父子家庭で早期退職をしたおじさんのお気楽生活日記

 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。

第2588回 旅行用に小さなバッグを購入

 穏やかな良い天気でした。まあ花粉が多少気になるところですが、私の花粉はピークを過ぎたみたいです。ただ息子は「ひどい!目が見えない!」と叫んでいますから、私はスギ、息子はヒノキの花粉に反応しやすいのかなと思っています。

 今日は6時に起きて、ストレッチはちょっと気分が乗らずにサボり。朝食はパン。おかずは昨晩作った野菜炒めの残り。これにコーヒーという奇妙な取り合わせ。食後に夏みかん。

 息子の出勤を見送って今日はビニール関連のゴミ出し。外に出ると、ちょっと低いものの割と過ごしやすい気温でした。明日はほぼ同じ時間に自宅を出てバンコクに向かいますので、どんな服装がいいのか悩みながらのゴミ捨てです。

 家に戻ってすぐに洗濯開始。洗濯機を回しながらバンコクとハワイのブログを更新。さらにハワイのヒーリング効果についてまとめているサイトを更新。

 時間を見たら11時過ぎとなっていたので、ちょっと早いなと思いながら昼食準備。といっても明日から出かけるので、冷蔵庫内に余っているものを適当に見繕って完食。

 いつもこんな感じの食事をしていれば、食材費用はかなり少なくなるのではと思うのですが、食事以外はともかく節約生活を意識しているので、逆に「食事はおいしいものを」と考えてしまい、エンゲル係数は上昇中。

 食後は入間にあるアウトレットモールへ。新しく格安スマホを契約してから、スマホの取り扱いを色々勉強中。その過程で、スマホはこれまでのガラケーと違って液晶が剥き出しになっているので、なんかカバーが欲しいなと思うようになりました。
 
 ところが息子に聞いたら、「そんなもんがあったら使いにくくてしょうがない。剥き出しになっているからこそ便利なんだ」と言われ、「なるほど言われてみればその通りだ」と納得。

 だったら今回のバンコク旅行では、スマホやメモ帳が入るような小さなショルダーバッグがあれば便利なのではと思ったので、これを探しに行くことにしました。

 入間のアウトレットには、「エース」という会社のバッグ専門店があり、割とデザインが良いなと思っています。通常使っているA4サイズの書類やデジカメ、ノートパソコンが入るショルダーバッグもエースの製品です。

 というわけで、行ってみるといきなりちょっと安くなって使いやすそうな小さめのバッグを発見。「折角来て、あっという間に良さそうなものが見つかったな」と思いつつ、参考までにモール内をウォーキングを兼ねてグルグル。

 しかし最初見つけたバッグ以外にフィーリングの合うものが見つからず、自分の直感を信じて購入。定価6500円ぐらいのものが3割引きということでした。

 もしかしたらネットで同じものを探せばもう少し安くなるのかなとも思いましたが、今回はかねてより利用しようと思っていた商品券で購入。この商品券はネットのアンケートの謝礼なので、懐はほとんど痛んでいません。

 目的のものが500円ぐらいの出費で買えたので、すぐに帰宅。途中のスーパーで夕食用の食材を購入。今日はなるべくごみを出さないようにと考えて、オージービーフのステーキに決定。

 3時ごろ帰宅し、天気も相変わらず良かったので、狭い庭を少し掘り起こして、春の野菜作りの準備をしました。ショッピングモール内を歩き回り、庭でシャベルを振るえば、今日の夜は熟睡だろうという読みもあります。

 というわけで、次の更新は旅行先からとなります。



 

第2515回 バンコク旅行をするようになって、お寺に興味を持ち始めました

 バンコク5泊6日旅行の5日目の夕方6時です。明日が帰国日でホテルを7時ごろ出る必要があり、のんびり遊べるのは今日まで。このブログを書いたら最後の夕食に向かいます。

 今回の旅行はお寺巡りが主の旅行になりました。以前はバンコクに来ても、お寺にはさほど関心が向かず、もっぱら有名な観光地巡りを楽しんでいました。

 しかしバンコク旅行も5回を越えるころから主な観光地は行きつくしてしまい、マッサージもたまに受けるならともかく、買い物も元々それほど興味がないということになり、ちょっと旅行の目的を見失っていました。

 もちろんこの間夜はせっせせっせといわゆる歓楽街を彷徨い、アルコールとグルメ、そして夜の女性との会話を楽しむなんてことがバンコク行きの大きな目的になっていました。

 一方この10数年で、自分自身のプライベートな環境は大きく変化。最初はフルタイムで働いていたころ病気で妻を失うという思ってもみない事態に直面し、残された息子とともに父子家庭生活が始まりました。

 しかし妻の病気の長期入院への対応や当時中学生だった息子の世話に疲れてしまい早期退職。その頃からこのブログを書き始めたわけですが、ともかく収入が激減しましたから、節約生活を開始。

 そんな中、息子は何とか大学に進学。その学費は退職金を充てましたが、資産は大きく減少。一方、私は収入を補うために年金を繰り上げ需給。

 まあ何とかこれで行けそうだと思った2年ちょっと前、なんと私自身がクモ膜下出血を発症して数か月入院。ただ処置が早かったのか、うまかったのか、ふらつきや若干のろれつの回りにくさはあるものの、通常の生活に復帰。

 病気の原因は不明ですが、まあそれ以後さらに食生活に気を付けるようになって、ほぼ40年近く飲み続けたアルコールを断酒。これによってバンコク旅行に来ても夜の楽しみが半減しました。

 そんな中、今年から息子がようやく就職。給料の中から若干の生活費を補填してくれることになり、家計収支は大きく改善。ようやく計画的な支出をすれば資産はそれほど減らないという状況になりました。

 しかしこの間加齢に伴って、自分の健康はもちろん、親戚にも不幸があったりして、否応なしに人生とは?寿命とは?生きていく意味は?なんてことが頭をよぎるようになり、これまであまり関心のなかったご先祖様のお墓詣りにもよく行くようになりました。

 さらにバンコクに来て、多数の普通の人が寺院で熱心に祈っている姿を見るようになり、全く関心がなかったお寺の存在にも意味を見出せるような気がしてきて、前回当たりの旅行から寺院巡りをするようになっています。

 人は何ゆえに宗教を求めるのか?お寺に来て何を祈るのか?仏像の存在とはいったいどういう意味か?いろいろな疑問が改めて湧いてきました。

 その意味で、今回の旅行は改めて宗教について考えるきっかけになっているような気がします。
 


 

HomeNext ≫

検索フォーム

全記事表示リンク

スポンサードリンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

私の管理する個人サイトです

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづろうと思っています。

 よろしくお願いいたします。