父子家庭で早期退職をしたおじさんのお気楽生活日記

 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。

第1743回 久し振りに自動車販売ディーラに行ってみたら

 現在私が日常的に利用している車は、トヨタの「カローラルミオン」という、ちょっと変わった形の車です。セダンとSUVの間ぐらいに位置する車でしょうか。

 エンジンは1500ccと1800ccがありますが、私はドライブが好きなので、高速道路を軽やかに走ってくれるだろうと期待して1800ccを選択。と言っても新車で買ったわけではなく、条件の合う車をネットで探し、自宅から買いにいける範囲の中古車やさんを見つけて購入しました。

 車高が少し通常のセダンより高く、横幅もスリーナンバーサイズなので、身長172cmぐらいの私でも、頭の上に余裕があります。どちらかといえば普通に座った姿勢で運転するのが好きなので、椅子を一番高い状態にして利用しています。

 窓がちょっと小さいので、左側の視界が少し悪いのですが、椅子を上げる事によってこの問題は解決しました。私の好きなハワイでは、街中でかなりたくさん見かける車なので、もともと身長のある大柄な人向けの車なのかなという気もします。

 すでに購入して3年ちょっとが経ちますが、そこそこ使いやすい車だなと思っています。ただ1点どうしても気になることがあるのですが、それが乗り心地。

 購入した直後からやけに車が跳ねる印象です。特に街中を走っているときに、小さな段差でゴツゴツ、ガツガツと車全体が振動するのが不快。私はこの車で母親の診療所への送迎もしているので、後席の足元が広いというのも選択の条件でしたが、車の弾み具合は予想外でした。

 一方で高速を走ったときの感触は、横幅があるためかカーブでの安定性もよく、直進性も優れています。また高速走行中は跳ね回るという印象も減り、なるほどこの車は高速を走る車なんだと感じました。

 しかし日常生活で一般道路を走り回ると、同乗した母親も「なんだか妙に飛び跳ねるね」と言います。その前の車がビスタアルディオだったので、余計にそのサスペンションの硬さを感じるような気もするのですが、いろいろ調べてみて先ず気が付いたのが、もともとついていたタイヤが五分山で、しかも年数が結構経過しゴムが少し硬化していたこと。

 しょうがないので、購入後しばらくしてタイヤを交換。すると乗り心地が少しよくなりました。これなら我慢できる範囲だと思って乗っていたのですが、最近また購入当初のような印象を受けることが多くなりました。

 どうやら交換したタイヤが安いもので、早くも硬化が始まったように思えます。というわけで、またしても飛び跳ねるゴツゴツ感が気になり始め、「もう面倒だから3年乗ったし、買い換えるか?」と思い、先日ディーラーさんに行ってきました。

 行くにあたっては、事前に1800ccクラスで乗りごこちの柔らかい車というのをいろいろ調べて、結局セダンタイプのトヨタのプレミオか日産のシルフィーが良いのではと思い、それらの販売店をネットで検索。先日実際に行ってきました。

 ちなみに、以前も一度似たようなことを考えてトヨタに行ったことがあるのですが、軽い気持ちで自転車に乗ってTシャツ、短パンで行ったら、なんか扱いが違う。結構客も見かけで判断されるんだなと思ったので、今回はポロシャツに長ズボン、タウンシューズを履いて車で訪問。

 すると同じディーラーなのに、すぐに営業所から人が飛び出してきて、駐車場に誘導してくれます。「なんだずいぶん外見で評価が変わるんだな」と思いつつ店内へ。最初に行ったのが「カローラフィールダー」の販売店です。(続きます)



関連記事


 

≪ 第1744回 カローラフィールダーに似ている車に乗り込んでみましたが・・・ホーム第1742回 計算力の衰えを感じ、健康寿命を見直しています ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Home

検索フォーム

全記事表示リンク

スポンサードリンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

私の管理する個人サイトです

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
82位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづろうと思っています。

 よろしくお願いいたします。