父子家庭で早期退職をしたおじさんのお気楽生活日記

 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。

第2567回 先日の精密検査の結果を聞いてきました

  一昨日の夕方、自動車整備工場から「修理が完了しました」という電話があり、ようやくマイカーが復帰。車を受け取りに行く頃には暗くなっていて、修理の完成具合をきちんと確かめることは出来なかったのですが、昨日朝に確かめると、見た目は前よりきれいになった感じです。

 続いて、昨日の朝食後はすぐ近くの整形外科の診療所へ。予定よりちょっと早いのですが、右手首のギブスが、指を曲げるたびに骨にぶつかり、かなり痛い思いをしていたので、思い切って外してもらいました。

 本来の予定日は18日の月曜だったので、4日ほど早くなりました。どうやって外すのかと思っていたら、「電動だと怖いでしょう」と言われ、取り出されたのが鉄板を切るようなごついはさみ。

 これを皮膚とギブスの間に入れ、ジャキンジャキンと切っていき、最後はほぼ力ずくで外してくれました。外された瞬間の感触は、急に重たいリストバンドが外された感じで、なんか手首がふわふわした印象です。

 その後マッサージや低周波治療なるものが行われ無事放免。久しぶりに手首を使うと違和感というか、力の入れ加減でちょっと痛みが出るような感じもしましたが、たぶん一か月近いギブスの装着で、手首を支える筋力そのものが衰えたんだろうと解釈。

 実際一晩寝て今日になったら、かなり自由に動かせるようになりました。一番助かるなと思ったのが調理と食事。これまでは左手にフォークを持って食事をしていました。

 さらに文字を書いたり、こういったパソコンの入力も、以前の早さに戻り楽になりました。というわけで、元に戻った車と手首に気をよくして、昨日午後はあちこち出歩いていたら1日が終わってしまい、このブログを更新できませんでした。

 というわけで今日の朝に続くわけですが、今日は朝方の冷え込みで「寒いな」と感じて6時過ぎに目が覚めました。それでもそれ以上寝ていてもしょうがないと思ったのでファンヒーターのスイッチをオン。

 表示された室内温度は3℃。13℃まで上がるのを待ってストレッチを開始。ところが半分ほどこなしたところで灯油切れの警告音。というわけで、今日のストレッチは半分だけ。

 朝食はご飯で、おかずは肉じゃがの残り。これに小松菜の味噌汁。食後に自家製夏みかんを1個。寒いなあと思いながら旅行ブログの更新。

 途中でちょっと実家の母親に用事があったので、車で移動。すぐに帰ってきて再びブログ更新作業。一段落したのが12時近くだったので昼食準備。

 朝と似たような食事をして、食後はスーパーへ。今日は肉じゃがや先日買った魚の干物があるので、メインのおかずだけを買おうと思い、ちょっとズルをして半製品だった豚肉の味噌漬け他を購入。

 帰宅して、夕方からかなり前に行った各種検査(尿検査、血液検査、心電図、24時間心電図、胸のレントゲン等)の結果を最寄りの病院に聞きに行く予定があったので、ちょっと早めに出発。

 しかし患者さんが多いのか、結局予約した時刻から40分以上待たされました。「予約してあるのに・・・」と思いながら、「まあ担当医師が各患者に丁寧に説明しているんだろう」と思うことにして我慢。

 ようやく順番が来て話を聞いてきましたが、結論から言えば現状は特に問題なし。ただし今後悪化すると治療が必要になるかもと言われたことがいくつか。要するに現状は通常の健康な状態と不健康な状態の境界線あたりにいると言うことのようです。

 なんとも曖昧な結末ですが、「今後も継続的な検査が必要でしょう」といういつもの言葉で締めくくりとなりました。まあ今後も健康に留意して、適度な運動、良質な食事、十分な睡眠時間とストレスをためないことが大事なんだなと自分なりに解釈しました。



 

第2559回 病気療養から葬儀までの費用は多額

  今日は早朝5時半頃になぜか目が覚めてしまい、トイレに行ってすっきりし、あとはうつらうつらと過ごし、ふと時計を見たら6時半になっていたので起床。

 最近前日の入眠時に瞑想というか深呼吸をして寝るようにしているのですが、心なしか寝入りが早いような気がします。ゆっくり吸ってゆっくり吐くと言うことだけを意識した呼吸ですが、これを20回繰り返しています。

 そういった呼吸をしながら全身の状態に意識を向けると、時折足が暖かく感じられたり、何となくですが血液の流れを感じたりすることがあります。

 余計な雑念がいろいろ浮かんできて寝入るまでに時間がかかるという人は試してみてもいいのではと思っています。

 というわけで6時半に起きて朝食はパン。おかずは昨晩作ったビーフシチューの残り。飲み物はアールグレイという紅茶。茶葉は楽天の通販で買いましたが、アールグレイ特有の非常に良い香りがします。
 
 食後は夏ミカンらしきもの。20年ぐらい前に、スーパーで買った夏ミカン?の種を庭に植えたら、それがそのまま大きくなって、ここ数年順調に実をつけるようになりました。
 
 グレープフルーツのように割って、果肉をスプーンで書きだして食べていますが、結構おいしい。ビタミンCも豊富なのではと勝手に思っています。

 食後はいつものように旅行ブログの更新。11時頃終了したので、先ずはなくなってしまった灯油の補充。ついでにスーパーに行って夕食のおかずの物色。
 
 帰宅して、昼食は大羽目刺しとビーフシチューの残り。これにほうれん草の味噌汁を飲んで、食後にミカンを2個。インフルエンザが流行っているようなので、ビタミンCの予防効果を期待しています。

 食後は母親の入院先の病院へ。今日は目出度く退院。大腿骨骨折で、およそ三か月半の入院となっていました。COPDの症状もあるので手術が出来ず自然治癒を選択したため入院期間が長期になりました。

 病院に行って退院手続きをしてきましたが、結局この三か月半の入院費用の総額が140万ぐらい。本来なら35万ぐらいだと思われるのですが、個室での治療を選択したため差額ベッド代が大きくなりました。

 そう考えると、80歳を超えると入院する機会も増えそうで、その際の治療入院費用は、個室を希望すれば差額ベッド代が一か月25万ぐらいかかり、その他食事等の差額を加えると30万ぐらい。

 ちなみにその間、家では生活していないので、年金等の収入の差額が実質的な負担となります。しかしこういった入院が頻繁かつ長期に渡れば、個室に居続けると言うのは不可能かもしれません。

 結局老後の収入や資産の大小が入院時の環境も左右するということになりそうで、将来の入院時は絶対に個室だと思うなら300~500万、4人部屋で十分と考えるなら100~200万という貯金がないといけないのかもしれません。

 さらにその先葬儀費用も考えておく必要がありますね。私は自分自身の葬儀も小規模な家族葬で十分と思っていたのですが、ちょっと調べたら、こういった小規模葬の場合は香典収入がない分、逆に自己負担が大きな金額になることもあるようで、最後の最後まで大変なんだなと思うようになっています。



 

HomeNext ≫

検索フォーム

全記事表示リンク

スポンサードリンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

私の管理する個人サイトです

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづろうと思っています。

 よろしくお願いいたします。