父子家庭で早期退職をしたおじさんのお気楽生活日記

 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。

第1899回 広島の中学生の事件で、教育する側として感じること

 朝から新聞を読んで、さらにテレビのニュースを聞きながら、書くべきかどうしようか悩んでいました。広島の中学生の自殺問題です。

 教員という職業を選んだ一人としては見過ごせない問題ですが、いたずらに批判してもしょうがないと思っています。ただ批判されてもしょうがない事実があることも間違いないので、なんとも複雑な心境です。

 ちなみに、似たようなことは、今現在全国の小学校から中学校、高校で日常的に起きていることだと思っています。しかし、たまたま当事者同士の話し合いで誤解が解けたとか、大きな事故に至らなかったという事です。

 今の教育界の事情も、そういった傾向に拍車をかけているような気もします。そんなの民間では当たり前だ。単なる愚痴だろうと言われてしまうかもしれませんが、あえて私の感覚で書くと

・ 教育界への予算が乏しいので、教員の人数が足りない(保育所問題と似ています)

・ 教員の高齢化によって、生徒とある意味対等、若しくは腹を割って話せる人が減少

・ すべての生徒を平等に扱おうとして、個別の事情を無視しがち(管理的な教育)

・ パソコンによる報告書の作成が増え、生徒に向き合う時間が少ない(忙しさ)

 まだ他にもいろいろあるのですが、残念ながらパソコンの入力ミスによる不手際は日常的に起きています。私自身、欠席時数を間違えたことは過去に何回かあります。

 これは授業に出席していなくても、部活の試合で欠席(欠席扱いになりません)とか、インフルエンザによる出席停止とかの連絡が、出席簿に書かれていない場合があるからですが、だいたいは学期末に修正しています。

 しかし、中には担任が調査を忘れ、それをさらに各教科担任に連絡しなかったということもあり、この場合は生徒からの申し出で気が付くこともあります。

 私の場合は、普通は生徒から申し出があれば、事情は聴きますが「基本的に生徒が正しい」と判断して修正するようにしています。

 他にも大学受験で調査書の名前の記載ミスがあったり(保護者の婚姻関係にもよります)、転居による住所移動が反映されていなかったり、という経験もあります。

 一番焦ったのは、通知表を渡してから、「この成績は明らかにおかしい」と生徒から言われたことで、これはなんと担当教科の先生の成績の付け間違いでした。一人だけ行をずらして書いてしまったようです。

 というわけで、日常的にミスはありうる、という前提に立って仕事をしているわけで、そう思えば生徒からの質問には真剣に対応する姿勢が生まれ、一方的に決めつけることは少なくなります。

 特に内申書や推薦書等では、本人の不利になるようなことは一般的に書きません。そのために事実確認を慎重にしないといけないと思います。

 広島の事件の場合は、ミスがあった時の最後の砦である担任の先生の確認方法が杜撰。忙しかったのかなと思いますが、それでもやはり客観的には批判されてしょうがないと思います。

 さらに言えば、そのことを本人が保護者に伝え、保護者が学校に電話連絡が出来たらよかったのになあと悔やまれます。 

 一般の保護者から見れば、担任や学校の指導体制が如何にもいい加減でどうしようもないように思えますが、一人の教員という視点から見ると、そんな学校に誰がした、という教育行政の方に目が行ってしまうのも事実です。


 
関連記事


 

≪ 第1900回 約40年の教員生活が終了し、外から今の教育を眺めるとホーム第1898回 退職者専用の高利率定期預金について ≫

Comment

担任が出てこない

今回の件で担任が出てこないのはおかしいと思います。
3月始めまで出勤していたとの報道もありますよね。

Re: 担任が出てこない

コメントありがとうございます。

 これだけ報道されると、公共の場に出てくるのは辛いだろうなと私は思っています。
本来ならこういった経緯があったとご本人の口から誠意をもって語られるのが一番だと
思いますが、すでにネットの中では、担任を特定化したり、一方的に悪者と決めつける
論調が起きているようです。

 もちろんこの方にも不注意な過失があったのだろうと私も思っていますが、そこに
至るまでのさまざまな学校の対応や、学校を取り巻く教育委員会や文科省の姿勢が私は気に
なります。

 一方でこういった誤記載によって命の問題まで発展してしまった保護者の立場を
考えると、実に無念だと思います。もし私の息子が同じような立場だったらと考えると
胸が締め付けられます。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Home

検索フォーム

全記事表示リンク

スポンサードリンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

私の管理する個人サイトです

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづろうと思っています。

 よろしくお願いいたします。