父子家庭で早期退職をしたおじさんのお気楽生活日記

 2009年に妻に先立たれ、突如父子家庭となり、その後仕事と家事の両立が難しくなり早期退職をしました。現在、貯金を取り崩す毎日ですが、気持ちだけは楽しくお気楽に生活していこうという願いを込めたブログです。

第2341回 60歳以降の人生設計は実に難しい

 今日は暖かくて寝やすかったのか、少し寝坊して起きたのが8時半ぐらい。うわっこれは寝過ぎだと思いましたが、おかげで旅行の疲れがすべて取れた感じです。

 朝食はアジの干物と冷ややっこ、これにワカメと麩の味噌汁。実に簡素な和朝食だなと自分では思っています。それでもアジの干物はおいしいものを買ったので200円近く。

 豆腐も1丁が200円ぐらいするものの半分を消費。これにご飯や味噌汁がついているわけですがから、朝食代は350円ぐらいかなと思われます。 

 ついでながら昼食はちょうどおかずが切れてしまったので、冷凍庫に保管してあった2食入りの味の素の中華丼400円弱?の1食分を食べたので、ご飯代も考えると200数十円。

 この後夜のおかずを作ることになりますが、今日は昨晩作れなかったチキン料理と、すでに作ってあるカボチャの煮物を主体にして、サラダは250円ぐらいのミニトマトと庭先に出来たブロッコリー、これに250円ぐらいのシジミの味噌汁を予定しています。

 みそ汁は1回作ると数回分食べることになりますので、夕食の食費はやはり数百円となり、結局私一人の1日の食費は、三食すべて自炊をすれば1000円ぐらい。
 
 ただしこれに食材以外の調味料や飲料、さらにたまに欲しくなる菓子の類が加わりますので合計1000数百円。そんなわけでスーパーで食材を買う時、なんとか1500円以下に収まるよう考えています。

 ただ実際には息子がいて、息子は私よりも肉類が好きで食べ盛りですから、なかなか1日1500円、一か月45000円を達成するのは、現状のスーパーの価格では厳しいなと感じています。

 というわけで、朝食後はまずちょっと株式投資の値動きを確認。今日は順調のようでしたが、私が現在所持している4銘柄の半分は上昇、残り半分は元気がないので、ちょっとがっくり。

 「まあそのうち上がってくるだろう」と楽観的に考えていつものようにブログの更新と、今回の旅行記の更新。お昼になったので上に書いたように中華丼で昼食。

 その後買い物。ついでに本屋さんに寄って新しい雑誌を少し立ち読み。帰宅して昨日に引き続いて庭のミカンと思われる木の選定作業。

 途中でごみ袋がいっぱいになったので今日の作業は中止。そこで収穫した夏ミカンらしきものの果汁を絞り、そこに昨日買ってきたサイダーを注ぎ、今それを飲みながらこれを書いています。

 このブログを書き始める前にヤフーニュースを見ていたのですが、人生80年ではなく100年時代を迎えて、その準備に戦々恐々というような記事がありました。

 すでに60代の私にとってはあまり切実ではありませんが、現在30代40代の人にとっては結構厳しそうだなというのが率直な感想です。

 これを乗り越えるために必要なことは、家計費や資産の把握と将来の具体的な生活のイメージかなという気もしますが、若いときは基本的に60歳以降の人生なんて考える機会は少ないはずです。(私が考え始めたのは40代後半ぐらいから)

 ましてや80歳の先の人生なんて・・・・今の私にとっても想像が難しいので、つくづく人生設計は難しいなと感じます。
 

 

第2294回 70歳時点でいくら資産があれば安泰か

 風がほとんど吹かず太陽も元気に顔を出していたので、気温は低いものの暖かく感じる1日でした。7時に起きて朝食。おかずは昨晩作った牛丼の残りと大きめの目刺しというかイワシの丸干しを1匹。

 みそ汁はたまたま昨晩飲みつくしてしまったのでなし。しかしなんだか朝食後に水気が欲しくなり、お湯を沸かして、残りご飯と台所の棚の中にあった永谷園のお茶漬けを食べました。

 食後にリンゴを1個。1個100円ぐらいの安いリンゴなので、蜜も少なく甘みはいまいちです。140円ぐらいの値段がついているものもあり、それらを買えばおいしいのかなと思っていますが、100円と140円では大きな違いですね。

 一度に5個ぐらいずつ買っているので500円と700円では、印象がずいぶん変わります。一方ネットでリンゴの効能を調べると、様々な効果が書かれていて、動脈硬化や高血圧には良さそうです。

 すでに昨年から食べ続けていますが、リンゴの影響が多少あるのか、今年は冬になっても血圧もあまり上がらず、まずまずの体調です。

 食後いつものように旅行ブログを更新。そして株式のチェックと、言ってみればいつもの日課です。相場を見ると今日はさすがに調整が入ったようで、昨日までの勢いがなく、私の持ち株も下降気味。

 そこでだったらちょうどよい買い場なのではと判断し、このところ好感を持ってみている6479ミネベアツツミを指値。すぐには買えませんでしたが、午後には2510円で買えていました。

 あとは4月に向けて値上がりを待つだけですが、そんな中、4月には私も65歳になっているので、前期高齢者の仲間入りです。いわゆる団塊の世代から数年遅れた世代です。

 というわけで最近よく考えているのは、このまま年月が進んで、健康寿命とされている72歳とか、後期高齢者と定義されている75歳を無事迎えることができた時、その時点で資産はどのくらい残っていればいいのかということが気になっています。

 以前も何回かシミュレーションを行ったことがあるのですが、計算だけは簡単にできます。仮に72歳以降の生活費を、少し多めに20万と考えて、その頃貰っている年金との差額を例えば5万として、自分自身の寿命は90歳とすれば75歳からは15年ということになります。

 ということは差額の5万は、単純計算で5×12×15となり、総額で900万足りないということになります。あとはそれ以外に自分が将来必要だと思われるお金をこれに加算しておけばいいわけで、今ぱっと思いつくのは

・ 車の買い替え費用:200万ぐらい
・ 家の外壁塗装やバリアフリー仕様への変更:150万ぐらい
・ 突発的な医療費:200万
・ 葬儀費用:100万
・ 息子への支援:金額不明

というようなことが考えられ、その総額は650+アルファということになりそうです。ということはこれに900を足して1550+アルファということになり、上記の設定なら、70歳時点で資産が1500万円残っていればまずまずの生活で最後まで到達できる可能性がありそうです。

 さらに言えば2000万あれば、高齢になっての施設の入所も含めて結構ゆとりのある余生を送ることができ、1000万だとかなり緊縮生活をしいられるということになりそうです。

 というわけで、70歳時点で2000万の資産というのが目標になりそうだなと思っています。しかし現実には70歳まであと5年しかないわけで、改めて計算すると現時点での資産の総額を見ると、結構厳しいなというのが率直な印象です。

 

 

HomeNext ≫

検索フォーム

全記事表示リンク

スポンサードリンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

私の管理する個人サイトです

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 こんにちは

 定年まであと3年という年齢で、表題に書いたような理由で早期退職をしたhokuです。

 日々の生活の中でいろいろ思いついたことを書きつづろうと思っています。

 よろしくお願いいたします。