父子家庭で早期退職をしたおじさんのお気楽生活日記

 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。

第2241回 選挙の結果が楽しみでもあり不安でもあります

 今日は朝方少し涼しかったものの、その後ぐんぐん気温が上昇。珍しく6時半に起きて、食後は涼しさに誘われてウォーキングへ。4000歩ほど歩いて帰ってくる頃、「あ~気温が上がってきた」と感じる陽気になっていました。

 天気予報によれば、太平洋高気圧が勢いを盛り返しているとのことで、いったん秋に向かった天気が、また夏に戻ったようです。しかしこの暑さも今日までらしく、明日からは冷たい大陸の高気圧が勢力を増し、一気に涼しくなるみたいです。

 今ヤフーの天気予報を見ているのですが、今日の気温は29/18℃となっていますが、明日はこれがなんと16/15℃となっています。一気に10℃以上下がるわけで、高血圧気味の私は注意しないといけないなと思っています。

 朝食中に新聞を見ていましたが、1面は選挙の議席数予報で、どうやら自民と公明の連合軍が過半数を維持する勢いのようです。原因は小池新党が失速気味だということで、これは私も同感です。

 あちらの方が当選しやすいと安易な気持ちで流れた議員さんが多くいて、それでいて党首が都知事を頑張るざるを得ず立候補しないとあっては、党としてのまとまりを欠くなという気がします。

 ただ小池さんもやりかけた都知事の職務を気軽に放り出すわけにはいかなかったということで、これは戦略的なミスであるような気もします。

 しかしそれなら小池さんに代わってリーダーシップを発揮する人がいてもいいような気もしますが、やはりあっちが良さそうだと気軽に志を買えるような人が多いため、リーダーシップを発揮できるような人もいないということなのかもしれません。

 高校時代に国語の授業で習った「烏合の衆」という言葉を思い出しました。

 とはいうものの、そうなると自民、公明の連立政権がまた幅を利かすわけで、後半国会で目立った横暴な国会運営が繰り返されるのかと思うと、「たまらんなあ」という気がします。

 そういった背景があるのか、立憲民主党の人気はかなりのものだそうで、枝野さんも今は立ち上げてよかったと思っているかもしれません。

 というわけで、そういった選挙情勢を見て、今日も株が上がるのではと思っていたのですが、ウォーキングから帰ってきて持ち株の動きを見ると、久しぶりに中小型株も元気になったようで、私の持ち株も上がっていました。

 この勢いは、北朝鮮問題が妙にこじれない限り、じわじわと続くのかなと思っていますが、うまいことに10月の終わりごろに中間決算を迎える企業も多いようです。

 すでに利益が出ている銘柄もあるので、つい売却したくなりますが、現状を見ると選挙日の22日までは好調を維持し、その後は選挙結果で多少影響があり、さらに10月決算の影響で個別に激しく上下というように私は見ています。

 ちなみに選挙で自民、公明が勝つというとになると、消費増税を認めたということになり、昨日書いたように負担はますます増えます。それがいいのか悪いのか、勤労者はどう思っているのか不明ですが、年金世代にとっては大きなインパクトだなと感じています。



 

第2231回 政治は混とん状態に突入、誰のための選挙?

 昨晩からの民進党の合流騒ぎで、なんだか選挙の情勢が一気に混とんとしてきました。自民党や公明党、共産党にとっても寝耳に水?の状態で、先が読めない選挙になったようです。

 しかしこういった状況に至るまでの様々な政治家の言い分を聞いていると、結局選挙に勝てばよい、そのためには何でもありだ、と思っている議員さんが多いということなんだなと再認識しました。

 「人民の人民による人民のための政治」という有名な言葉がありますが、今回の選挙は「議員さんの議員さんによる、議員さんのための選挙」というニュアンスが非常に強い選挙で、そこには庶民という言葉が含まれないなと感じます。

 要するに、自民党にしろ民進党にしろ、その他の政党にしても、選挙によって自分たちさえ選ばれればよいと考え、我々庶民のことはほとんど考えていないということです。

 そう思うと「一体誰に投票すればいいんだ」と非常に悩ましいです。しかし結局は、「あの人はスキャンダルでダメ」、「この人は身勝手な人だからダメ」、「この人は考え方が偏りすぎているからダメ」というように、消去法で選ぶことになり、「この人なら政治を託せる」という人がいないという不幸な現実に直面している気がします。

 まあ公示後は、それぞれの政党や人が、美辞麗句を並べ立てるのだと思いますが、その公約がきちんと守られる保証もないし、現に言いっぱなしで終わっているようにも思えます。

 そんな中、少子高齢化は今後もじわじわと進み、社会保障費は膨らみ続け、国の財政はどんどん悪化し、負担だけが増加するということが見えています。安倍総理は消費増税分の使い道をこれまでと違うことに使おうというような提案を行うようですが、これまた選挙用の受けの良いスローガンのように思えます。

 というわけで「さて、困ったぞ」というのが昨晩から今日にかけての政治の動きに対する率直な感想です。「いっそのこと投票に行くのをやめようか」という気にもなりますが、そうなると国民の投票という権利を放棄することになりますから、それもまた不愉快です。

 てなことを考えながら、午前中はいつものように旅行ブログを更新し、お昼は昨晩のおかずの残りで軽く食べ、食後は買い物へというのが現実の生活です。野菜の値段を見ると、一時期より少し下がった感じで、時折安い野菜が見受けられるようになりました。

 今日のメニューをどうしよう?と考えながら、スーパー内をウロウロし、メインのおかずは肉じゃがに決定。この後5時過ぎから夕飯の用意ですが、1日が過ぎるのが早いです。

 夕食を食べてちょっと寛いで、最後に株式等の動きをチェックすると、ほぼ1日が終了。株式のほうは一時期運用額が207万を越していたのですが、夏に大きく損失が発生し、迷わず損切りを行っていたら、運用額が195万ぐらいまで減少。

 こりゃいかんと思い、基本に立ち返って上昇トレンドにありそうな銘柄を選ぶようにしたら、このところ運用総額が200万ぐらいまで回復。この先どうなるかですが、選挙や北朝鮮問題等、常に不確定な要素が山積みです。

 ただ上昇トレンドにある銘柄を見つけることができれば、それなりの利益は確保できそうだと思えてきたので、売り上げや経常利益だけでなく、移動平均線からの乖離率にも注目するようになりました。
 


 

HomeNext ≫

検索フォーム

全記事表示リンク

スポンサードリンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

私の管理する個人サイトです

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづろうと思っています。

 よろしくお願いいたします。