父子家庭で早期退職をしたおじさんのお気楽生活日記

 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。

第1876回 マイナス金利でローンを組めば有利に運用できるか?

  日銀のマイナス金利は、一般庶民に向かって、「貯金なんか意味がないんだから、ため込んでいないでどんどん消費に回せ」という裏のメッセージが隠されているのではと思うようになってきました。

 貯金をしても増えない。投資をしたらさらに減る。という状況がはっきりしたら、「じゃあ低金利の今のうちにローンを組んで、家や車等の高額商品でも買おうか」という発想になる人が表れてもおかしくないです。

 そう思って、今仮に自動車を買おうとして100万円借りたら、返済はいくらぐらいになるのか調べてみました。こういったシミュレーションはネットを使うと簡単にできます。

 そこで自動車ローンという検索語句で調べてみると「住友SBIネット銀行」のサイトが出てきました。ここには金利が1.525~3.725%と書かれています。

 だとするとと考えて100万円を借りて5年で返済、金利は最低の1.525%が適用された場合、返済金額はいくらになるのか?さっそく調べてみると、返済総額は104万ぐらい。

 年間で8千円の負担増。一か月なら700円弱。「そんなもんかあ。さすがに低金利の効果は大きいな」と思いましたが、返済シミュレーションをよく見たら、下の方に事務手数料21600円と言う、高額なお金が表示されていました。

 うわべだけの返済総額だけを見ていると「ちょっとは有利かな」と思えたのですが、手数料の額を見て唖然。借りるだけなのに、なんでこんな手数料なのか?とてもじゃないけど借りる気になれません。

 そもそも100万円を1年間預けて、金利は0.02%ですから利息は200円。5年預けてようやく1000円。実際にはここから税金が引かれますから増える金額は800円弱です。

 銀行はそうやって、借りる人からは手数料と金利でお金を儲け、預ける人には出来るだけ少ない金利にして、その間で儲けを得ていることになります。

 そう考えると、バブル危機の時は税金を投入したのにと、つい恨み言を言いたくなります。まあ銀行の窓口も一時期よりは顧客サービスに力を入れて、窓口で不愉快な思いをすることは少なくなっていますが、こういった儲けのからくりを知るとやはり腹が立ちます。

 しかしではどうすればよいのかとなると、ともかく多くの庶民は財布のひもを締めて、将来に備えるという選択肢しかないように思います。

 そんなんで日本経済が復活するとは到底思えないのですが、なぜか安倍政権や日銀は、これが復活の起爆剤になると思っているようです。

 
関連記事


 

≪ 第1877回 鼠蹊部ヘルニアの手術をして、病院から更新ですホーム第1875回 日銀のマイナス金利が高齢者を直撃 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Home

検索フォーム

全記事表示リンク

スポンサードリンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

私の管理する個人サイトです

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづろうと思っています。

 よろしくお願いいたします。