父子家庭で早期退職をしたおじさんのお気楽生活日記

 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。

第1569回 確定申告書の作成を、国税庁のページを使って始めました

 ふと気がついたら確定申告の受付がすでに始まっていました。3月中旬からハワイに行くことが決まっているので、間際になると忙しい思いをすると考え、昨晩1年間貯めこんだ領収書の類を整理。

 いろいろ雑多な領収書が、ともかく家に来た順に箱に放り込んであるだけですから、これを取り出し、先ずその中から収入関係を整理しようと源泉徴収表を探し出します。

 昨年は1月から3月までと、4月以降の勤務校が異なるので2枚あります。これを揃えてクリップで留め、大きな袋に入れます。次に共済組合から送られて来た年金関係の書類を探し出し開封。実は封も切らずにそのまま箱に入れてありました。

 必要な書類を取り出し、これも封筒へ。次は株式関係。私が取引をお願いしている証券会社のサイトに行き、年間報告書の項目を探し出し、これを印刷。

 昨年から再び株式投資を試みていますが、余裕資金の範囲でと考え、資金は約100万円。この資金で年間25回ぐらい売買を繰り返し、約20万の利益が出ました。

 もし余裕資金が1000万あったら200万儲かっていたのか、という気もしますが、これはまあしょうがない。2割近い運用益が出ただけでも良しとしないといけません。

 さらにネット関係の収入が昨年も20万以上ありましたので、これの明細を該当サイトで印刷。これが雑収入となり、これですべての収入が出揃いました。

 次に領収証の中から病院関係の費用を探し出し集計。本来は10万円ぐらいの収入で控除額が決まるようですが、低所得のためもう少し低くても、少し考慮されるようです。

 20枚近くあった領収書をすべて合計すると約7万ぐらいでした。

 さらに国民健康保険料の書類を探し出し、支払額をチェック。

 まだあります。私はユニセフにほんの少しだけ月々募金をしているので、その領収書で所得控除が出来ます。

 だいたいこれですべてですが、実はこれ以外に控除できそうな費用として、ネット接続料や独自ドメイン使用料も考慮できるのではないかと思っていますので、今日はこれを該当サイトで印刷しようかと思っています。

 実際の書類作成は国税庁の「確定申告書作成コーナー」というページでやっています。このページの良いところは、入力金額を手k聖な場所に入れることが出来れば、面倒な還付金の計算を自動でやってくれること。

 もう一つが、昨年作成した申告書類のデータの一部を使えること。これは助かります。だいたい1年も経つと忘れています。

 さらに作業途中で、入力したデータを自分のコンピューターに保管でき、そこから後日再び作業をはじめられるので、少しずつ確認しながら作業が出来ます。

 ただし初めての人は、専門用語が多いので戸惑うことも多いです。ただ慣れてくると作業は早くなるので、ともかく最初の1年目が肝心。ちなみにこのページで作業を行う場合は、ガイドブックの類は一切必要ありません。わざわざ買うのはもったいないです。


関連記事


 

≪ 第1570回 フルートのサロンコンサートで刺激を受けてきましたホーム第1568回 昨日は職場で質問受付でした ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Home

検索フォーム

全記事表示リンク

スポンサードリンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

私の管理する個人サイトです

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
75位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづろうと思っています。

 よろしくお願いいたします。