんだくっていったい何をやっているんだとますます腹が立ちます。

 一方、この4万円近い金額ですが、ほぼ毎年収めているわけですから、27歳からほぼ35年間、だいたい1500~1800ccの車に乗っているので、ほぼ140万円を税金として納めたことになります。

 これがほぼすべて県の収入になるわけですから、全県民の総額は巨額なものになりそうです。ではそのお金はいったい何に使われているのか?

 サラリーマン時代はほとんど何も考えずに納付していましたが、年金暮らしになって1万円を越える出費には神経をとがらすようになっています。

 で実際に調べてみると、なんとこの税金は名前は自動車税となっていて、いかにも交通整備の用途に充てられていそうですが、実際には地方財政の一般会計に算入されているそうです。

 という事は自動車を持っているというだけで、市県民税の他にこういったお金をさらに県に支払っていることになります。

 さらにこのお金は一般財源として使われているという事ですから、自動車を所有していない方にもその恩恵が与えられていることになります。

 まあ自動車はぜいたく品であるということで、それが嫌なら乗らなければいいという事になるので、あまり強気でいうことは出来ないのですが、やはり自動車税というからには道路整備の財源が基本になるのではと思えてしまいます。

 しかし今は団塊の世代がまだ大量に車を保有していますから、このお金も潤沢に使えるのかもしれませんが、少子高齢化が進めば、当然税収は減るはずで、地方の財源はさらに厳しくなるという事も予想されます。

関連記事


 

≪ 第1940回 日帰りドライブで沼津に行ってきましたホーム第1938回 子孫を残すという使命を終えた高齢者の欲とは ≫

Comment

自動車税のコンビニ支払い

苦労してますね。私はネットで得た情報から、今年はコンビニ支払い(セブンイレブン)のnanacoカードでした。肝心な点は振込用紙さえあれば役所側の手続きは不要、手数料不要だということです。5万円以下なら支払えます。nanacoは税金等はポイントつきませんが、クレジットチャージ時にクレジットカードの方のポイントが付きますので、私のクレジットカードは1%還元です。チャージは2万9000円までなので2回チャージする必要あります。クレジット会社でクレジットチャージの手続きもして、ネットで2回もチャージするという面倒な手続きを踏んで、39500円ですと395円が戻ります。私は今年はハイブリッドにしたので税金が9000円で、戻る額はわずか90円でした。

Re: 自動車税のコンビニ支払い

 ちょっとした情報量の差でわずかですが金額が違ってくるという不思議な世の中になってしまいました。知っている人は得をして知らない人は損をする、ある意味情報格差による不平等ですね。

 40代ぐらいまでは情報量を十分に得て活用できていると思っていましたが、50代でその勢いに陰りが見え、スマホが爆発的に普及した頃から明らかに後れを取っているなと感じています。

 その昔、親にビデオデッキの録画の仕方を説明していたような記憶がありますが、今は息子にスマホの使い方やパスモの購入方法等を聞いています。なかなか大変な時代です。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

検索フォーム

全記事表示リンク

スポンサードリンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

私の管理する個人サイトです

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづろうと思っています。

 よろしくお願いいたします。