父子家庭で早期退職をしたおじさんのお気楽生活日記

 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。

第1928回 日銀は金融緩和政策を維持、円高株安が進行

  今日からゴールデンウイークの人も多いと思います。私も明後日からバンコクに向かいますので、更新が滞ると思います。

 昨日は日銀の政策会合で、現状の金融緩和政策を維持することだけが決まったため、今以上の金融緩和はなさそうだという事になり、円高、株安が進みました。

 海外旅行に向かった人は、私も含めてこの円高は歓迎かなという気もしますが、日本経済そのものはどうも元気がなさそうです。

 今日の毎日新聞朝刊には「3月物価0.3%下落」という見出しが出ています。年金暮らしの私のようなシニアにとっては物価が下がって円高になるのは歓迎だなと思うのですが、なぜか物価は上昇しないと経済は発展しないということのようです。

 このあたり経済のカラクリは全く分かりませんので、いつも違和感を覚えます。とは言うものの、物価が下がるという事は、中学か高校あたりで勉強した「需要と供給の関係で物の価格が決まる」という単純な法則で考えれば、「買う人がいない」ということの証明だと思われます。

 しかしではなぜ買わないのか?この原因分析があまり行われないままに、ともかく円安誘導で輸出を増やして企業の利益を生み出し、それを働いている人に還元すれば購買意欲が高まるという方針で金融緩和が行われているような気がします。

 ところが円安になってもそれほど輸出は増えない。(為替差益は増えたようですが)、企業の見かけの利益は増えたけど大半の企業は今後の景気が心配で内部留保を増やしている、その結果労働者の賃金は上がらないというのが今のパターンであるような気がします。

 加えてなぜ買わないのかという疑問に対して、金がない、将来が不安というのがまず大前提。その上で欲しいものがない。すでに物は持っていると考える人が増えているような気がします。

 またすでにある程度お金をため込んでいるシニア層も、老後の医療や福祉が心配で、おちおち消費できないという気持ちが強いように思います。

 根本にあるのは、日本の将来に対するビジョンが全く見えないこと。年金は減るのか、受給年齢は繰り下がるのか、医療や社会保障は今後も増えるのか、孤立したらどんな生活が待っているのか、下流老人になったらどうしよう。

 日本は社会福祉制度が整っていると思われますが、それでも連日マスコミが老後の不安を煽るような報道をしていますから、40代以上の人はみんな不安になっているような気がします。

 それに対して政治の方はどうしても目先の政策にとらわれてしまい、にっちもさっちもいかなくなってから「さてどうしよう」と重い腰を上げるというのがいつものパターンです。

 これは別に自民党政権でなくても、どんな政党がやっても同じで、政治というのは常に現実から遅れてしまうというのが民主主義社会の欠点かなと思うようになっています。

 ということは庶民の自助努力しかないという結論になり、そのために「何も買わない」という気持ちが強くなるような気もします。


関連記事


 

≪ 第1929回 バンコクに来ていつも感じることホーム第1927回 ホームページビルダー20で悪戦苦闘です ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

検索フォーム

全記事表示リンク

スポンサードリンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

私の管理する個人サイトです

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづろうと思っています。

 よろしくお願いいたします。