父子家庭で早期退職をしたおじさんのお気楽生活日記

 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。

第2538回 2018年の家計費の総支出額を計算しました

 今日が息子の仕事始めということで、息子の起床に合わせて私も6時半に起床。何も一緒になって起きなくてもいいような気もしますが、寒い家の中で一人で朝食を食べ出勤すると言うのも寂しいだろうなという親心?です。

 というわけでいつものようにストレッチをして階下に降りて朝食。ご飯とおかずは年末に通販で買った小田原鈴廣の「揚げカマセット」の残り。これに昨晩作ったブリ大根の余り。蜆の味噌汁をつけて完食。

 息子の出勤を見送って新聞を熟読。昨晩は九州で大きな地震があり、テレビではしばらくは緊迫した調子のアナウンスが続きました。幸いに大きな被害はなかったようで良かったです。

 一方海外ニュースでは、急激に円高が進み、一時104円ぐらいになったとか。それでは今日の株式も下落だな。年度初めから今年の相場を彷彿とさせる大荒れの展開かもと感じました。

 朝食を終えて、たまっていた可燃物のごみを集積場に運搬。年始ですから大量のごみが積みあがっていました。

 家に戻って今度は洗濯。機械が動いているときにブログの更新作業。合間に出来上がった洗濯物を干す作業。ブログの方は割と順調に書き進み11時半頃、とりあえずの作業が終了。

 ちょっと早いなと思いながら昼食用意。ご飯にブリ大根の残りや揚げカマセットの残りをおかずにして完食。食後は、車のトランクに、交換した夏用タイヤが積みあがっているので、これを裏庭に収納すべく、「すのこ」を買いに行きました。

 帰宅して「すのこ」を家の裏手に並べ、そこに交換した夏用タイヤを積み上げるつもりで車からタイヤを降ろします。ところが想像以上に重いし、掴む場所が良く分からない。

 つくづく非力だなと思いながら、1本ずつ運搬。すのこの上に水平に置き、順に積み重ねていきましたが、最後の1本を持ち上げるのに苦労しました。

 何とか持ち上げ、積み重ねて、上から自転車用に使っていたブルーシートをかけ、四隅を畑用の支持棒で固定。3月ぐらいまでこの状態にしておこうと思っています。

 一段落したので部屋に戻ってお茶を入れ、先日買ってきた草団子で休憩。3時を過ぎると急に寒くなって来るなあと思いながら、このブログを書き始めました。

 ちなみに三が日に昨年度の家計簿を分かる範囲で整理。2018年の私の海外旅行費用や税金保険料を除いたいわゆる家計費の総支出は132万円ぐらいでした。一か月あたり11万円は、結構努力したなという印象です。

 また税金や、保険料、車の維持費等が40万ぐらい。つまり単純に生活を維持するだけで年間172万ということです。これを12ヵ月で割り算すれば、一か月あたりは14.33万ぐらい。

 ということは年金等の収入が15万ぐらいあれば、現時点では何とか生きていけると言うことですが、これでは豊かな老後とは言えません。

 私の場合はこれに海外旅行費用が加わって、豊かな老後ということになりそう。ちなみに昨年はバンコク旅行に3回行って、内1回はマレーシアのクワラルンプールまで足を延ばしています。

 これらの旅費の合計が年間で70万ぐらい。ほかに北陸地方への国内旅行にも行っているのでこれが10万。本当はハワイにも行く予定でしたが、母親の緊急入院でキャンセル。この時直前だったので宙に消えたお金が20万ぐらい。

 ということは合計100万の出費となり、合計約270万が年間の支出額となりそうです。これを12で割り算すると、22.5万。要するに私が海外旅行を楽しみながら豊かな老後の生活を意識すると年間の支出額は300万弱になるということです。

 というような結果を見ながら、今年の収入や支出の計画を考えると言うことになりそうです。




 

第2475回 ゆとりある生活を行うために月27.6万が必要?

 三連休の最終日は曇りでした。1日目と2日目は青空が広がっていたのでドライブに行きたいなとかなり心が動きましたが、北陸旅行を決めたので自粛。

 旅行日程は5泊6日。金沢まで高速道を使って1日で行くのはかなり厳しいので、行き帰りに魚津で1泊し、金沢で2泊の全部で4泊5日の旅行計画となりました。

 旅費は、高速代が往復2万円弱。ガソリン代が5000円ぐらいと考えて、宿泊費は駐車料金込みで1泊が9000円ぐらいのビジネスホテル。合計6万円ちょっと。

 この価格ならツアーの方が安いのではとかなり悩みましたが、飛行機にしろ新幹線にしろ、2泊ぐらいのツアーにすると3~4万ぐらい?さらに現地ではレンタカーを借りる必要があるので、この代金が1.5万ぐらいと考えると、自由度の大きいマイカーが便利だなと判断しました。
 
 というわけで旅行計画が出来上がりましたので、ホテル等を楽天トラベルを使って予約しました。

 さて今日は寝やすかったのか、目覚ましを掛けずに寝ていたら、目が覚めたのが8時近くでびっくり。飛び起きてストレッチ。朝食はご飯。おかずは納豆とナスのピリ辛炒め。食後にバナナを1本。

 外を見たら曇り空でしたが、気温が低いのでウォーキング日和と判断し河川敷へ。1時間ほど歩いて帰宅。旅行関連ブログの更新作業を行い、11時半頃終了。

 昼食はパスタ。ハワイアンコーヒーを淹れ、麺を茹でて、青の洞窟シリーズのペペロンチーノをかけて食べました。食後は買い物。

 最初に併設された本屋さんに行きましたが、めぼしい本は無し。スーパーに行って、今日の夕食用の食材を購入。買いながら合計金額を暗算し、1500円ぐらいに達したところで買い物終了。

 ちなみに先日9月分の家計費の決算を行いました。9月は食材費が4.7万ぐらい。ちょっと予算をオーバー。しかし外食代は格安ラーメン店で食べた野菜炒めの550円のみ。

 衣料品の購入は無しで0円。雑貨費用として眼鏡を新調、電話機買い替え、クロスバイク用の空気入れ等を購入し1.5万ぐらい。交通費が1万。電気ガスといった公共料金が0.8万。これに通信費や医療費を加えて合計が11万ぐらいです。

 ちなみに9/12付の朝刊には、老後の生活費の意識調査として、夫婦でゆとりをもって暮らすために必要な生活費は月27.6万円という結果が出ていました。

 内訳は良く分かりませんが、一方の年金等の収入は20万ぐらいでしょうから、月8万円ぐらいが赤字ということになります。65歳から20年間この赤字が続くと資産の減少は8×12×20=1920万となります。

 まあゆとりをもって暮らすという生活がどんな生活なのかということも問題だとは思っていますが、文字通りに解釈しても、これ以外に医療や福祉、お墓等の予算も必要になりそうです。

 その意味では、将来資産の枯渇が予想されるなら、早いうちから生活レベルの引き下げが必要と思えるわけですが、これがなかなか難しい。私が今の生活レベルに落ち着いたのは、早期退職後5年ぐらいたってからです。
 

 

HomeNext ≫

検索フォーム

全記事表示リンク

スポンサードリンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

私の管理する個人サイトです

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづろうと思っています。

 よろしくお願いいたします。